カテゴリ:141-150( 10 )
植物的生活150
b0160123_0214191.gif

出張で訪ねた湖北省・神農架は高低差が大きいため、山頂では早春の景色でも山を下れば青葉の季節と、様々な季節を一度に味わうことが出来ます。
最初に泊まった標高1300m付近のホテル周辺はちょうどハンカチノキが満開の季節。この辺りが原産の植物です。
b0160123_0222773.gif

落ちた花びら(正確にはホウ)を拾ってみると大きさがわかります。
今では日本の植物園でも見ることができますが、かつてプラントハンターの憧れだった木を原産地で見るのは感慨深いものです。

b0160123_0362732.gif
周辺の茶畑では収穫が始まっていて(この辺りはお茶の産地でもあります)、森の中では初夏の花が咲いていました。

b0160123_0413645.gifb0160123_0424320.gif
[PR]
by coca-z | 2010-05-14 00:00 | 141-150
植物的生活149
b0160123_10455428.gif

昨晩遅くに中国出張から戻りました。

十数年前の学生のころから訪れてみたいと思い続けていた中国。今回は植物の宝庫である湖北省、神農架(しんのうか)に調査に出掛けることとなり、大陸的スケールと見たことのない植物群に圧倒されました。

写真は標高3000m近い高山に生えるシャクナゲの森。
見上げるような高さの木が群れをなしていて、まるで奈良の吉野山のような景観を創り出しています。

もともと生育の遅い高山性のシャクナゲがこれほどまで育つには、どれくらいの年月が必要なのか想像もつきません。

出張の様子は追ってブログでご紹介できればと思います。
[PR]
by coca-z | 2010-05-13 00:00 | 141-150
植物的生活148
以前、お庭を手掛けさせていただいたお宅で追加工事の依頼があったので打ち合わせに出掛けました。
b0160123_18323733.gif

花の最盛期は過ぎていましたが、愛情を持ってお手入れをしていただいているのを感じ、嬉しい気分になりました。

打ち合わせのついでに少し手入れをしていると、何やら腕の上で動くものがあります。
b0160123_18322252.jpg

ナナフシの子どもでした。
植物事務所COCA-Zは昆虫が好きなので、このような虫が庭で育っているのを見ると楽しい気分になります。笑
[PR]
by coca-z | 2010-04-27 00:00 | 141-150
植物的生活147
先日、訪れた北村美術館の四君子苑で、花をいけるのに魅力的な造形物をまた発見しました。
b0160123_162268.gif



正式名称は「対向孔雀文水鉢」ですが、名付けて「Kissing Peacock水鉢」(笑)。
縁にあいた小さな穴も魅力的です。



他にも赤い石材を使った流れや、
b0160123_14852.gif



キュートな丸い飛石、
b0160123_141891.gif



抹茶をふりかけたデザートのような庭石(中宮寺の礎石だったもの)
b0160123_142853.gif



などがありました。それぞれに花を合わせるとどんな雰囲気になるでしょうか。

植物事務所COCA-Zは現在の 「茶道」 と呼ばれる文化が堅苦しくて苦手なのですが、お茶にまつわる人や文化がかつて生み出した「空間」や「もの」に心惹かれるのは、「より良いものを作りたい」 という強い意志があったからなのだなぁ、と感じさせられました。



北村美術館についてはこちら
四君子苑は春と秋に公開されます。今年の春季公開は終わっていますので、四君子苑に興味をもたれた方は秋に是非御来苑ください。
[PR]
by coca-z | 2010-04-26 00:00 | 141-150
植物的生活146
b0160123_1745342.gif

今年も牡丹の季節になりました。
植物事務所COCA-Zが育てた黒牡丹 ‘黒光司(こっこうつかさ)’
うてな喫茶店さんにて展示中です。


「うてな喫茶店」

大阪市北区中崎西1-8-23
TEL:06-6372-1612

地下鉄中崎町駅4番出口より歩いて2分 葉村温泉の斜め向かい

営業時間12:00~20:00
(月)(火)定休日
[PR]
by coca-z | 2010-04-22 00:00 | 141-150
植物的生活145
昨秋、 結婚式のブーケを製作させていただいた新婦の御祖母様が傘寿を迎えられるとのことで、ご家族の方からお祝いのお花のご注文をいただきました。
b0160123_1215915.jpg

「明るく楽しい雰囲気」というご注文でしたが、昨秋の結婚式では新婦、新婦のお母様とともに 「変わったブーケ」 を強くご希望されていた方だったので、造形的なゴールデントルネード(黄金の竜巻)イメージでアレンジをお作りしました。
b0160123_1232687.jpg

メイン花材は黄色いカラー。反対側は雰囲気を変えて金平糖のようなサンダーソニアと、星のようなグリーングロリオサを使用しています。
[PR]
by coca-z | 2010-04-21 00:00 | 141-150
植物的生活144
b0160123_21281355.jpg

先日、いつもお世話になっている L.D.HOMESさんの物件で愛知県内の施工を行ったあと、まだ日が高い時間だったため、思いつきで帰路の途中にある信楽・陶芸の森を訪れました。

どのような展覧会をやっているのかも知らず現場につくと、案内板に 「ハンス・コパー展」 が行われているとありました。

植物事務所COCA-Zはこの作家を知らず、ポスターに写っている作品の写真がルーシー・リーの作風に似ていたので、「ルーシー・リーの二番煎じかな?」などと失礼なことを(苦笑)思いながらも興味をひかれたので入館することにしました。

入ってすぐ、ルーシー・リーにそっくりなのは、彼女の工房で働いていたからだと知り、その作品群に魅了されました。
作品の順を追って見ていくと、ルーシー・リーの華やかさとは違って、鋭く構築的な形の器が並びます。

以前、大阪の東洋陶磁美術館で見た新石器時代の白陶を思い出しました。

1981年にすでに亡くなられた作家ですが、「是非とも花でコラボレーションをさせてもらいたかった。」 と妄想してしまうような魅力的な作品群です。

あまりに素晴しかったので閉館まで一時間半しっかりと鑑賞し、味わいつくしました。


この展覧会は6月17日まで行われていますので、ご興味のあるかたは是非ご覧ください。

信楽の後、東京の汐留ミュージアム、岐阜県現代陶器美術館、岩手県立美術館を巡回します。




「ハンス・コパー展-20世紀陶芸の革新-」の案内はこちら




L.D.HOMESさんのHPはこちら
[PR]
by coca-z | 2010-04-13 00:00 | 141-150
植物的生活143
以前から一度見てみたいと思っていた古木を今年、訪ねることができました。
b0160123_23593547.gif

岡山県矢掛町東三成の圀勝寺 (こくしょうじ) の八重ツバキ。
推定樹齢は300年。9m四方に広がる枝に今なお盛んに花を咲かせ、最盛期には花で地面を真っ赤に染めるという木です。
b0160123_013541.gif

享保15年(1730年)ころ、記念樹として植栽されたものと推定されるもので(※)、江戸時代の園芸文化を今に伝える貴重なものです。当時文化の中心だった上方や江戸でなく、備中にこのようなツバキが植えられたということは、園芸交流が盛んだったことをうかがわせます。
b0160123_0101173.gif

散り行く花を愛でるのは日本の伝統的文化ですが、これほどまでに美しい落花を見せるツバキはそうそう無いでしょう。花色は目の覚めるような赤。カーネーションを想わせる花型です。

現在は地元の方々が大切に世話をされているそうで、お話を伺っているとツバキに対する愛情がひしひしと伝わってくるようでした。

※つばき会作成パンフレット参照
[PR]
by coca-z | 2010-04-09 00:00 | 141-150
植物的生活142
昨年、植物事務所COCA-Zがコラボレーションをさせていただいた漆作家 亀谷彩さんの展覧会が大阪と倉敷で行われます。
(写真は昨年の展覧会のものです)

b0160123_1224974.gif

日常“ケ”と非日常“ハレ”をテーマに作られた作品群、是非ご高覧ください。大阪展は3つの会場を使った大規模な個展になります。

ハレノグ天降る(ハレノグアモル) 亀谷彩漆作品展


大阪展
■場所:The 14th.MOON、Gallerie CENTENNIAL、MANIFESTO GALLERYの3会場
■4月1日(木)~4月9日(金)
■休廊日4月4日(日)
■12:30~19:00
 土曜・最終日12:30~17:00
■作家在廊 2・5・7・9日
大阪の会場 「The 14th. MOON」 さんのHPはこちら。



倉敷展
■場所: GALLERY K
■4月15日(木)~4月25日(日)
■休廊日(水)
■10:00~18:00
■作家在廊 15・24・25日
倉敷の会場 「GALLERY K」 さんのHPはこちら。


亀谷彩さんの主催する漆教室「漆甲舎」さんのHPはこちら。
[PR]
by coca-z | 2010-03-30 00:01 | 141-150
植物的生活141
b0160123_1122508.gif

昨年植物的生活96でご紹介した‘四海波’と同じく、故荒木芳邦氏から譲りうけたツバキ ‘白鳥’が今年も花を咲かせました。

古くから伝わるツバキ‘白菊’にも似て、端正な花です。花器はバンコクで手に入れた金泥の陶器を使用しています。
[PR]
by coca-z | 2010-03-30 00:00 | 141-150



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
未分類
以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(499)
(309)
(135)
(125)
(123)
(79)
(59)
(44)
(33)
(33)
(33)
(32)
(24)
(22)
(13)
(12)
(12)
(9)
(8)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧