カテゴリ:541-550( 10 )
植物的生活550
先日、植物事務所COCA-Zの いけばなの師匠 石川 青葩 (せいは) 先生 が、米寿記念の陶芸の個展(草月流家元のブログ、真ん中あたりに出てきます)を開催され、数年ぶりに再会を果しました。

会場でお話ししていると、
「蔵書を譲りたい。」 
との有難いお話しをいただくことに。
b0160123_1223664.jpg
さっそく御自宅に伺って譲り受けたのは、今では手に入らない貴重な本を含め、30冊ほど。

本好きの植物事務所COCA-Zにとって、大変有難いお話しです。
最近では見かけないタイプの装丁の美しい本や、凝った造りの写真集など、先生の所属されている草月流以外の資料も含まれていて、流石の品ぞろえ。

ここ暫く、いけばなに対する興味が薄れていましたが、これを期にまた勉強にはげみたいと思わせる出来事でした。

出来の悪い弟子(恥)のことまで気にかけて下さり、本当に感謝の念でいっぱいです。





[PR]
by coca-z | 2014-12-06 00:00 | 541-550
植物的生活549
久しぶりに蹲 (つくばい) や、飛石を据え付けました。(すべて既存石利用。in大阪市)
b0160123_10334945.jpg



半年前の様子。
b0160123_1034513.jpg
既存の巨石が浮かんだように据えられていたので、安定感を感じるよう足元に土を盛り、お施主様の御希望で、玄関からの点景となる位置に蹲を据えました。(写真はリビングテラスからの眺め)

建築工事にあたり既存の庭木がかなり酷く切り詰められていたので、時間をかけて修正していく予定です。




[PR]
by coca-z | 2014-12-04 00:00 | 541-550
植物的生活548
昨年植栽させてもらった庭にお手入れ。(石切の住居/タトアーキテクツ・島田陽建築設計事務所さん House in Ishikiri by tato architects. / The house in above photo is not designed by tato architects.)

今年は植栽したモミジやミヤギノハギだけでなく、勝手に生えてきたヌルデや既存のユキヤナギ、ナツヅタも紅葉・黄葉の発色が綺麗。
b0160123_138989.jpg
(石積や石組、植栽は、ほとんど既存のものをそのまま利用。上の写真に写る建築は隣家で、タトアーキテクツさんの設計ではありません。)


b0160123_164720.jpg
Right is the bathroom be surrounded by the garden. (designed by tato architects)

こちらが工事前の写真。
b0160123_1242538.jpg



フウチソウの黄葉も、独特の渋みでいい感じ。
b0160123_119828.jpg
b0160123_185920.jpg
(一部ネコに荒らされてますけれど・悲)




[PR]
by coca-z | 2014-11-29 00:00 | 541-550
植物的生活547
嵐山に行く用事があったので、ついでに以前から見てみたかった嵯峨菊 (サガギク) の本場、大覚寺の菊展を見学してきました。
b0160123_15113489.jpg
江戸時代に京都でつくられた嵯峨菊は古典菊のひとつ。
b0160123_15174112.jpg
b0160123_1518027.jpg
花びらが細く、繊細な風情を、階 (きざはし) の上から見るのに適するように背を高く育て、花を下から七・五・三の数に咲かせるのが古くからの仕立て方です。
b0160123_15184312.jpg
回廊から眺めると、殿上人 (てんじょうびと) になった気分と言うべきでしょうか(笑)。



いけばな 「嵯峨御流」 の本拠地でもある門跡寺院だけあって、飾り方も凝っています。
b0160123_15222270.jpg
植木鉢が倒れないよう、檜皮 (ひわだ) で葺いた台にはめ込んでいたり、
b0160123_15231939.jpg
青竹にシュロ縄で結びつけたりしています。

たて物の南に設置された嵯峨菊は、秋の日差しに長い影を作って美しい。
b0160123_1525682.jpg


建築と庭、植物とが一体となった、優雅で繊細な空間構成でした。





[PR]
by coca-z | 2014-11-24 00:00 | 541-550
植物的生活546
出張や現場、結婚のお祝いなどの合間をぬって、友人が出品していると案内をもらったアートイベント、「はならぁと」 の生駒・宝山寺参道会場に行ってきました。
b0160123_150593.jpg
会場となっている、旧たき万旅館がとても良かった!
ミッドセンチュリーの雰囲気の残る和風旅館。

和室はもともと、絵や物を飾るように造られているためか、絵が現代アートであっても不思議としっくりきます。

特に、大井戸 猩猩 (おおいど しょうじょう) さんの展示が素晴らしい。
既存のものと思われる屏風絵や掛け軸に描き足している作品などは、既存のインテリアと溶け合って、まさにインスタレーション。
b0160123_1555436.jpg
既存のグラフィカルな襖とも、とても相性が良く見えます。

オリジナルのインテリアも、モスグリーンの壁と畳の縁 (へり) の色を揃えたり、現代では見かけない突き板の素材が上手く使われていて、「昭和モダン」 といった雰囲気が大変魅力的です。
b0160123_202917.jpg
和室らしく、天井の高さも細やかに操作されていて、空間の創り方が工夫に富んでいるのも魅力のひとつ。

現在、旧たき万旅館はゲストハウスなどに改装中とのことで、あちこち工事中なのですが、元々シートが貼ってあったと思われる接着剤の跡が抽象絵画のようで、なんだかオシャレ。
b0160123_241173.jpg
履物が置かれて完成するインスタレーションのよう。

是非この雰囲気を活かしてもらいたいし、リニューアル後も来てみたい!


その他の会場も、オランダ人アーティスト(?)が古い内装を解体したそうで、その破壊した壁や床がとても美しいのです。
b0160123_264481.jpg

b0160123_27155.jpg
はつったコンクリート床を利用して、子どもがビー玉遊びをしてました。素敵な発想。


残念ながら、はならぁとの展示はこの日が最後だったのですが、もっと早くに見学できていたなら、もっと色々な人に宣伝したかった。。。

庭のリフォームの仕事が結構好きな植物事務所COCA-Zには、大変勉強になる展覧会でした。





帰り道、会場近くで昨年植栽をさせていただいたお宅に様子を見に行ったら、こんな感じに。
b0160123_295716.jpg
b0160123_210289.jpg


昨年植栽した時は、こんな様子でしたから
b0160123_21116.jpg
この一年でだいぶ成長して、良い感じになりました。


お施主様はアメリカ西海岸が大好きとのことで、本歌は Isabelle Greene (イザベラ・グリーン) 氏の Valentine Residence (ヴァレンタイン邸) です。苦笑



[PR]
by coca-z | 2014-11-17 00:00 | 541-550
植物的生活545
出張先でプレゼンが意外に好評でホッ。。。

翌朝の寒い朝。
b0160123_0255992.jpg
霜の降りた葉と、赤いトゲが美しい野生のバラ。


苗を作るために、小さな秋を収穫。
b0160123_026492.jpg
ヤマコウバシ (山香ばし) って名前の通りいい匂い!





[PR]
by coca-z | 2014-11-16 00:00 | 541-550
動物的生活544
神戸・垂水のお庭へ手入れ。

敷地内に雑木林があるお宅なので、林床のササを刈っていると、オレンジ色のカエルが飛び出してきました。
b0160123_13442886.jpg
ニホンアカガエルでしょうか。
2~3匹ほど見かけました。

珍しいなと思って、帰ってから調べると、兵庫県では準絶滅危惧種に相当するランクに位置づけられているそう。

他にも、小さな赤いネズミ (アカネズミ?) が地面の巣に走り去るのも見かけましたし、庭にこんな可愛い動物たちが住んでるなんて羨ましい限りです。




[PR]
by coca-z | 2014-11-13 00:00 | 541-550
植物的生活543
現在かかわっている薬草園のプロジェクトのため、武田薬品工業株式会社さんが所有する京都薬用植物園へ視察に行ってきました。
b0160123_20315754.jpg
漢方薬の材料ごとにグルーピングされている花壇。

色々解説もしてもらえて面白い!

ニッケイの葉柄を齧らせてもらったら、すごく 八橋(京都のお菓子)の風味!
(ヤブニッケイは葉っぱがそっくりでも、この香りは無いそう。)
b0160123_20341283.jpg


カンゾウ(甘草)の根っこ。
b0160123_20434784.jpg
名前のとおり、メチャクチャ甘い!
数分後も口の中に甘さの余韻が残ります。

植物を味見したり、匂いを嗅いだりするのは、とても楽しい体験で、かなり鮮明な記憶に残るものだと実感しました。




[PR]
by coca-z | 2014-11-11 00:00 | 541-550
植物的生活542
秋も本番と言うのに、スイレン ‘オールモストブラック’ (Nymphaea'AlmostBlack') が花を咲かせました。

低い気温のせいか、夜も花を閉じません。
b0160123_1823752.jpg
(2014.11.02. 0:13撮影)

夜が明けて、大雨の前までに何とか現場をひとつこなして帰ってきた時の花。
b0160123_1841288.jpg
(2014.11.02. 13:00撮影)

オシベが見えているので、花は閉じなくてもちゃんと咲き進むようです。


こちらはインドネシア・バリ島で見た夜咲きの熱帯スイレン。
b0160123_1851466.jpg
(2010.09.22. 23:11撮影)
一緒に旅した友人たちに 「セクシーな写真だ」 と評されましたが、夜に咲くスイレンは少し妖しくて、とても魅力的な雰囲気です。





[PR]
by coca-z | 2014-11-03 00:00 | 541-550
植物的生活541
地植えにしているデザートローズ・唐印 (Kalanchoe thyrsiflora? Kalanchoe luciae?) の花が上がってきました!
b0160123_18081.jpg


花が咲くと親株は枯れると聞きますが、一応子株が出ているので、全滅は無さそう。
b0160123_184187.jpg



こちらは先月の広島出張の帰り、視察のため17年ぶりに訪れた倉敷で、偶然見つけた蟲文庫さん。
b0160123_19424.jpg
この店先でもデザートローズ・唐印 (Kalanchoe thyrsiflora) の花茎が上がってました。

花が終わるとこんな感じになるようです。
b0160123_1103638.jpg
芽キャベツか、踊りハボタンみたいで可愛い。
流石は蟲文庫さんです。

店主もいらっしゃったのですが、この時は倉敷の街を歩きすぎて、話しかける気力がありませんでした。残念。。。彼女の著作も持っているのに、お話しを伺えば良かった。
b0160123_910299.jpg
『苔とあるく』 田中美穂氏著 WAVE出版 2007年出版


店主の座る机の奥には、大変良い感じの小さな庭がありました。また体力のある時に伺いたいです。





[PR]
by coca-z | 2014-10-30 00:00 | 541-550



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
未分類
以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(468)
(285)
(128)
(120)
(119)
(77)
(56)
(42)
(32)
(32)
(32)
(31)
(22)
(19)
(12)
(12)
(11)
(9)
(8)
(4)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧