カテゴリ:281-290( 10 )
植物的生活290
最初にお話しをいただいてから一年半。
もうすぐ完成です。
b0160123_21432390.gif




[PR]
by coca-z | 2012-06-07 00:00 | 281-290
植物的生活289
b0160123_17564873.gif
日曜日、手入れに伺ったお宅では2年前に植えたバラたちが花盛り。

昔から香り以外、バラにあまり興味がない植物事務所COCA-Zですが、お施主様の好みに合わせてこんな植栽も提案します。
敷地北側の塀に囲まれた場所なので、日光が当たるようスタンダード仕立てのバラを御用意しました。

こちらのお施主様はイングリッシュガーデンが好きだと仰られるバレエの舞台衣装作家。

今まで手掛けた植栽の中で一番オトメ系です。笑




[PR]
by coca-z | 2012-06-05 00:00 | 281-290
植物的生活288
b0160123_2205380.gif
インドネシアはジャワ島から取り寄せた石材。

石を束ねているヒモが手作りで、キュートです!

昔、会社勤めの頃、ジャワ島に留学中だった友人と、東京の友人と3人で現地で落ち合い、ジャワ島横断の旅に出掛けたことがありますが、行く先々でみる工芸品や建築のセンスの素晴らしさは、タイと並ぶレベルの高いものでした。

またそんな旅に出たいものです。


しかし、仕事が忙しい。。。汗



[PR]
by coca-z | 2012-06-01 00:00 | 281-290
植物的生活287
薫風の季節。

車の窓を開けて運転していると、ノイバラやジャスミン、柑橘系の花の香りが漂ってきて、「薫風」 という言葉はイメージでなく、実際に香りがあるのだと認識させられます。

自動車では運転中に植物を観察するわけにいかないので、信号待ちなどで車が止まった時にはいつも周りをキョロキョロしてしまうのですが、先日、京都の交差点の信号待ちでキョロキョロしていると、衝撃的な風景に出合いました。
b0160123_111422.gif
サクラの木に熱帯のランが咲き誇っています!

思わず、車を駐車してマジマジと観察してしまいました。
ノビル系のデンドロビウムのようです。
木にくっつけてある様子から察するに、寒かった今年の冬を屋外で越したよう。

b0160123_121153.gif
こちらは門被りのイヌマキにくっつけて育てたデンドロビウム。
なんだか、どこの国の景色かわかりません。。。

以前、タイでランプーンという町を訪ねた時、立派な並木道があり、ヤーン (Dipterocarpus alatus ) と呼ばれる背の高い木の幹にランがくっつけて育てられていて、立体的な園芸が可能な土地柄を羨ましいと思ったものですが、日本でも可能なのだと気づかされました。
b0160123_1224728.gif
(写真の旗の下に生えているのが、花は咲いていませんがランです)

このヤーンの並木はラーマ5世 (在位1864~1910年) の時代に植栽されたものだそうで、とても素晴らしい景観です。※
b0160123_1261158.gif



下の写真はその並木道を通るバスの運転席。運転席に観葉植物を飾っています!
b0160123_1301464.gif



立体的な園芸というのでは、カンボジアのシェムリアップという町のお寺で見たビカクシダも忘れられません。
b0160123_1311270.gif
木の枝にぶら下げられたビカクシダは、まるで不思議なシャンデリアのよう。

b0160123_1314847.gif
赤丸の枝には蛍光灯まで設置してあります。

ビカクシダも関西圏で屋外越冬している事例を見ているので、品種を換えれば日本でも、こんな景色づくりが可能なのかもしれません。



※ランナーエクスプローラー2007年10月号参照



[PR]
by coca-z | 2012-05-28 00:00 | 281-290
植物的生活286
今日は大学での授業の日。

内容を急遽変更して、京都の庭の見学に連れて行くことにしました。
b0160123_2235476.gif

時間の関係から、比較的大学から近い大徳寺の大仙院と高桐院に出掛け、石で出来た空間と、植物で構成された空間を対比させて見せることに。

高桐院には加藤清正が朝鮮から略奪した王城の礎石を利用して作った蹲 (つくばい) があります。
生徒の中には韓国からの留学生もいたので高桐院に行くことを一時ためらったのですが、結局現場でそのまま事実を説明することにしました。

大徳寺のこの二つの庭は外国人をはじめ、京都案内の際によく利用する場所ですが、新しいメンバーで行くたびに様々なことを考えます。



写真は大仙院のアプローチの石畳。丁度、時雨があって石の色が鮮やかです。



[PR]
by coca-z | 2012-05-23 00:00 | 281-290
植物的生活285
和歌山の住宅にて低木・地被類と自動潅水装置の設置。
b0160123_1251386.gif

b0160123_1253513.gif

新緑のシーズンを迎えて、高木植栽当初とずいぶんイメージが変わりました。
b0160123_2129157.gif
                                         (高木植栽当初の写真)

この後、石畳などの設置に入ります。

建築は大阪の設計事務所、スズメバチさんの設計です。



[PR]
by coca-z | 2012-05-20 00:00 | 281-290
植物的生活284
仕事が詰ってくると、美味しい食べ物でプレッシャーを解消しようとしてしまう植物事務所COCA-Z。最近はついついお気に入りの近所のパン屋、S・KAGAWAさんに行ってしまいます。

先日もパンを買いに出掛けると、ショーケースに気になるものが。。。

「オーガニックコーラ」 と書かれてあります。値段的に普段なら買わないのですが、ビンのデザインも綺麗だし景気づけに、とつい一本買ってしまいました。 (と言っても350円くらいなんですけど。。。 子供のころから綺麗なビンに弱いのです。)
b0160123_1754348.gif


写真はすでに飲んだあと。
味は普通のコーラみたいだったので (普段コーラを飲まないので違いがよく判りません・汗)、何がオーガニックなのかとビンの底を見てみると、こんなシールが。
b0160123_17563727.gif


一般的なコーラは原材料が企業秘密とされていますが、こちらはちゃんと内容が書かれてあります。

気になるのは 「コーラナッツエキス」。

「Cola gigantea コーラ・ギガンテア」 という木をシンガポール植物園で見たことがあって、その枯葉を作品にも使ったことがありますが、ナッツを使うとは知りませんでした。
(コーラの木と呼ばれるものには何種類かあるようです)
b0160123_1759676.gif
(写真赤丸がコーラ・ギガンテアの葉)

葉っぱは結構大きくて、人の顔くらいの大きさ。

その前に設置してあるのは小さなオバケたち。
b0160123_1811057.gif

b0160123_1812087.gif

b0160123_18134100.gif

b0160123_1814323.gif


展示期間が10月だったので、「シンガポールの枯れ葉に隠れて住むハロウィンの小さなモンスター」 という設定。
コーラの葉だけでなく、すべて拾い集めた自然素材から作ったものです。



[PR]
by coca-z | 2012-05-17 00:00 | 281-290
植物的生活283
5月15日は京都の葵祭りですが、庭では上賀茂神社から預かっているフタバアオイ(Asarum caulescens)が葉を綺麗に展開しています。(写真中央)
b0160123_1323654.gif
夕陽さんさんの会を通じてお預かりしたのは二年前。
その時は一芽(=2枚の葉)しかありませんでしたが、今では6芽(=12枚の葉)にまで増えました。

牛車の装飾や髪飾りに使用されるので葵祭りに欠かせません。

フタバアオイは徳川家の家紋にもなっている格の高い植物。(水戸黄門の印籠にあるのも、この植物を文様化したものです)

しかし自然の株は数が減っているため、あちこちに苗を配って増やしているとのこと。

この株もいずれ上賀茂神社にお返しするものです。





フタバアオイの下に見えるシダはニシキシダ(Athyrium niponicum)。
葉の文様が美しいシダですが、これは15年以上前にどこからか飛んできた胞子から発芽したものです。
当時は名前も判りませんでしたが、葉の色が興味深かったので抜かずに育ててきました。

銀色の陰のような不思議な雰囲気があります。





フタバアオイの上に見える大きなミツバのような葉はムサシアブミ(Arisaema ringens)。

こちらは四国の祖父母の家に帰省した2007年大みそかに、森を散策していて見つけたタネを蒔いて育てたもの。
b0160123_1394989.gif
こんな姿をしていました。

数粒だけタネをもらってきて蒔いたのですが、芽生えたばかりの頃は葉の形も少し違っていて、こんな感じ。
b0160123_1404966.gif


二年後には花をつけはじめ、今年も少し前にこんなイカツイ花を咲かせてくれました。
b0160123_1451367.gif





[PR]
by coca-z | 2012-05-15 00:00 | 281-290
植物的生活282
京都の庭でもシランが見ごろ。
b0160123_23265815.gif
こちらは白花のシラン(Bletilla striata 'alba')です。

昨年は秋遅くにホームセンターで球根が安売りされていたので、普段植えない種類の球根も性質を知るのに丁度いいと思い、色々植えこんでいたのですが、ダッチアイリス(球根アイリス)やラナンキュラスも見ごろを迎えています。
b0160123_2328404.gif
ラナンキュラスはあまり好きな花でなかったのですが、植えてみると意外に花期が長く、小さな球根からは想像できないほど沢山花を咲かせます。(安売りの球根だったせいか、札には黄色の花の写真が写っていたのに、実際は白い花でした・苦笑)
今年は雨が多いのに、意外に花の傷みが少ないのも発見のひとつ。

ただちょっとハモグリガの被害が大きいので、来年の花を見るのは難しいかもしれません。


ダッチアイリスは初めて植えたのですが、切り花では見かけない花色が新鮮です。
b0160123_23335620.gif

ヨーロッパ(オランダ)で改良が進んだアイリスですが、豪華を目指すジャーマンアイリスの品種改良と違って、日本のカキツバタにも通じるシンプルで爽やかな印象。

一番奥の白と黄色の花がシンフォニー(Iris × hollandica 'Symphony')。
真ん中の白と紫はシルバリービューティー(Iris × hollandica 'Silverybeauty')。
一番下の紫色はミスティークビューティー(Iris × hollandica 'Mystiquebeauty')。

もともと花もちは長くない上に、ミスティークビューティーとシンフォニーは花期が早く、仕事が忙しかったので最盛期を見逃してしましました。。。涙

ミスティークビューティーの最後の一輪を見てみると、花びらにラインがあって不思議な美しさがあります。
b0160123_2351144.gif


すぐそばではタネから育てたトゲナシノイバラの花が咲き始めました。
b0160123_08081.gif


これはRAA / 芦澤竜一建築設計事務所さんから2006年より10年連続で依頼を受けて続けている、お中元・お歳暮プロジェクト 「もりのかけら」 の2007年お歳暮 「雑木林のタネ編」 から育てたもの。
b0160123_0155226.gif

b0160123_0165218.gif

雑木林から採集した様々な木のタネを、お菓子のように詰め合わせたセットです。

芽生えた頃はこんな小さかったのですが、(立て札に使っている棒は楊枝です)
b0160123_0201371.gif
4年かけてやっと沢山の花を咲かせるまでに。


美しい花をゆっくり花を眺めていたいのは山々ですが、なかなかそうもいかないので写真を撮って仕事の合間にパソコンで眺めています。苦笑

でも折角のバラの香りは楽しめません。。。涙



[PR]
by coca-z | 2012-05-13 00:25 | 281-290
植物的生活281
今日は朝から泉大津市、箕面市、吹田市、大阪市、京都と現場と打ち合わせの大移動でしたが季節柄、あちらこちらで花や新緑を目にします。

昨年植栽させていただいた泉大津では、白いガザニアが満開。
b0160123_19233895.gif

b0160123_19242490.gif
この庭は既存の日本庭園の横に作ったものですが、お風呂場から見える場所に作った坪庭も、セダムが新緑シーズンで苔感満載です。
b0160123_19252076.gif


吹田ではリフォームの際、既存樹の下に残したシランが見ごろを迎えていました。
b0160123_19261011.gif

シランは日本原産の丈夫な野生ラン。
見慣れた植物も、緑を背景に見ると美しさが引き立ちます。



[PR]
by coca-z | 2012-05-12 00:00 | 281-290



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
未分類
以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(469)
(285)
(129)
(120)
(119)
(77)
(56)
(42)
(32)
(32)
(32)
(31)
(22)
(19)
(12)
(12)
(11)
(9)
(8)
(4)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧