カテゴリ:171-180( 10 )
植物的生活180
窓辺に置いている南国のツバキの仲間、カメリア・ヴェトナメンシス(Camellia vietnamensis)の花が咲き始めました。
b0160123_1461372.gif

サザンカを強くしたような香りがあるのですが、相変わらず仕事がバタバタしている中で帰宅時、隣に置いているジャスミン‘ホワイトプリンセス’と一緒に香りが漂ってくると、心がほっとします。

咲き始めは「抱え咲き」と呼ばれるカップのような姿ですが、満開に近づくと直径が10センチ程度まで大きくなり見ごたえがあります。(写真はほぼ実物大)
b0160123_14101985.gif


おしべは鮮やかな黄色なのですが、「黄身しぐれ」の様に見えるのは食意地がはっているからでしょうか。笑
[PR]
by coca-z | 2010-12-16 00:00 | 171-180
植物的生活179
ここ2~3週間ほど毎日のように打ち合わせと現場施工が続き、もみじ狩りに行く時間が取れず、あちらこちらから聞こえる紅葉だよりにムズムズする日々。

そんな中、昨年住宅リフォームに合わせて作庭させていただき、その後も手入れに入らせていただいている京都のお客様から、素敵なメールをいただきました。
b0160123_19195438.jpg

色づいた庭のモミジのお便りです。
夜のライトアップ時はこのような感じだそう。
b0160123_19292719.jpg
レイランディの生垣を背景に、紅いモミジが浮かび上がっています。


こちらは夏の手入れ時に植物事務所COCA-Zが撮影したもの。
b0160123_19234571.gif

今年は紅葉の当たり年と言われているだけあって、緑の葉がとても綺麗に変化したのがわかります。

モミジの前にある黒い台は小鳥を呼ぶための水飲み場。
低生垣には、以前、瓦を扱うお仕事をされていたお施主様が記念にとっておられた某有名寺院納品の瓦をアクセントとして組み込んであります。
b0160123_1927589.gif

庭の近況を教えてくださり、仕事に追われる中、ほっと嬉しいお便りでした。



住宅のリフォームを手掛けられたAN Architects(アンアーキテクツ)さんのHPはこちら
「東向日の住宅」という名でこちらの物件が取り上げられています。



[PR]
by coca-z | 2010-12-01 00:01 | 171-180
植物的生活178
日本に咲くもっとも好きな花木と質問されれば「ツバキとフジ」を挙げる植物事務所COCA-Zですが、先日打ち合わせ場所の近くで、コーベ・カメリア・ソサエティさんの「秋のツバキ展」が行われていたので足をのばしてみました。
会場に着いてみると残念ながら一足遅く、片づけの途中。残念に思っていると、いつもツバキのことを色々教えていただいている会長の岸川氏から展示の終わったツバキの苗をいただきました。
札には‘祐閑寺名月(ゆうかんじめいげつ)’とあります。
なんでも秋咲きのツバキの代表的品種なのだとか。
b0160123_183335100.gif

自宅に戻って調べてみると、北陸に古くから伝わる銘椿だそうです。

蕾にはほんのりピンクが入り、凛とした美しさの中にも優しさを感じさせる花姿。
古くから愛されてきた理由がわかります。

ツバキは木偏に春と書くように春が本番の植物。このような品種は、秋に咲く個体をめざとく見つけて保護育成してきた先人の遺産とも言えるでしょう。



ツバキ‘祐閑寺名月’の原木がある石川県津幡町のHPはこちら



[PR]
by coca-z | 2010-12-01 00:00 | 171-180
植物的生活177
b0160123_15451411.gif

植物事務所COCA-Zが手入れをさせていただいている庭のアジサイが秋色になりました。
丁度先ごろ解禁となったボジョレー・ヌーヴォーを思わせるような色合いです。

アジサイの背景はミツバハマゴウ ‘プルプレア’( Vitex trifolia ‘Purpurea’ )。
葉の裏側が美しい紫色をしています。
[PR]
by coca-z | 2010-11-22 00:00 | 171-180
植物的生活176
三年ぶりにシンガポールを訪れると、街並みの変化に目を見張ります。

あちらこちらに新しいビルができていて、以前植物事務所COCA-Zが展覧会をおこなったエスプラネード・シアター・オン・ザ・ベイのあたりの景観も一新していました。
来年・再来年にかけては巨大な温室とクールハウスを伴ったエンターテイメント系植物園もオープンするとのこと。

また以前のシンガポールでは街で見ることが出来る生花装飾で、目をひくものがあまりなかったのですが、今回シンガポールを訪れるとルイ・ヴィトンの店舗の生花装飾がとても良い感じです。
b0160123_17591717.gif

後日、STUDIO MIU ARTの高橋まやさんが開いてくださったバーベキューのウェルカムパーティーに日本人のフローリストが来てくださったので話をしてみると、シンガポールのルイ・ヴィトンの花は彼がやっているとのこと。

なんでも二年前にシンガポールへやって来て店を立ち上げたそうです。

何のツテもなく、英語も十分喋れなかった彼は、片手に作品ファイル、片手に辞書を持って飛び込みでいくつかの高級メゾンに営業を行って仕事を取ったとのこと。
まるで「右手にコーラン、左手に剣」 のようですが(笑)、草食系男子が闊歩する日本を飛び出しただけあって素晴らしい行動力です。

シンガポール出張で様々な人にお会いしたのですが、彼は特に印象に残った一人で大変刺激を受けました。

彼(DAN TAKEDA氏)のフラワーショップ「DAN TAKEDA FLOWER & DESIGN」さんのHPはこちら(音が出ます)
[PR]
by coca-z | 2010-11-19 00:00 | 171-180
植物的生活175
有難いことに色々な仕事を頼まれているのですが、パソコンに向かっていてもなかなかアイディアが浮かばす、昼休みに気分転換を兼ねて屋上の手入れに行っていました。(待ってくださっている方々、申し訳ありません。。。)

いつもお世話になっている芦澤竜一建築事務所さんの御好意でビルの屋上にて様々な野菜や植物を育てる実験を行っているのです。
b0160123_2225251.jpg

写真はすっかり地上部が枯れて、天然のドライフラワーになったルドベキア ‘タカオ’ Rudbeckia triloba ‘takao’。
タネの部分だけが印象的に見えるように枯葉を取り除いていました。
すると一枚だけ色が違っているものがあります。
b0160123_22285077.gif
不思議に思ってよく見ると足があります!

なんと枯葉に擬態した蛾でした。アカエグリバでしょうか?街中でもこんな発見が出来るのは、植物があってのことでしょう。
なんだかとても楽しい時間でした。
b0160123_22353690.jpg

[PR]
by coca-z | 2010-11-03 00:00 | 171-180
植物的生活174
今回の出張での目的地のひとつ、シンガポール。
なかでもランドスケープデザイナーのChang huai-yan さんの事務所訪問は主要目的のひとつ。
Chang huai-yan さんとは2009年初夏にSTUDIO MIU ARTの高橋まやさんから御紹介を受け、京都案内をしたのが知り合うきっかけでした。
(植物事務所COCA-Zは人の顔と名前を記憶するのが大変苦手なのですが、京都でお気に入りの場所をいくつか御案内して別れた後、「どこかで見た顔だな」と思い、家に戻って以前シンガポールで手に入れた本をパラパラめくると、彼が大きく取り上げられていたので驚き、彼のことは一度で覚えることができたのでした。笑)

彼の事務所はシンガポールの金融街で、ポッカリ空いたような空地に建てられています。
なんでもその場所は風水で高い建物を建ててはいけない場所なのだとか。金融街の気が滞らないように海へ流す場所だそうです。

「事務所の前には白い花が咲いている」というのを目印に訪ねると、確かに白いムッサエンダの花が咲いていました。
事務所には池と壁面緑化を見ることができる応接室が設えられてあり、オフィスのあちらこちらには興味深いオブジェや自然の造形物が飾られています。
b0160123_1917986.gif
壁に描かれたクジャクの絵は彼本人が描いたもの。
京都を案内した際に彼のスケッチブックを見せていただいたのですが、とても繊細で美しいものでした。
事務所に飾られているものには植物事務所COCA-Zが持っているものと同じものも多く、なんだか楽しくなってきます。

次の日には雑誌の撮影が事務所で行われた後、ガーデンパーティーを行うというので招待を受けたのですが、その日植物事務所COCA-Zは作品を制作する日。
しかし美味しいものに目がないので(苦笑)夕食の時間2時間ほどだけ制作現場を抜けてパーティーに参加させていただきました。

制作会場を抜けてパーティーに訪れると、食卓には行列ができるというプラナカン料理店から取り寄せられた食事が美しく並んでいます。
b0160123_191867.gif
植物事務所COCA-Zが特に美味しいと思ったのはジャックフルーツのカレーと、カリカリになるまで炒めてカラメル味にしたココナッツフレークを添えた牛肉料理です。(写真に写っているのはスターフルーツやパイナップルが入ったガドガドサラダとテンペ<インドネシアの納豆的食品>の炒め物、モヤシのピリ辛サラダです)

残念ながらデザートタイムの直前に制作現場に戻らなければならず、それだけが心残りだったのですが(無念!)、心行くまで美味しい料理を堪能できた夜でした。


Chang huai-yanさんのランドスケープデザイン事務所
SALAD DRESSINGさんのHPはこちら



[PR]
by coca-z | 2010-10-19 00:00 | 171-180
植物的生活173
神戸で行われているイベント「KOBEデザインの日記念イベント2010」。

「食+デザイン」プログラム『CAFE×神戸』で、屋上で育てた野菜たちを展示するというので、お手伝いに行ってきました。
b0160123_22564045.gif


『CAFE×神戸』は10月16・17日だけ行われるコムシノワさんパンデュースさんが企画運営するカフェです。

神戸のコムシノワさんも、大阪のパンデュースさんも植物事務所COCA-Zがよく利用させていただく、とても美味しいパン屋さんです。

今回、このイベントのお手伝いをするにあたって『CAFE×神戸』の食材を提供されている会社のひとつ、弓削牧場さんの牛乳とカマンベールチーズを初めていただく機会がありました。

食べてみてビックリ、驚きの美味しさです。

干し草中心の粗飼料、24時間放牧、瓶詰めの販売でゴミを出さないなど、様々な方法で生み出された牛乳はコクがあり、ひとくちひとくち、味を堪能しながら楽しむデザートのような飲み物でした。

カマンベールチーズはトロリとして素晴らしい風味が口の中に広がります。

両方ともこのイベントで味わうことが出来ますので、お時間の許す方は是非『CAFE×神戸』にお越しください。




「KOBEデザインの日記念イベント2010」についてはこちら

[PR]
by coca-z | 2010-10-17 00:00 | 171-180
植物的生活172
出張目的地のひとつバリ島。最近、中国などのリゾート計画のお手伝いをすることもあるので、その参考視察を兼ねての訪問です。前回訪れたのは12年も前ですが、ここでも雨に悩まされることになります。
普段ならば乾期のはずが、今年は異常気象でずっと雨が降り続いているとのこと。

サウンドスケープ(音の風景)に興味を持っている植物事務所COCA-Zはバリ島のケチャ(大勢の男性が車座になって声のみで奏でる音楽舞台)を見学する予定でいたのですが、当日は大雨。
野外で行われるはずだったケチャは中止となってしましました。普段、植物事務所COCA-Zは晴男なはずなのですが、台湾で嵐を呼んでしまって以降まったくツキがありません。(泣)

バリで落ち合った友人の提案で、「道(MICHI)」というレストランへ、夕食をとりに出掛けることになりました。
「道(MICHI)」は出張前に友人からウェブサイトを教えてもらい、とても気になっていた所です。

美味しい食事をいただいているとオーナーのプロフェッサーDavid Kung(デイビッド クン)氏が偶然現れ、お話をすることに。
噂どおり、とても興味をひく風貌の方です。(プロフェッサーは日本をはじめ世界各地でお仕事をされていたため、日本語も流暢な方なのです)

食後、ホテル棟の見学をさせてもらえることになりました。「道(MICHI)」はレストランだけではなく宿泊施設としても営業されています。各部屋は世界各国の文化をテーマに装飾がなされていました。
b0160123_21155890.gif
(写真はとある部屋のベッドの装飾。ハスと白鷺とオウムのレリーフです。)

友人たちと室内見学をたっぷりと堪能した後、今度はプロフェッサーの私的な書斎に招かれました。
暗い入口から螺旋階段を上ると、その先は本でできた迷路。
床から天井まで本で埋め尽くされています。

本の通路を進むと天井の高い書斎があり、本で囲まれた窓の無いその部屋には、居心地の良い空気が流れていました。
b0160123_21223599.gif

スタッフの方が美味しいコーヒーリキュールを持ってきてくださり、プロフェッサーとのお話が始まります。
御自身が経験された太平洋戦争の話から日本の政治、食文化の話まで、話題はつきることがありません。まるで大学の研究室の講義のようです。(実際プロフェッサーは京都の大学で教鞭をとってらっしゃったこともあり、相手の話を掬いあげるのが大変上手いのです)

コーヒーと月餅(げっぺい・中秋の名月のお菓子)をいただきながら、気がつくと深夜の一時。
ホテルに戻らなくてはなりません。
名残を惜しみながらも不思議な書斎をあとにしました。

外に出ると雨がやみ、空を見上げると満月に虹がかかったmoonbow(ムーンボウ)。
b0160123_2134553.jpg
とても不思議な一夜でした。


「道(MICHI)」のホームページはこちら
[PR]
by coca-z | 2010-10-12 00:00 | 171-180
植物的生活171
植物事務所COCA-Zがフィンランドを訪れた時、大変お世話になったアーティストのカッレ・ランペラさん。
彼の個展が大阪・サイギャラリーにて行われます。
b0160123_13183860.jpg
b0160123_13185959.jpg

初日に行われるオープニングには奥様でフェルト作家の浦田愛香さんもいらっしゃるとのことなので、ご興味のあるかたは是非ご高覧ください。


カッレ・ランペラさんのHPはこちら
[PR]
by coca-z | 2010-10-05 00:00 | 171-180



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
未分類
以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(468)
(285)
(128)
(120)
(119)
(77)
(56)
(42)
(32)
(32)
(32)
(31)
(22)
(19)
(12)
(12)
(11)
(9)
(8)
(4)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧