カテゴリ:151-160( 10 )
植物的生活160
梅雨も半ばにさしかかり、アジサイが終わればオリエンタル系ユリの季節の到来です。
b0160123_0181958.jpg

屋上では「もりのかけら」シリーズ(参照)2008年のお歳暮のユリが今年も花を咲かせました。
香りが付近に漂い、雨がやんだ時にはとても気持ちのよい空気が流れます。

下の写真は緑に誘われて、芝生を食べに来たバッタ。
去年、一昨年はショウリョバッタがやってきましたが、このタイプのバッタは初めて見ます。ビルの4階にあたる場所の芝生を、どうやって見つけるのか謎です。
b0160123_0175492.jpg

今年はカマキリまで現れました。何かの植物にくっついてきたのでしょうか?
b0160123_06275.jpg

このような街中の狭い屋上に紛れ込んで、生き残ることができるのか心配です。
[PR]
by coca-z | 2010-07-06 00:00 | 151-160
植物的生活159
この六月はとても忙しい日々だったのですが、先日現場でナナフシに再会しました。
前回見た時よりもだいぶ大きくなっています。
ほっと心が和む時間です。
b0160123_8541787.jpg

[PR]
by coca-z | 2010-06-26 00:00 | 151-160
植物的生活158
フィンランドで一緒に展覧会を行った映像作家の友人が結婚することになり、ブーケの依頼をいただきました。
b0160123_1215939.jpg

友人のイメージは「白とグリーン」だったので、季節のシャクヤクをメイン花材に、優しいグリーンのユーカリ、野に咲く風情のスカビオサなどを使用しています。

新婦のお母様が手作りされたオフホワイトのシルクのドレスに合わせて、控えめな金色のリボンをあしらいました。
b0160123_12433.jpg

結婚式にはブーケトスやブーケプルが定番ですが、できるだけ沢山の方に幸せのお裾分けをしたいとの新婦の強い御希望により、3つのパーツを組み合わせたブーケとなっています。

下の写真がブーケプルで花束を受け取った方たち。
b0160123_1271077.jpg
ひとつに束ねた時も、3つになった時にも美しく見えるよう工夫をしました。
ひとつに束ねた状態の時は、高砂席の飾りとして自立できる構造になっています。

シャクヤクは数回の仕入れを行い、数多くの花の中から当日最高の咲き加減のものを使用しました。
いつもお世話になっているプラナージュさんのアドバイスで、パーティーの間、最も美しい状態を維持できるようグルーを使い、ほころんだシャクヤクの風情を演出しています。
b0160123_1433726.jpg

[PR]
by coca-z | 2010-06-20 00:00 | 151-160
植物的生活157
以前、植物事務所COCA-Zがフィンランドで一緒に展覧会をさせていただいたマイノアデザインの浦田愛香さんが、日曜あさ10:25に日本のテレビに登場します。
b0160123_1039145.jpg


彼女が住むのはサンタクロースの故郷、北極圏に近いロヴァニエミ。

植物事務所COCA-Zも、訪れてからもう二年近くたってしまったので現地の様子を見るのが楽しみです。

ご興味のある方は是非ご覧ください。



読売テレビ『グッと!地球便』のHPはこちら
浦田愛香さんのブログ『AIKA FELTWORKS』はこちら
フィンランドでの展覧会の様子はこちら
[PR]
by coca-z | 2010-06-15 00:01 | 151-160
植物的生活156
たどり着いたのは桃源郷を想わせるような山里でした。
b0160123_9375458.gif

鳥の巣箱のような穴の開いた土壁の建物が、あちらこちらに見えます。
聞いてみるとこれはタバコを燻製する小屋だとか。とても可愛らしい造形です。
b0160123_9383366.gif

b0160123_9425060.gif
この村の村長さんの知り合いのお宅で昼食をいただくことになりました。

今回、どこを訪ねてもウェルカムドリンクとしてお茶を出してくださいます。
b0160123_9554999.gif
このお茶が何故かとても美味しいのです。不思議に思っていたのですが、日本に帰ってから、時々覗かせていただいているブログを読んで納得しました。

食事の用意を待っている部屋の壁がとても魅力的です。
待ち時間を利用して壁に花をいけてみました。
b0160123_100109.gif

花材は近辺に沢山生えていたシュウメイギクの葉と、キリの実、タンポポの綿毛です。
畦道にはシュウメイギクが無数に生えていて、秋の花時にはきっと素晴しい景色でしょう。

この辺りでも山の恵み(山菜)を沢山利用するようで、軒先にはこのような美しい背負い籠が置かれていました。
b0160123_1045738.gif

菜摘みをされている方も見かけます。
b0160123_1073952.gif

b0160123_1091456.gif

現地で「何故、口が広い形なんだろう?」と考えていたのですが、日本に戻ってタケノコ堀の映像を見ていたら、背負いながら収穫物を投げ入れるのに便利だからだ、と気付きました。

美味しい食事の後、この村を後にして打ち合わせを済ませ、3時間以上車を飛ばし、空港のある宜昌市のホテルに着いたのは深夜、日付が変わるころでした。
翌朝、今度は北京空港で乗り継ぎ、関空を目指します。
b0160123_10181424.gif

写真は巨大な北京空港。
北京の空港と神農架は同じ国とは思えないほど雰囲気が違います。
植物事務所COCA-Zは中国の植物図鑑がほしかったのですが、神農架では本屋などまるでなかったので、空港で本屋に飛び込み、合計13キロもの本を購入してしまいました。帰りに重さで難儀したのは言うまでもありません。苦笑

今回は初めての中国訪問でしたが、やはり大きな国です。
きっと様々な側面があるのでしょうが、今回実際に見聞した中国はとても好感のもてるところでした。

またいずれ訪れる機会があれば良いな、と思いながら飛行機の窓から雲で霞む大地を眺め今回の出張を終えたのでした。
[PR]
by coca-z | 2010-06-15 00:00 | 151-160
植物的生活155
出張中は八時ごろの朝食から、夜の接待が終わってそれぞれの部屋に戻るまで、ずっとクライアントと一緒だったため、朝は貴重な自由時間です。

植物事務所COCA-Zはホテル周辺の植物を観察するため毎朝6時くらいに起きて、周辺を散策していました。

昨晩のホテルは胡錦濤 国家主席も泊まったという緑に囲まれた高級ホテル。周辺の植栽には樹名札なども付けられていました。

b0160123_20375191.gif
これはホトトギスの新芽。日本ではあまりメジャーな山菜ではありませんが、こちらでは鍋の具材として食卓にのぼっていました。

b0160123_20392156.gifb0160123_20393283.gif

小鳥がさえずる森の中には他にも色々と気になる植物が生えています。
左は赤い縁取りの葉が目を引く低木。バーベリスの仲間のようです。
右は野生のバラの幹。いったいどんな花を咲かせるのでしょうか。残念ながら蕾もまだでした。


朝食を広間でとったあと、今日の調査に出発です。
b0160123_20443040.gif
日本で渓谷というと澄んだ水のイメージですが、このように透明度の高い水は中国では珍しいとのこと。

b0160123_20455163.gifb0160123_2046145.gif
周辺の農家でこんなものを見つけました。
左は素朴なお手製の竹箒。奥に見えるのは養蜂のための巣箱です。
右は松の実を採ったと思われる松かさ。
b0160123_20481372.gif
養蜂の巣箱には丸太をくりぬいて雨よけを設えたものもありました。(現地で一度、蜂蜜が食事に出たことがあったのですが、さっぱりとしてとても美味しいものでした。以前日本で購入したチベット・アムドのオーガニック蜂蜜に似た味です。)
b0160123_20525858.gif
作りかけの蜂の巣箱。


この後、現地の役人が交渉して工事中のトンネルを通らせてもらえることになりました。
使われなくなったトンネルには入ったことがありますが、建設中のトンネルに入るのは初めての体験です。
b0160123_20543796.gif

もちろん舗装前で道はガタガタ。揺れる様子は写真に写る光の残像でご想像ください。笑

トンネルを抜けると、今度は造成を行ったばかりの道を進みます。

遠くには3000mの山々。窓から横を見ると恐ろしいほどの急斜面です。
b0160123_2057925.gif

[PR]
by coca-z | 2010-05-29 00:00 | 151-160
植物的生活154
大九湖の翌日は温泉の湧き出る谷やスキー場を視察します。
別の場所に移動するにも2000mから3000m近い山を越えなければなりません。
途中立ち寄った風光明媚な「三省台」という場所にあったトイレ。
枕木で作られた可愛らしい建物です。
高度は2000mを超えるというのに周辺には竹の仲間が茂っています。

b0160123_0506100.gifb0160123_0501867.gif


険しい山の合間に作られた畑。
b0160123_0311744.gif

白く見えるのはトウモロコシ畑に使用されているビニル製のマルチングシートです。


b0160123_056890.gifb0160123_0561855.gif


左は谷で出会ったの現地の方です。大きなアザミのような植物を提げています。何に使うのでしょうか?
この辺りでは沢山の山菜を食べるので、もしかしたら食用なのかもしれません。

右は自生するヤマシャクヤク。
神農架のある湖北省は中国四大美人の一人に数えられる王昭君の故郷ですが、ヤマシャクヤクはその姿を彷彿とさせます。

(花が大きく目立つためか、山で咲いた花を掘ってきたと思われる開花株の鉢植えが飾られているのも見かけましたが、鉢に押し込められた花は萎れて痛々しい姿をしていました。シャクヤクの根は太く長いので、綺麗に掘り取るのが難しいのでしょう。「やはり野に置け蓮華草」といったところでしょうか。)

b0160123_174818.gif

b0160123_18347.gifb0160123_181715.gif


雪のない夏のスキー場には高山性のサクラソウの大群落。日本でも夏場のスキー場は高山性の動植物の楽園となっているそうですが※、中国のスキー場でこれほどまでにサクラソウが繁茂しているとは想像しませんでした。

近くの樹木の幹にはサルオガセの仲間も見えます。(写真右)



b0160123_113167.gif
b0160123_1131288.gif

伐採をまぬがれた木立を観察してみると、樹高と葉張りが4m近いサンザシの仲間が生えていました。
厳しい環境でここまで大きくなるにはどれほどの年月が必要でしょうか。
幹は外敵から身を守るようにトゲだらけです。

ゲレンデにはこんな不思議な植物も生えていました。高さは数センチほど。ムーミンの登場人物(?)のニョロニョロを想わせます。笑
b0160123_1171482.gif



日も暮れて調査が終わり、夕食の時間。
この日は民家のような場所でご飯をいただきました。

いつもは回転円卓でご飯を食べるのですが、この日の食卓は囲炉裏を立体的にしたようなテーブル。
中央が薪ストーブになっていて、そこで鍋をしながら料理をつつきます。布団のないコタツのようです。
b0160123_1213571.gif

壁には様々な肉の燻製。
地元の若い役人などもやって来て、テンションの高い宴の始まりです。アルコールが好きではなく、中国語もほとんどわからない植物事務所COCA-Zでも、現地の人たちの異常な盛り上がりを見ていると楽しい気分になります・笑
b0160123_1214653.gif

中国に広く普及している回転円卓は日本が発祥の地というのも、この時初めて中国の方から教えてもらいました。

宴も終わり外へ出ると空には満天の星。北斗七星のまわりにこれほど星があったのかと、びっくりするような数です。
黄砂が降る中国で、これほどの夜空はなかなか見ることができないとのこと。
とても美しい光景でした。



※ 『生物いまどき進化論-都市化がもたらす人工サバイバル-』 藤本和典著 参照
[PR]
by coca-z | 2010-05-20 00:00 | 151-160
植物的生活153
怒涛のように(笑)行われる友人の展覧会のお知らせを5つ。

b0160123_21402991.jpg

吉岡 佐知 展

日時:2010年5月18日(火)~23日(日)12:00-19:00 最終日は18:00まで

場所:ギャラリー恵風2F 京都市左京区丸田町通東大路東入る一筋目南角



b0160123_21475357.jpg

英ゆう個展「外を入れる」

日時:2010年5月25日(火)~6月13日(日) 10:00-20:00 (会期中無休)

場所:京都芸術センター 大広間 / KYOTO ART CENTER OHIROMA (2F) TEL 075-213-1000

京都芸術センターさんについてはこちら

英ゆう個展「外を入れる」についてはこちら

英ゆうさんのホームページはこちら



b0160123_2148369.jpg

英ゆう個展「森」

日時:2010年6月2日(水)~6月26日(土) 11:00-19:00 (毎週月曜、6月20日(日)休廊)

場所:imura art gallery 京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31 TEL 075-761-7372

imura art galleryさん についてはこちら

英ゆう個展「森」についてはこちら

英ゆうさんのホームページはこちら


b0160123_21493350.jpg

マックス・コン 個展

日時:2010年5月20日(木)~6月1日(火)

場所:ギャラリーエデル 兵庫県宝塚市栄町1-6 花のみち2番館 2F TEL 0797-91-2151

ギャラリーエデルさんについてはこちら

マックス・コンさんのホームページはこちら



b0160123_21525398.jpg

亀谷彩漆作品展

日時:2010年5月17日 (月)~ 6 月5 日(土) 11:00- 19:00※ 土曜・最終日は 17:00 まで / 日曜は休み

場所:GALLERY wks. ギャラリー ワークス 大阪市 北区 西天満3-14-26 中之島ロイヤルハイツ1103 TEL 06-6363-2206  

GALLERY wks. ギャラリー ワークスさんについてはこちら

亀谷彩さんの主催する漆教室「漆甲舎」さんのHPはこちら。
[PR]
by coca-z | 2010-05-19 00:00 | 151-160
植物的生活152
b0160123_3391164.gif

大九湖の辺りの農家は漆喰の白壁と瓦屋根で造られた素朴なものです。
住居の横にはログハウスのような牛小屋が建てられています。上の写真の家の後ろに生えているのは大きなナシの木。
b0160123_343930.gif
二階のバルコニーが気持ち良さそう。この場所でトウモロコシを干したりするようです。
b0160123_345432.gif
わらぶきの牛小屋。木材の隙間は土で塞いであります。

b0160123_34815.gif
まわりはすっかり春景色。林床にはハルリンドウや萌え出してフカフカしたコケも見られます。

b0160123_3502787.gifb0160123_3512543.gif
森にはこんな木も混じっていました。中国名を紅樺というシラカバの仲間、ベトゥラ・アルボシネンシス(Betula albosinensis)です。
b0160123_3554364.gif
なんでも春に樹液を集め、煮詰めてジュースにするのだとか。
以前訪れたフィンランドでも友人から白樺の樹液を飲むという話を聞きましたが、煮詰めてジュースにするというのは初めて聞きました。
[PR]
by coca-z | 2010-05-16 00:00 | 151-160
植物的生活151
最初に訪れたのは神農架大九湖国家湿地公園です。
b0160123_172868.gif

ここは高山に囲まれた標高1800m程度の高原湿原で、独特の植物群が見られる場所です。

20世紀半ばから後半にかけて農地開発が進み、湿原面積が減ってしまったのですが、現在湿原を復元する努力がなされています。

この辺りではサクラやナシ、カイドウ、ウワミズザクラの仲間が咲き、春の装いでした。

b0160123_116838.gifb0160123_1183877.gif


森の中ではスプリングエフェメラル (春の妖精の意味。高木の葉が茂る前の明るい林床で花を咲かせて実を結び、夏が来る頃には休眠に入る植物群を指します) が沢山の花を咲かせていました。

b0160123_1265986.gifb0160123_1271030.gif


左はミヤマカタバミの仲間。葉の裏側が美しい紫色をしています。
右はムラサキケマンの仲間ですが、花の色はスカイブルー。
b0160123_1433986.gif

b0160123_1441315.gif

ツウ好みの葉をもつ植物も見つけました。もちろん植物事務所COCA-Zもお気に入りです(笑)

b0160123_11144365.jpg

海棠 (Malus) を 秋海棠 (Begonia) と間違って翻訳しているのはご愛嬌・苦笑
[PR]
by coca-z | 2010-05-15 00:00 | 151-160



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
未分類
以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(541)
(338)
(145)
(140)
(131)
(81)
(66)
(46)
(35)
(34)
(34)
(32)
(24)
(22)
(17)
(15)
(13)
(11)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧