カテゴリ:411-420( 8 )
植物的生活420
メラレウカ ‘レボリューションゴールド’ に絡めたコンギクが綺麗。
毎年この花は沢山の昆虫のレストランになっています。
b0160123_18244687.gif

左上に写っているのはヤマトシジミでしょうか。色々な種類のハナアブたちもやってきます。


しかし、ここのところ、あちらこちらに行ったり来たりでバタバタ・・・。

10日ほど前の日曜日には宮崎まで日帰り(!)出張でした。現地では運転手役だったのと、ほぼ現場しか行ってないのでお見せするような写真がありませんが。。。

宮崎を訪れるのは18年ぶり。
街中を運転したのは今回初めての体験でしたが、行けども行けども美しいヤシ(ワシントンヤシモドキ)の並木が続くのは圧巻でした。
b0160123_18264030.gif
こちらは空港近くのヤシ並木。
芝生と、10月の半ばだというのに鮮やかに咲いたカンナが綺麗。
カンナの縁取りはデュランタ ‘ライム’ です。

このデュランタはハワイとか東南アジアで良く使用されていますが、ここ宮崎では冬に傷みながらも越冬するよう。大阪市内でも植栽可能なのかもしれません。

宮崎はやっぱりだいぶ暖かいみたいで、滞在中には10月の半ばだと言うのに、ツクツクボウシが鳴いているのを聴きました。(驚)

しかし、もっと綺麗なヤシ並木があったのに写真を撮れず無念。。。




帰ってから、懐かしくて18年前の写真を引っ張り出してきました。
(今回、伊丹から宮崎まで50分、現地滞在時間11時間で、全然宮崎に行った実感が無かったのです・・・)
b0160123_1831341.gif
やっぱりヤシの写真を撮っています。(苦笑)

写真の裏に書かれたメモを見ると 「1995年3月宮崎駅前のヤシの木」 とあります。

良く見ると葉っぱの先が綺麗に切りそろえられていますが、当時はまだバブルの名残でそういった細やかな管理の予算があったのでしょうか。


この時の最終目的地は屋久島だったのですが、途中、宮崎の青島や、今は無き日南のサボテン公園、鵜戸神宮を見学するために立ち寄ったのです。

青島。
b0160123_1838242.gif


青島には神社があるのですが、社叢はヤシ(ビロウ)で出来ています。
b0160123_1839423.gif
いかにも南国の神社!


こちらは日南のサボテン公園。
b0160123_1843571.gif

当時は荒い粒子の写真が好きだったので、3200の感度のフィルムを、レンズに減光フィルターを付けて撮ってました。今ではパソコン上で簡単に画質調整出来るので、随分時代を感じます(苦笑)。

屋久島ではもちろん縄文杉も見に行きました。これはその途中のウィルソン株での記念撮影。
b0160123_18462048.gif



これはパンダナスの根元でしょうか?(白黒フィルム撮影)
b0160123_18464832.gif
こんな撮影ばかりしているのは、今も昔も全然変わりません・苦笑。




[PR]
by coca-z | 2013-11-01 00:00 | 411-420
植物的生活419
以前作品制作をお願いした木工作家の中西洋人さんの作品展が神戸で行われています。

中西洋人展

場所は草灯舎さん
2013年10月19日(土)~27日(日) 13:00~18:00 (火)(水)休み



美しい案内状を頂いたのですが、大事にしまっておいたら、その置き場所を忘れてしまったので(涙)、案内状の写真の代わりに、彼のアトリエからの風景の写真を。
b0160123_22582045.jpg
大きなキリの葉が風でふうわり揺れて長閑な風景。

今年の夏、海外に住む作家の友人二人が同時期に一時帰国していたので、案内した時のものです。

二人とも彼の作品には感銘を受けていました。

展覧会で実物の作品を是非ご高覧ください。

2013/11/12〜19には東京でも展覧会があるようです。




[PR]
by coca-z | 2013-10-20 00:00 | 411-420
植物的生活418
メキシコシティの道路際で見かけた月下美人に似た花。
彫刻的な茎が魅力的。
b0160123_17465183.jpg


今宵は十三夜・栗名月です。




[PR]
by coca-z | 2013-10-17 00:00 | 411-420
動物的生活417
資料探してたら写真が出てきました。
b0160123_1892595.jpg
Mexico Cuadra San Cristobal

b0160123_182523.jpg
ねこ。

b0160123_1826925.jpg
うま。





[PR]
by coca-z | 2013-10-14 00:00 | 411-420
植物的生活416
10月の声を聞き、あちらこちらの庭では秋の花たちが咲き乱れています。
b0160123_14355463.gif
こちらのお庭ではシュウメイギクが花盛り。

昨年6月に植栽した当時はこんな雰囲気でした。
b0160123_1437977.gif
広いファサードが特徴的なお宅。植栽地周囲に空間もあるので、シンボルツリーも大きな木を植えたかったのですが、埋設管が浅く埋まっていて植栽できる木の大きさが限られていたので(大きな木ほど深く穴を掘って植えなければならない)、成長の早いアカシア・フロリブンダ ‘リセッテ’ ( Acacia floribunda 'Lisette' )の苗木を植栽しました。


こちらは植栽から一年後、今年5月の様子。
b0160123_14502134.gif


こちらは先日の様子。
b0160123_14504999.gif
半年間ですごいスピード成長です。

アカシアの仲間は成長が早い分、幹がもろく、あまり急激に大きくしすぎると木がひっくり返ったり、大きな枝が折れてばい菌が入り、枯れてしまうことがあるので、剪定をしながら調節して育てなければいけませんが、早春の黄色い花は春らしくて魅力的。
葉の雰囲気も、常緑ながら軽やかで、見どころの多い木です。

こちらは宝塚のガーデンフィールズに植えられている同じ種類の木。
b0160123_14555145.gif
ヤナギの様にそよそよと風に揺れて涼しげ。
やはりチマチマと剪定された木とは違い、ノビノビと育った木は、見ていて気持ちが良いものです。



このお宅の近くの家にも様子を見に行くと、こちらは5年前に植えたシマトネリコがだいぶ大きくなっていました。
b0160123_1544499.gif

植栽地は石だらけで掘り起こすのが大変で、植栽した時は、植物事務所COCA-Zも生まれて初めて腰を痛めるほどでしたが、やっと木もこの環境に慣れたようで、1~2年前から勢いが出てきました。

こちらのお施主様は、家を建てられた後、ガーデニングにはまってらっしゃるので、いつ訪れても芝生の管理がされてます。
お話を伺うとお勤めの会社には、家で芝生を育てる人たちのサークルがあるそうで、芝生の情報交換をされているとか。(笑)


こちらは5年前の様子。
b0160123_157194.gif
12月の植栽だったので、芝生部分は目土に埋まって茶色です。シマトネリコもまだ高さ3mほど。
この時は梢から遥か上にあった二階の窓。今ならその窓から緑を楽しむことが出来そうです。


裏庭では追加工事で植栽したマルバノキ ( Disanthus cercidifolius ) がすでに紅葉していました。
b0160123_15143771.gif

御施主様が御自身でタネを蒔かれたディコンドラと合わせて、ハートだらけです。笑



こちらは手入れに伺った大阪の庭。
b0160123_15213156.gif
もうほとんど終わっていましたが、今年は白いヒガンバナが大変美しかったそうです。

外ではスイフヨウ ( Hibiscus mutabilis cv. Versicolor  酔芙蓉) が花盛り。
b0160123_15245852.gif

b0160123_16284675.jpg

午前中に咲いたばかりのころは白色で、夕方には赤く染まるのを、お酒に酔うのになぞらえた名前。
八重の品種が一般的ですが、植物事務所COCA-Zはこの一重の花が好きです。

こちらは12:26に撮影したもの。
b0160123_15283791.gif


同じ花が14:25には酔っぱらってきました。
b0160123_15294066.gif
b0160123_15295479.gif



帰るころ(17:47)にはこのとおり。
b0160123_15312012.gif
b0160123_15315027.gif
すっかり酔いつぶれています。苦笑




[PR]
by coca-z | 2013-10-07 00:00 | 411-420
植物的生活415
現場でまた、2トンばかりの土を一輪車で運んだので、ちょっと身体が筋肉痛。。。



駅へ向かう時のひとこま。
b0160123_2394884.gif
アメリカヅタと思われる植物に実が沢山なってます。

ノブドウ ほどの色彩ではありませんが、なかなか秋らしい雰囲気でいい感じ。




[PR]
by coca-z | 2013-09-28 00:00 | 411-420
植物的生活413
三連休、大阪で行われていた Design East (デザインイースト) というイベントに行ってきました。

活動趣旨が素晴らしく、賛同しているのに全然お手伝いをしていない植物事務所COCA-Zは、せめてイベントでちょっとでもお金を落とすほうがいいかなー、と物販ブースを覗いていたら、柳々堂さんのブースで見たことのない本を発見。

(植物事務所COCA-Zは本屋に足繁く通っているので、興味ある分野の新刊書があればすぐ目に入ってきます。ほとんど病気・苦笑)



b0160123_2316813.gif

『ひとの居場所をつくる ランドスケープ・デザイナー 田瀬理夫さんの話をつうじて』 西村佳哲氏著 筑摩書房

(念のため発行日をみると4日前の初版発行・笑)



田瀬理夫さんに関しては、氏が関わられた福岡のアクロス福岡に興味を持って、十数年前に見学しに行ったことがあります。

でも、その時の感想は 「あんまり気持ちよくない場所だなぁ。」 という否定的なものでした。(出来たばかりで緑が育っておらず、植物よりもコンクリート構造物が目につく雰囲気だったからです。)

その後、田瀬さんが関わられていた特種製紙研究所の庭の写真を雑誌で見かけて 「これは見てみたいなー」 と思ったり、5×緑(ゴバイミドリ)のサイトを発見してお気に入り登録したりしていても、イマイチ興味を持っていなかったのですが(失礼!)、本をパラパラめくると、馬を中心とした生活の舞台づくりを岩手県・遠野でやっているとあり、がぜん興味が。


植物事務所COCA-Zには、まだ実現していない子どもの頃から夢のひとつに 「モンゴルで馬に乗る」 というのがあって、馬にはとても関心があるのです。

その他にも2009年にこの展覧会
b0160123_22131311.gif
を一緒に行った漆作家の亀谷彩さんに話を聞くところによると、隠岐の人たちは普通に牛や馬を飼っていて、お酒を飲む時には自動車で出掛けられないので、馬で出掛けるらしく、 「そのスタイルかっこいい!!!」 と思ったり、アメリカのランドスケープデザインの大御所、故 ロバート・ザイオン氏は仕事が週休3日で、馬でアトリエまで出勤するというのを聞いていて、馬のいる生活には憧れているので、即、本の購入決定。笑

(本を読んでみるとやっぱりこのロバート・ザイオン氏のエピソードが出てきました。そして著者は馬でモンゴルを旅したことがあるそうです!羨ましい!)


こちらはロバート・ザイオン氏の代表作のひとつ、世界初のポケットパークと言われるニューヨークのペイリー・パーク。
ペイリーパークの詳細についてはこちら


その後、打ち合わせの行き帰りの電車の中の時間を利用して本を一気読み。

とてもとても面白かったです。

田瀬さんの将来を見据えた視点にも感服しましたが、本人が文章を書いているのではなく、西村佳哲氏という方の目線を通して描かれているせいでしょうか、内容も明朗でスッと心に入ってきます。

写真家・津田直さんが撮影されている遠野の写真は、このサイズの本ではその美しさを表現しきれていない様に思えますが、それ以外は本のレイアウトデザインも読みやすく、引用された単語の解説も非常に判りやすい構成。

「すごく、きれいな東京」 の段に掲載されている60年ほど前の東京・石神井公園ボート池の写真などは、オランダの運河を想わせるような風景だったり、色々な意味で驚きと感心の連続です。


中には1964年の東京オリンピックを境に、急激に汚くなっていく東京のことが語られている部分もあります。

   
「1964年の東京オリンピックは、日本のデザイン界、とくにグラフィック・デザイン領域の輝かしいエポックである。
~中略~ 
東京オリンピックはデザイン界においては輝かしさをもって語られるが、~中略~ デザイン界が感じていた輝きは社会のどこを明るくしていたのだろう?
それはまちではなく、おもに個々の家や、店の中なのだと思う。」

と西村氏の意見が語られていて、2020年の東京オリンピックが決まった現在、非常に考えさせられる内容となっています。




本は田瀬さんが生まれ育った東京と、遠野のある岩手を中心に語られますが、その他も沖縄とか、放射性物質を避けて311の翌日に栃木を離れ、九州に移住された西村さんの友人の話などが、ヒステリックにも、感傷的に陥るわけでもなく、静かに将来を見据えて文章が綴られていて、うなることしきり。


専門書としてではなく、「一般教育としての建築・ランドスケープ」 を意識して書かれた本。

是非様々な分野の方に御購読いただきたい本です。



田瀬さんがこの本の中で仰ることには、 「本は、とにかく何回も何回も読まないと駄目」 だそうなので、一気読みしてしまった植物事務所COCA-Zも、繰り返し読みたいと思います。笑
 


[PR]
by coca-z | 2013-09-18 00:00 | 411-420
植物的生活412
収穫の秋
b0160123_08185.gif
まだ二回目の収穫。
イマイチ実の整理のコツが掴めていないので、粒が不揃いですが・・・。でも味は去年よりも美味しい。


初秋の花も見ごろ。
b0160123_093916.gif
センニンソウ(Clematis terniflora)。
近所の農道の真ん中で、草刈りの度に地際で刈り取られながらも、しぶとく生き残ってたのを、10年ほど前に連れ帰ったもの。


夏の名残りの花、白花のモミジアオイ(Hibiscus coccineus 'Alba' )。
b0160123_0134711.gif
今年初めて育ててみましたが、凛とした美しさが際立つ花です。





[PR]
by coca-z | 2013-09-11 00:00 | 411-420



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
未分類
以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(512)
(318)
(136)
(132)
(127)
(79)
(59)
(45)
(33)
(33)
(33)
(32)
(24)
(22)
(14)
(14)
(12)
(9)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧