カテゴリ:331-340( 10 )
植物的生活340
日曜日は朝から京都の現場。
比叡山を始め、愛宕山などの山々も雪化粧。
b0160123_1727768.gif

山頂はすっかり冬の景色です。

現場が早く終わったので、
以前植栽をさせてもらったお宅
に様子を見に伺いました。
b0160123_17311014.gif

モミジが降り積もって、とても美しい色合いです。




[PR]
by coca-z | 2012-12-03 00:00 | 331-340
植物的生活339
庭では枯れたシランの葉にヤマラッキョウの花が絡んで、自然に出来たいけばな作品のよう。
b0160123_0115694.gif


裏庭では25年ほど前に勝手に生えてきた自然実生のツツジが黄葉して、足元の星斑リュウキュウツワブキが花盛り。
b0160123_013052.gif

普通のツワブキに比べて花びらが細いので、清楚な雰囲気の花です。

このツツジは以前、近くにあったモチツツジの血を受け継いでいるようで、花色はモチツツジにそっくりなのですが、オシベの数が10本(モチツツジは5本)なので、ヒラドツツジとの自然交配ではないかと思います。
モチツツジとは違って秋に二番花を咲かせません。
それとも四国や中国地方に生えるキシツツジか、アワノモチツツジのタネがどこからか紛れ込んだのでしょうか?今のところ謎のツツジです。



仕事の準備のため、資材を買いにホームセンターに出掛けたら、駐車場の向こうに真っ赤な木が。
b0160123_016233.gif


ズームしてみるとカナリの大木のようです。
b0160123_017171.gif
興味をもって金網を乗り越えて草むらの土手を登り、近くまで行くとヤマザクラかカスミザクラと思われる、10mを越す大木でした。
身近な場所にも素晴らしい木があるものだとビックリ。

しょっちゅう利用するホームセンターなのに、今までこんなに赤く鮮やかに色づくことが無かったのでしょう、全く存在に気付きませんでした。




[PR]
by coca-z | 2012-12-01 00:00 | 331-340
植物的生活338
自転車で打ち合わせに行く途中、丁度資料として使えそうなサザンカが咲いていたので激写。
b0160123_1241140.gif


このサザンカはマンションの植え込みのものですが、毎年綺麗に花を咲かせるので植物事務所COCA-Zが楽しみにしているものです。
b0160123_12579.gif
こちらの全体像は昨年の11月25日撮影。街中にはこのように見上げる大きさのサザンカがあまりないので残念です。管理人の方に昨年ヒアリングしたところ、消毒などしていないのにチャドクガ(サザンカやツバキにつく毛虫)も見かけないとのこと。

普段から、あちらこちらで植物をキョロキョロ見ている植物事務所COCA-Zですが、大阪でも特に気に入っている中崎町のタイサンボクの巨木が、マンション新築のため伐採の危機。
b0160123_1272566.gif
日本一大きいタイサンボクという話もある木なのですが。。。
b0160123_1292144.gif
こちらは2011年6月1日撮影で、花が沢山咲いている様子。梅田にほど近い場所に、五階建ての建物より大きなタイサンボクがあるなんて奇跡のようなもの。
もう来年はこの大木の花も見ることが出来ないのでしょうか。。。

マンション建設予定敷地の外に生えているので、枝を整理するだけにしてほしいです。




タイサンボクの場所は大阪府大阪市北区中崎西1丁目8−28








打ち合わせが終わり、自転車で中之島を通りがかると、ノビノビと育ったケヤキが紅葉の真っ最中。
b0160123_1302982.gif

綺麗だなぁ、と感心しながら自転車を漕いでいたら、裁判所の裏ではバシバシ枝をブツ切りにしているのを見つけてガッカリ。
b0160123_1315139.gif


さらに近くの交差点ではこんな景色が。
b0160123_1321444.gif
看板が見えるようにケヤキの下枝を落としたのでしょうか。ケヤキが茂っているほうが街並みが綺麗なのに。。。

やっぱりこんな風に強い剪定をせず、自然な樹形のケヤキ並木が一番綺麗です。
b0160123_1343618.gif





[PR]
by coca-z | 2012-11-23 00:00 | 331-340
植物的生活337
駐車場で例えるなら1.5台分くらいしかない庭も、隣家のアンズの紅葉や、お向かいのハクモクレンの黄葉を借景にすっかり秋色。
b0160123_154861.gif
日本の住宅事情では、なかなか広大な庭は望めませんが、御近所同士で景色の貸し借りをすれば住宅街として、より良い環境になるような気がします。



[PR]
by coca-z | 2012-11-21 00:00 | 331-340
植物的生活336
今朝は3時半起きで花市場へ行った後、会場へいけこみ。流石に眠い。。。
b0160123_15544542.gif

b0160123_15545861.gif

b0160123_15554075.gif

b0160123_15555416.gif
b0160123_16341794.gif
b0160123_16343011.gif





[PR]
by coca-z | 2012-11-20 00:00 | 331-340
植物的生活335
今日は、来週から始まる日本画の展覧会に使う花の仕入のため、朝の3時起き。
相変わらずバタバタしています。。。汗


今週は御施主様と一緒に庭づくりをしたり、
b0160123_17542832.gif

b0160123_1755174.gif
(石の据え付けも御施主様と一緒に。搬入経路が狭くて、なかなか大変。二階の窓から御施主様のお子さんが、手作り楽器の演奏と共に応援してくれました・笑。)



別の物件では、500キロくらいの土と砂利を、階段で運び上げたり。
b0160123_17571942.gif
こちらの物件は芦屋の奥池の近くでしたが、現場へ向かう山道は紅葉が美しいのです。
b0160123_17584528.gif
(写真は山道に入る手前の団地にあったサクラ ‘ソメイヨシノ’ の紅葉。一番紅葉が美しい場所は車を停められないので撮影できませんでした・哀)

しかし、やはり今年は紅葉の当たり年のようです。
現場や打ち合わせに向かう途中で美しい紅葉を見かけます。
b0160123_1814692.gif
ナンキンハゼ(写真左)は毎年美しく色づきますが、関西の平野部でケヤキ(右)が暗い赤でなく鮮やかに色づくには、条件が良くなければなりません。(ケヤキの樹形は切り詰められて全然綺麗ではありませんが。。。夏に木陰が出来るよう、もっとノビノビ育ててほしいものです。)

ナンキンハゼは紅葉も綺麗ですが葉が散った後、白い実だけになった姿も観賞価値があります。
b0160123_1874292.gif
(この木はあまり寒い地方では育たないので、比較的暖かい地方ならではの風景です。)


電車の駅には野生のウルシ (ヌルデ?遠くて確認ができません)。
b0160123_1891122.gif

タネが鳥によって運ばれて育ったものだと思うのですが、とても綺麗。
b0160123_1894644.gif



こんな木々を見ていると紅葉狩りに行きたくなります。しかし時間が。。。哀


植物事務所COCA-Zが少しだけですが、花をいける展覧会はこちらです。



第9回 現代日本画の試み展 × 表具師 栗山 知浩

さまざまな年齢と経歴の、日本画に携わるメンバー15名によるグループ展です。
京都会場と大阪会場の2つの会場で開催いたします。
大阪会場では、扇子などの展示がプラスされます。
みなさま、お時間ございましたら是非ともご高覧くださいませ。

◆大阪会場「壽光寺」 大阪市西成区玉出東2丁目9
◆2012年11月19日(月)~11月25日(日)12時―18時(※最終日16時終了)

【出品者】 あいうえお順・敬称略
井上 雄介
沖谷 晃司
木下 としえ
関 菜穂子
武田 修二郎
谷口 知枝美
鳥居 結人
長阪 奈津子
蕚 淳子
福井 悠
宮本 聡
山田 紗知子
吉岡 佐知
若林 静香
渡谷 圭子
【協力】大阪アーツプランニング
【いけばな】植物事務所コカジ



[PR]
by coca-z | 2012-11-17 00:00 | 331-340
植物的生活334
今日は日帰りで長野県まで出張。
朝の10時に長野の塩尻駅で待ち合わせだったので、昨年の一泊シンガポール出張よりは楽(苦笑)ですが、なかなかハードなスケジュール。

それでもこの季節に長野県を訪ねるのは初めてだったので楽しみです。

あちらは紅葉真っ盛り。車窓風景からも美しい景色が広がります。

西日本で育った植物事務所COCA-Zにとって、真っ黄色の山は見慣れぬ不思議な風景でした。
b0160123_144379.gif
(スギの植林地は緑色、カラマツの植林地は黄色く色づきます)


約束していた方たちと落ち合って、まずはヒアリングのために信州大学へ向かいます。

このキャンパス入口にあるユリノキ並木は素晴らしいものでした。
b0160123_1463013.gif
(写真下のほうの人と車で、どれだけ大きな並木かお判りいただけるでしょうか?のびのび育った大木が持つ気持ちよさ満載です・笑)

ユリノキは関西でも育ちますが、このような鮮やかな色に染まることはありません。茶色っぽい黄色になって散っていくだけなのです。
b0160123_0432380.gif
関西ではこんな感じ。(これはこれで渋みのある、いい味をだしていますが。)


ユリノキがレモンイエローに色づくとは今回初めて知りました。
b0160123_147336.gif



幹に絡みつくナツヅタもレモンイエロー。
b0160123_1531382.gif


イチョウの 「小さき鳥のかたち」 とは違って 「ハンテン」 のかたちをした大きな葉のユリノキ。

木が大きいだけに落葉も滞空時間が長く、ゆったりと風に乗って沢山の葉が散る様は、舞台か映画を見るように美しいものでした。
b0160123_1593395.gif




[PR]
by coca-z | 2012-11-09 02:00 | 331-340
植物的生活333
b0160123_14182250.gif
秋の深まりと共に庭でもブルーベリーが紅葉し、ツワブキの花色が映えます。

今年の紅葉は期待できそう。
去年は夏からいきなり冬になりましたが、今年の季節の巡りはとても良い感じ。

植物事務所COCA-Zが京都でモミジの場所を尋ねられれば、高桐院と並んでお勧めするのが八瀬の蓮華寺。
b0160123_1422456.gif
学生時代、友人と原付で訪れたのが最初の訪問。随分昔の話です(苦笑)

写真は二年前、仕事をやりくりして、何とか休みを取って出掛けた時のもの。
紅葉の盛りには行けず、12月に入っていましたが、まだ名残のモミジを楽しむことが出来ました。

八瀬には瑠璃光院というモミジの名所もあり、ふたつ合わせて訪れるのも良いかもしれません。



[PR]
by coca-z | 2012-11-07 00:00 | 331-340
植物的生活332
現在、多くの庭のプラン作りでカンヅメ。

資料を探していると、整理下手の植物事務所COCA-Zは 「この写真、こんな所にあったのかー」 と発見することが多々あります。苦笑

以下は久しぶりに発見した国指定の名勝、阿波国分寺の庭園。
b0160123_1725996.gif
現在はすっかり修復・調査の工事も終わって落ち着いた雰囲気になっているそうですが、植物事務所COCA-Zが訪れたのは2010年の2月。
工事真っ最中で、凄まじいまでの迫力がありました。
(この日は雨天だったので写真がブレがちですが、誰にも邪魔されず心ゆくまで観察できました。)
b0160123_1745858.gif

徳島に産する阿波の青石は薄く剥がれる性質があり、その石を使った石組は独特の雰囲気があります。


b0160123_1774630.gif
この石橋は人が屈まずにくぐることが出来るほど大きなもの。
橋の上はこんな感じ。
b0160123_1785049.gif


薄く剥がれた石は横から見ると・・・
b0160123_1711395.gif
アバンギャルドさは重森三玲も真っ青です・笑

この石橋など観賞用とは言え、凄まじいまでに薄い!
b0160123_17294816.gif


建築などでもそうですが、やはり完成してしまった後よりも、工事途中のほうが創造力が刺激されて迫力を感じます。

「未完成の美」 と言われる御茶碗や、世界最短の定型詩・俳句などの良さも、「表現されていない部分が創造力を掻き立てる」 といった意味で同じようなものなのかもしれません。





(細部を見たい方は写真をクリックすると大きくなります。現在はどうなのか判りませんが、植物事務所COCA-Zが訪問した時には、前日までに予約が必要だったので訪れる方は御注意!)


[PR]
by coca-z | 2012-10-27 00:00 | 331-340
植物的生活331
屋上にて、某会社のパンフレット用撮影。

b0160123_15383358.gif
撮影に使用した屋上産のミョウガ。

今年の秋はフイリイトススキの穂が沢山出て綺麗です。
b0160123_15445279.gif





[PR]
by coca-z | 2012-10-23 00:00 | 331-340



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
未分類
以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(530)
(330)
(141)
(139)
(131)
(81)
(65)
(46)
(34)
(34)
(33)
(32)
(24)
(22)
(15)
(15)
(13)
(10)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧