植物的生活873
The Roadside Gardens.
b0160123_01162303.jpg
b0160123_01541904.jpg
(THE BLEND INN / THE BLEND STUDIO in Osaka 10.Dec.2017)



b0160123_01351279.jpg
b0160123_01430245.jpg
(Down town in Osaka city 05.Dec.2017.)






[PR]
# by coca-z | 2017-12-11 17:00 | 871-880
植物的生活872

資料を探していて見つけたので唐突にアップ。
b0160123_21440558.jpg
小石に擬態した(?)多肉植物の芽生え。(2016年8月24日撮影)



b0160123_21440508.jpg
青い花のクローバー。(2016年8月25日撮影)


いずれの写真も南アフリカにて。




[PR]
# by coca-z | 2017-12-05 17:00 | 871-880
植物的生活871
庭が成熟していくのを見るのは嬉しい。
b0160123_2335075.gif
(2013年1月25日撮影)
b0160123_23114881.gif
(2013年1月30日撮影)
b0160123_17200243.jpg
(2014年8月25日撮影)
b0160123_17200244.jpg
(2017年12月2日撮影)








[PR]
# by coca-z | 2017-12-04 17:00 | 871-880
植物的生活870
普段はあまり手入れの仕事で追われることはないのですが、この年末は仕事が重なっててんやわんや。。。

自分が植栽した物件しか手入れを引き受けないことにしているのですが、今回はお世話になっている方からの依頼で特例も。

b0160123_22211801.jpg
10年前にお施主様が少しだけ植えた植物が庭全体に広がったり、鳥や風が運んだ自然実生の植物が繁茂した自然味あふれる庭。
手の入りすぎた庭には無い、詩的な魅力があります。

そのウィルダネス感を失くしてしまわないようにお手入れするのですが、さじ加減が難しい。

色々試行錯誤でしたが、予定されているテレビ撮影にもなんとか間に合いました。

こういった手入れは普段の植栽工事とは別の 「引き算の美学」 と言えるかもしれません。






この季節、モミジを植栽したいくつかのお宅から紅葉の美しさの便りが届くのですが、手入れで伺ったこちらの庭も植栽から数年経ち、モミジが美しい色彩。
b0160123_22281079.jpg
b0160123_22315917.jpg
b0160123_22321662.jpg
先日はモミジに囲まれたデッキテラスでバーベキューを楽しまれたそう。

手入れ終了時の夕暮れには、ライトアップで紅葉が照らされていました。

気温が下がる中、お施主様が
「ここがとても気持ち良いんです。」
とデッキテラスに佇んでらっしゃるのを見るのは、植栽冥利につきます。




仕入れと後片付けの合間をぬって逸翁美術館の蕪村を見に。(以前も書きましたが、植物事務所COCA-Zは蕪村がとても好きなのです)
b0160123_22261980.jpg
中庭のモミジがきれいな色彩。

風が当たらず、日差しも弱い場所なので枝が繊細。

開けた所なら先日の台風で枝が折れてボロボロ折れてしまったでしょうが、壁に守られた場所を活かした美しい仕立てです。




昼休みに千里ニュータウンの松林内で見つけた大きなサザンカ。
b0160123_22342920.jpg
b0160123_22343881.jpg
白いフリルの花が濃い緑に凛と引き立ちます。



こちらは仕入れの合間に見つけたツルアジサイの黄葉。
b0160123_22350236.jpg
忙しい時も美しい物を見つける心は無くしたくない、と意地になってます。(苦笑)








[PR]
# by coca-z | 2017-12-02 17:00 | 861-870
植物的生活869
宮崎学さんって本当にアーティストなんだな。
b0160123_11443224.jpg
『森の探偵』 無人カメラがとらえた日本の自然
宮崎学氏 小原真史氏・文 構成 亜紀書房 2017年7月6日発行 

植物事務所COCA-Zの定義では単に絵とか歌が上手いというのはアーティストではなくて、「社会の考え方や視線を変える力があるものを産み出す人」こそがアーティストだと思うのですが、宮崎学氏はまさにそんな一人に思えます。

子供の頃から宮崎さんの写真集は見ていますが、今回の本はキュレーター・映像作家の小原真史氏との対談形式になっているためか、今までになく宮崎氏自身のアーティストとしての活動が浮かび上がる仕上がりになっています。

「はじめに」で記されている小原氏の意図はとても良い形で達成されているように感じました。

対談の中で出てくるお話には色々と考えさせられるものが多いのですが、女人禁制の山の考察などは今まで聞いた事のない説で眼からウロコ。

お勧めです。







[PR]
# by coca-z | 2017-11-26 17:00 | 861-870
植物的生活868
2015年のシンガポールでの打ち合わせから、ずっと継続していた庭へ最終植栽。
b0160123_15134487.jpg
(2017年11月22日 宇治市にて撮影)

お子さんが卒園式で幼稚園から貰ってきたガーベラを春に植栽しましたが、ずっと花を咲かせ続けています。最近の品種改良は凄いな。
黄色い花がホースの水色と妙に合って可愛い色彩。

ヒューケラ ‘ジョージアピーチ’ のカラーリーフもポイントのひとつ。



手前の方では斑入りホトトギスがいい仕事をしてくれています。
b0160123_15134419.jpg

植栽途中の4月・6月と比べて、奥の植栽もだいぶ茂ってきました。
b0160123_16081868.jpg
(2017年4月12日撮影)




b0160123_15175140.jpg
(2017年6月2日撮影)




窓の側に植えてあるニオイロウバイ ‘アテネ’ は、クロバナロウバイと同じく、葉っぱに青リンゴの香りがあるというのを今回初めて確認。
花がメロンの香りで、葉っぱが青リンゴって、なんてフルーティーな植物!w
b0160123_14105075.jpg
(写真は2016年4月18日宝塚市にて撮影)





今年は紅葉も早く、冬の訪れを感じる昨今ですが、書斎からは相変わらず暖かい国を想わせる景色です。
b0160123_15134501.jpg
(右下の黒いシルエットは室内に飾られた絵画作品)




外に植栽した大実ムべも、だいぶ蔓が伸びてきました。葉の形が可愛い。
b0160123_15134350.jpg
今後は版築壁の上のワイヤーに伸びて行ってもらう予定です。








[PR]
# by coca-z | 2017-11-23 17:00 | 861-870
植物的生活867
週末は結婚式に参列するため東京へ。

式当日の朝、散歩をしていたら有栖川宮記念公園で綺麗な樹形のムラサキシキブ (Callicarpa japonica) を見つけました。
b0160123_12560069.jpg
b0160123_12555920.jpg
横に枝を広げる自然樹形を活かした仕立て。ゆったりとした傘状になり、美しい姿。

背景は常緑樹なので黄葉が引き立ちます。

以前、ポール・スミザーさんが
「広さが限られているのに日本の庭では高木を植え過ぎで、もっと低木類をノビノビ育てたほうが良いと思う。」
と仰られていましたが、確かに。




同じ公園内にはこんな立て札もあってビックリ。
b0160123_12582503.jpg
「立て曳き」というと、植物事務所COCA-Zは大正時代の明治神宮の造成を想い出します。

移植するのはこのサイズ。
b0160123_12582402.jpg
大阪と比べて樹木が大切にされているなぁ。

外国人が多い南麻布という土地柄もあるのでしょうけれど。



土地柄と言えば、近くにこんなマーケットを見つけました。
b0160123_13002757.jpg
本物のクリスマスツリーの売り場です。


朝9時過ぎの段階ですでにレジ前は行列になっていて、道路には駐車場に入りきらない高級車の列が出来ていました。売られているのは成長の遅いプンゲンスで、かなり値の張る商品でしたが・・・。

流石はドイツをはじめとした大使館が多く集まるエリア。日本でもこんな場所があるんだな。ビックリです。




帰路、こんな植込みを見つけました。
b0160123_13002734.jpg
一般的に地被として扱われるナギイカダ (Ruscus aculeatus)。

こんな風に目線より高い場所に植えると、凄くクリスマスっぽくていい感じ!












[PR]
# by coca-z | 2017-11-20 17:00 | 861-870
植物的生活866
以前植栽をさせていただいたシェアハウスに植栽のお手入れ。

大きくワサワサと茂った育ったグレヴィレア ‘ココナッツアイス’ でしたが、枝を透かすと壁に美しいシルエットが浮かび上がりました。
b0160123_20572889.jpg
(大阪市東住吉区にて2017年11月10日撮影)
グレヴィレアの和名は 「シノブノキ」 ですが、確かにシノブのような繊細な雰囲気があります。




併設されたスタジオには、ヨガマットにモンステラ等の複雑な影模様。
b0160123_20581867.jpg


植えた時にはこんな小さかったアガベ・アッテヌアータも、
b0160123_20584932.jpg
(2014年6月8日撮影)


ずいぶん増えて、こんなに大きくなりました。
b0160123_20593915.jpg

ストレリチア・レギネも次々と花が咲いています。
b0160123_21021286.jpg
「メキシコに永く住んでいたので、メキシコっぽい雰囲気にしてほしい」 
というオーダーでしたが、だいぶジャングルっぽくなってきたかな?
b0160123_21031098.jpg

手入れも終わった夕暮れ時には、アクリル製のグレーチングが夕陽で黄金色に染まっていました。
b0160123_21041265.jpg
鮮やかなブーゲンビレア(中南米原産)との組み合わせで、エル・ドラドって感じ?w



植えたばかりの頃はブーゲンビレアもアイビーも、グレーチングの向こう側で見えず、グレヴィレアもこんなに小さかったのですが、
b0160123_23124754.jpg
(2014年6月30日撮影)


3年半でこんなサイズになるなんて、凄い急成長。(剪定前の様子)
b0160123_23124641.jpg
(2017年11月10日撮影)

霜も降りない暖かい地域の上に、一日中日光が当たる場所なのが良かったのでしょう。壁の輻射熱も有効に働いていると思います。


でも歩道の邪魔になるし、横にある自転車置き場も使いづらいので、グレヴィレアの下枝は落として剪定後はこんな感じになりました。
b0160123_23124671.jpg
陰になって弱っていたニオイバンマツリと食用カンナが元気になれば、バランスもとれる事でしょう。

室内から確認させてもらうと、当初の想定どおり共有リビングの窓からグレヴィレアとブーゲンビレアが観賞出来て、とてもいい感じ!

両樹種とも開花期が長いので、かなりの期間花を楽しむことが出来ます。



[PR]
# by coca-z | 2017-11-12 17:00 | 861-870
植物的生活865
b0160123_22325708.jpg
ペニセツム ‘グリーンスパイク’ (Pennisetum alopecuroides 'Green Spike'

b0160123_22434752.jpg
コンギク (Aster microcephalus var. ovatus ’Hortensis’)


(2017年11月7日大阪市BLEND INNにて)



[PR]
# by coca-z | 2017-11-10 17:00 | 861-870
植物的生活864
11月の連休中は、二回目の追加植栽でタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所さんの「園部の住居」へ。
b0160123_11285141.jpg
セイヨウミズキ 'ミッドウィンターファイヤー' (Cornus sanguinea 'Midwinter Fire')の色彩が美しい!

昨冬のオレンジ色とは違って枝が今年は赤色ですが、サンゴミズキの暗い色彩とは違って華やかな明るい色味。
b0160123_20374773.jpg

今回の追加植栽では道路側の庭にシュラブガーデンを。

昆虫が好きなお子様のために、チョウを沢山呼ぶブッドレア各種を中心に構成してみました。

b0160123_20374541.jpg
挿し色にカラーリーフで テマリシモツケ  'センターグロウ'。

ブッドレアの葉が無くなる冬にも寂しくないよう、常緑の低木類も混ぜています。




この住居最大の特徴でもある 風除室 からの眺め。
b0160123_20381510.jpg
だいぶ色付いてきました。


最初に図面を拝見した時、半透明のトタンで出来た風除室が、建築の一部として計画されていると知り、植栽のプレゼンで提出したのはこの写真。
b0160123_20381597.jpg
植物事務所COCA-Zの実家の建替え前の様子で、型ガラス越しに見た庭の緑です。

半透明の素材を活かした 「ボンヤリと滲んだ自然の色彩」 を見せる事が出来れば、この 「園部の住居」 の特徴を強調出来ると思ったのです。
(「園部の住居」では、この地域の住宅地に増設したトタンの物置が多く見られることから、トタンの風除室が計画されたそう。)




こちらは植栽当初の様子。
b0160123_20384228.jpg
(2017年6月15日撮影)


建具を開けるとこんな感じ。
b0160123_20384324.jpg
ノムラモミジとカシワバアジサイを植えてみました。

ノムラモミジは、ちょっと昭和感漂うアイテムに思われがちですが、なかなかに良いカラーリーフです。
カシワバアジサイと組み合わせると、ちょっと雰囲気が変わります。


昔、パリのシトロエン公園を視察した時、ベニシダレモミジが 「黒の庭」 に使用されていたのを見て、これらの古い品種のモミジに対するイメージが変わった事がありますが、見慣れた植物も使い方次第で色々面白く使えるものです。



御主人はお引っ越しされてから、以前にも増して植物に興味が出てきたとのこと。

先日、植物事務所COCA-Zがブログで御紹介した 『LEOPARD PLANT ツワブキ』 奥野哉氏著 誠文堂新光社 を見て、特にツワブキにはまっているそうで、すでにツワブキのコレクションが出来ていました!w
b0160123_20384135.jpg
植物仲間が増えるのは嬉しい!

周囲の方への布教活動もお願いしておきました・w















[PR]
# by coca-z | 2017-11-07 17:00 | 861-870



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
未分類
以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(541)
(338)
(145)
(140)
(131)
(81)
(66)
(46)
(35)
(34)
(34)
(32)
(24)
(22)
(17)
(15)
(13)
(11)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧