カテゴリ:291-300( 10 )
植物的生活300
色々な方の御協力を得て、2012年7月9日から27日まで、研修・視察のため出張に出掛けています。

今回の目的地はメキシコ。
学生時代から憧れの場所だったルイス・バラガンの庭や建築も見て回る予定です。

前回の海外出張は 中国・ハルピンと大連。亜寒帯の気候でしたが、今回は熱帯地方。
(国内では3月に 亜熱帯の沖縄 があったのですけれども。)
しかし熱帯と言えどもメキシコシティーなどは高原地帯です。
中米は初めての訪問なので、どのような植物や空間に会えるか楽しみです。

メキシコの中央高原はダリアの故郷。ダリアはメキシコの国花でもあります。

植物事務所COCA-Zもダリアが好きで、切り花では こんな のや、 こんなの にダリアを使っていますが、なかなか育てて綺麗に咲かせるのは難しいもの。

日本では夏の暑さで弱ってしまうダリアも、涼しい気候では美しい花を咲かせます。

b0160123_14385856.gif

写真は以前、出張で訪れたスウェーデン・ストックホルムの植物園で見かけたもの。
b0160123_14394745.gif
9月だったので、かなり気温も低く、色彩が鮮やかです。

植物園には小さな日本庭園もあります。
b0160123_17444824.gif
手入れは行き届いていましたが、灯篭はなんだかムーミン物語に出てきそうな雰囲気・笑


冬の夜が長い北欧の人はカラフルな色彩を好むと聞きますが、植物園の花だけでなく、図書館の本棚もカラフルでした。
b0160123_14433138.gif
(グンナー・アスプルンド設計の図書館内部)


今回の出張は途中、友人の住むニューヨークに立ち寄るので、古い高架鉄道跡地を利用した緑道公園、ハイ・ライン (The High Line) などの様子も御報告できると思います。




[PR]
by coca-z | 2012-07-09 00:00 | 291-300
植物的生活299
庭の管理は 「第二の設計」 と呼ばれます。

同じ庭でも、管理のやり方によって全然違う空間になるからです。

なので管理作業も結構 「創造的」 な仕事。



こちらの庭に最初に伺った3年前。
低木(サツキツツジ)が、うっとうしいボリュームに成長していたので、数年かけて、いくつかのカタマリに分けることにしました。

下の写真が3年前
b0160123_1304029.gif


そして先日の様子。
b0160123_1311547.gif


藪の中から彫刻を彫り出すようで、なかなか面白い仕事です。

トム・ステュワート・スミスが造る庭のように、サラサラした質感の植物を合わせると、この刈り込みの庭も、更に面白いものになると思います。

写真右に見えるのはイヌマキの 「玉散らし」 と呼ばれる刈り込み仕立て。

最近は人気がなく、良い木はみんな中国へ輸出されてしまっているそうですが、同じくトム・ステュワート・スミスの、このホテルの庭のように、使い方を変えれば面白い空間をつくれるように思えます。
(この庭で使われているのは、恐らくイヌマキよりも耐寒性のあるツゲかイチイの類でしょう。)


玉散らしの樹形は和風庭園に付き物のように思えますが、この仕立て方は日本だけの文化ではありません。

b0160123_1382177.gif
こちらはバンコクにある国立博物館の前の植え込み。

b0160123_1385113.gif
こちらはタイ式マッサージで有名なワット・ポーというお寺で見たもの。

日本のものより、なんとなくひょうきんで、愉しい雰囲気がします。

この仕立て方はタイの王宮前広場でも見られるので、結構格式が高いものなのでしょう。


同じくワット・ポーの境内には、こんな刈り込みも。
b0160123_1405444.gif
これは日本で観葉植物として鉢植えにされるベンジャミンゴム。

なかなかインパクトがあります。




[PR]
by coca-z | 2012-07-04 00:00 | 291-300
植物的生活298


どうやったら住み良い社会になるのか、考える日々です。






庭の手入れをしていると、様々な虫に出合います。

タイガー模様のカミキリムシ (タケトラカミキリ)
b0160123_9471842.gif


パンダ模様のカミキリムシ (ラミーカミキリ)
b0160123_947542.gif




[PR]
by coca-z | 2012-07-02 00:00 | 291-300
植物的生活297
夏を想わせる梅雨の晴れ間の夕方、南千里で打ち合わせがあったので駅から現場に向かうと、とても良い感じの緑道を発見。
b0160123_2244155.gif

1960年代に計画的に造られたニュータウンの緑。
50年の時を経て育った木が、とても気持ち良い空間を創り出しています。

以前、シンガポールやタイの事例 を御紹介しましたが、街にこんな緑があるとアスファルトが熱せられることもないので、使用電力も減らせるように思えます。

緑道の横には大きな池のある公園が。
b0160123_22443898.gif

近隣の住民の方が犬の散歩やランニングで沢山訪れていて、とても良い雰囲気。

池を取り囲む柵は昔ながらの無粋なものですが、あまり気にならないのは、ベンチや園路が柵よりも高く、目に入りにくい位置にあるからでしょう。
b0160123_22494378.gif



打ち合わせの後は、その足で関西電力前の原発再稼働反対デモへ。

初めて参加したのですが、いかにも活動家といった雰囲気の人だけでなく、しゃれた自転車で乗り付ける若い男の子や、ヒールの高い靴を履いた茶髪の女の子、会社帰りのサラリーマンなど様々な人が参加しているのを見かけます。

帰ってツイッターをチェックしていると、友人がこんな動画を紹介しているのを発見。



京都の三条河原で行われたようですが、美しい音楽に載せられた歌詞に、心を動かされました。




[PR]
by coca-z | 2012-06-30 00:00 | 291-300
植物的生活296
先週の仕事で、和歌山市と並んで遠かった現場、宍粟市。
b0160123_0193539.gif
もう岡山県の手前です。

建築の設計はタトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所さん (Tato Architect House in Yamasaki)

こちらは3月に植栽を行った物件。追加外構工事に伴う植え替え作業です。
雨の中、なんとか午前中で作業を終えて、向かったのは10年以上前、会社勤め時代に担当した西脇市の農業公園。

訪れるのは竣工記念式典以来10数年ぶり。
b0160123_0251397.gif

着いたとたんに 「こんな図面ひいたなぁ。」 とか、「これは設計時に社長と意見が合わず悔しい思いをしたな・・・」 などと懐かしい気分に。
b0160123_0252611.gif


こちらの建築もタトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所さんの設計。
b0160123_0263086.gif
(大学時代の同級生でもある彼と一緒に仕事をしたのは、これが初めてでした。)


もともと棚田だった場所を、スイレン池を主体とした観光農業公園にするとのことで、造成を出来るだけ行わず施工費を抑えるよう、既存地形を活用した自然風な公園にデザインしてあります。
b0160123_0283170.gif


スイレンを観光の主体にするというので、フランス・ジベルニーにある有名な 「モネの庭」 のような太鼓橋を造ることになったのですが、計画地はお寺のすぐ横にあり、庭園内には将来的に薬師堂を造る予定だったので、いくら何でもそのまま洋風のものを造ることはできません。

当時、社長命令で構造計算からデザインまですべて一人で行わなければならなかったので、部材の強度を計算しながら、こんな太鼓橋を設計しました。
b0160123_0352212.gif

b0160123_035382.gif

(学生時代、実際にフランス・ジベルニーを訪れたことのある植物事務所COCA-Zは、あまりモネの庭に感動しなかったのですけれど・苦笑)

10数年の間に フジ がゲート部分に絡んでいい感じ。

この辺りは兵庫県のレッドデータに記載されているモリアオガエルが棲んでいるそうで、公園のあちらこちらにはモリアオガエルの卵がぶら下がっていました。
b0160123_0405038.gif



西脇市を後に向かったのは、植物事務所COCA-Zが注目している同業者、はなうたさんのオープンガーデン。

以前からブログを拝見して興味津津だったのですが、なかなか機会を得られず、お会いするのは今回が初めて。

着いてみると彼の人柄がそのままカタチになったような、優しい、居心地のいい場所でした。
b0160123_0475026.gif
この机でお仕事をされるとのこと。

あまりにいい雰囲気なので、植物事務所COCA-Zなら、ぼんやり庭を眺めてしまって仕事にならないでしょう。苦笑

b0160123_049555.gif
内装の設計もされるとのことで、御自身で改装されたダイニングでお茶とお菓子をいただきながら、色々お話を伺いました。(あいにくの雨で庭にはあまり長い時間いられなかったのです)

あまり同業者の方と話をする機会がない植物事務所COCA-Zにとって、とても興味深い時間。

同じような仕事をする人と話をすることで、「自分はこんなことに興味があるのか。」 とか、「他人からはこんな風に見えているんだ。」 など自分のことに関しても発見がいっぱいです。

もっと色々話を聞きたかったのですが、名残を惜しみつつ、次の日の現場で使う材料の引き取りのため、宝塚に向かいました。

宝塚にたどり着いたのはもう日が暮れて、なんとか植物の確認ができるような薄暗い時間。すべりこみセーフです。苦笑

約300kmの道程でした。



[PR]
by coca-z | 2012-06-28 00:00 | 291-300
植物的生活295
雨空の中、モクゲンジ (Koelreuteria paniculata) が花盛り。
b0160123_178242.gif


英名:Golden rain tree (金色の雨の木) の名の通り、小さな黄色い花が雨のように降り注ぎます。
b0160123_1793034.gif





[PR]
by coca-z | 2012-06-26 00:00 | 291-300
植物的生活294
今週もあちらこちらへ大移動。

あまりに沢山の場所に行ったので、その内容は次回に。

庭ではアジサイ ‘紅( くれない )’ が名前通りの色になりました。
b0160123_2152532.gif


その横では、雨にも負けずエキナセアと、ユリたちが花を咲かせています。
b0160123_2164236.gif

台風にも支柱なしで頑張る頼もしい花です。(ユリはツバキ ‘ シロワビスケ’ の枝に引っかかるよう計算して植えています。)

道路沿いではユウギリソウ(夕霧草)が花盛り。
外国の花ですが、こんな優雅な名前を誰がつけたのでしょうか。
b0160123_218451.gif
この品種は茎も黒軸で、植物事務所COCA-Zのお気に入り。
去年の冬も屋外越冬しました。


しかし今週は、なんとか時間を作って関電前のデモに参加するべきだったと反省。

首相官邸前のデモでは45,000人もの人が集まったとのこと。

もう 「この産地の植木は土壌汚染が心配だから使用できない。。。」 などと考えるのはウンザリなのです。。。




[PR]
by coca-z | 2012-06-24 00:00 | 291-300
植物的生活293
梅雨らしい天気、雨の合間をぬって京都で中庭の植栽作業。
3月にお話しをいただいたこの物件も今日で最後と思いきや、ひとつ発注し忘れた植物が・・・

こんなことは初めてです。数多くの物件を抱えて混乱気味。。。

庭では5月初旬には水色の景色だったコーナーも、アジサイ ‘紅(クレナイ)’ が色づき始め、桃色のセンノウと共にピンクの景色。
b0160123_112498.gif
季節によって色彩が変わるのは植物ならでは。

明日の日曜日は朝から沖縄のホテルの植栽の打ち合わせ。
あいかわらず休み無しですが頑張ります。



[PR]
by coca-z | 2012-06-17 00:00 | 291-300
植物的生活292
日曜日も京都から池田、橿原神宮へと200キロのドライブ。途中ガチガチに硬い地面を耕しての高木植栽作業など、なかなかハードスケジュールです。

京都の庭ではラベンダーの蕾が上がってきました。
b0160123_1318435.gif
ラベンダーの後ろにあるのは一昨年、乙庭さんの所からやってきた コロカシア・コールマイナー  Colocasia esculenta 'Coal Miner'。
ベルベットのような黒い質感が魅力的です。



[PR]
by coca-z | 2012-06-12 00:00 | 291-300
植物的生活291
車の運転が大嫌いなのに、毎日4~5時間も運転しなくてはいけない日々が続き、解せない植物事務所COCA-Z。

朝から吹田市の打ち合わせ、箕面市の現場片づけ、宝塚市の現場チェックと移動を続けたあと、仕入先に行くまで数時間、時間が取れそうだったので昨年リニューアルしたと聞いて気になっていた ガーデン植花夢(うぇるかむ)さん を見学することにしました。

宝塚市の山奥にあるガーデン植花夢さんを訪れるのは実に十数年ぶり。

以前は珍しい樹木が目立つ印象でしたが、今回訪れてみると、一番目立つ所が乙女テイストたっぷりの宿根草ガーデンになっていました。
b0160123_20222349.gif
予想通り、宿根草の花が満開シーズン。

ウェブや書籍でしか見たことなかった植物を見ることができたのですが、気になる植物を見つけても半分くらいは名札が無くて、品種名が判らず残念。。。

途中からは誰もいないガーデンを 「これも札がついてない。。。」 と一人言をつぶやきながら歩くハメに・苦笑。

気になる植物は写真を撮ったので、ガーデン植花夢さんの関係仕入先に聞いてみようかと思います。
b0160123_20311326.gif

写真はグリーンのプリムラ。
グリーンの花は切り花など屋内で楽しむには都会的な雰囲気で良いのですが、屋外で使うと背景に埋もれて難しいもの。
こちらの植栽はマス(かたまり)で植えてあって効果的に使われているので、とても綺麗でした。



[PR]
by coca-z | 2012-06-08 20:47 | 291-300



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
未分類
以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(530)
(330)
(141)
(139)
(131)
(81)
(65)
(46)
(34)
(34)
(33)
(32)
(24)
(22)
(15)
(15)
(13)
(10)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧