カテゴリ:551-560( 10 )
植物的生活560
今日は豊中で新しい物件の現場調査。

その後、以前から施工中と聞いていた荒木造園さんのカフェが竣工した、との情報を年末に得たので、少し足を伸ばして見学に行ってきました。
b0160123_11322.jpg
b0160123_114315.jpg
改装前の、この建物に寝泊まりしていたのは、もう20年以上も前のことなんだなぁ。。。
b0160123_122724.jpg
あまりに昔のこと過ぎて、改装以前の雰囲気が思い出せません。
b0160123_173122.jpg
庭の石積は 「荒木積み」 と呼ばれた故・荒木芳邦氏の石垣をモチーフにしたもの。
オリジナルより繊細な美しさがあるような気がします。

学生時代、ここで頂いたバイト料を片手に、初めての海外旅行として、西ヨーロッパの庭園と建築と美術館を40日かけて見て回る一人旅に出ました。懐かしい。


カフェに併設されている本棚に、今では手に入らない飯田十基 (いいだじゅうき) 氏の作品集があったので眺めていたのですが、
b0160123_1101383.jpg
事務所に戻り、飯田十基氏のことを検索していて、飯田十基氏の旧自邸とその庭が3年以上も前に解体されたことを知り、衝撃を受けました。
参考ブログ※

興味のある情報はかなりマメに収集している植物事務所COCA-Zも知らなかったのですから、一般の方はその解体もしくは、その存在自体知らないままこの世から宝物と言えるようなものが消えていっているのかもしれません。

飯田十基氏は現在の日本でとても人気のある 「雑木の庭」 の元祖とも言える造園家。

このような造園史や日本文化史において、重要な文化財とも言えるものがあっけなく消えていく日本の税制や、その他のシステムはどうやったら直すことが出来るのでしょうか。

外国人などの海外観光客を惹きつける上でも大変な損失です。

現在発売のCASA BRUTUS誌では建て替えが発表されたホテルオークラの保存を呼び掛けるキャンペーン (映像の音が出ます)を行っていますが、良いものは残して未来へ繋げてほしいものだと思います。

大阪でも荒木芳邦氏が作庭された滝のある リーガロイヤルホテルの建替えが発表されています。(バイト時代、手入れのためにガラスの向こうに入らせてもらったことがありますが、間近に見上げると、とても巨大な滝でした。素材としてFRPの擬岩が使用されているのも、かなり貴重な黎明期の事例と言えると思います。)


大阪にはすでに 古い建物を活用する素晴らしい事例 があるのですから、その意志を受け継いで、大阪の心意気を見せていただきたいものです。




[PR]
by coca-z | 2015-01-08 00:00 | 551-560
植物的生活559
b0160123_19573319.jpg
あけましておめでとうございます。
昨年は今までになかったタイプのお仕事などもいただき、色々と新しい出会いもあって大変興味深い年でした。
今年は何か新しいことが始まるような気がします。

良い仕事ができるよう励みたいと思いますので、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。





[PR]
by coca-z | 2015-01-01 00:00 | 551-560
植物的生活558
中国牡丹 ‘蘭州慕色’ に蕾が。
b0160123_1121955.jpg
寒牡丹は初めてなので楽しみ!

寒牡丹はずっと日本にしか無かったのが、近年中国でも一品種だけ新しく発表されたと、どこかで読んだ気がしますが、この品種がそうなのでしょうか?
(追記:結局株がまだ充実していないのか、この蕾は咲かずに終わりました・・・涙。それでも確かに寒牡丹だけあって、春には別の蕾が上がり、ちゃんと花を咲かせました。)


昔と違って、最近は冬咲きの花が増えたので嬉しい。庭でも冬咲きクレマティス ‘ジングルベル’ が次々と花を咲かせています。
b0160123_115478.jpg


緑葉のヤツデは毎年花を咲かせますが、斑入りのヤツデも結構ちゃんと花が咲くんだなぁ。
b0160123_115592.jpg
流石にこの寒さになるとハエも寄ってこないので、気持ちよく花を楽しめます。苦笑


花だけでなく、こんなものも。
b0160123_1165988.jpg
トゲナシノイバラの実。実生株ですが、トゲナシの性質って遺伝するのは知りませんでした。

毎年楽しみにしているのは、実の下に見えるのはアイビー ‘グリミィ’ (Hedera helix 'Glymii')。
更に寒さが厳しくなると葉が真っ黒になります。
フラワーアレンジメント素材に良いかと思い、10年ほど前に導入したものです。
b0160123_1058524.jpg
数種類のアイビーの押し葉で作った酉年の年賀状。黒い葉っぱがグリミィです。(今年はまだ年賀状、一枚も書けてない・・・汗)



こちらはカランコエ/デザートローズ・唐印 (Kalanchoe thyrsiflora) 。
b0160123_1223312.jpg
花茎を伸ばしている株の葉は紅葉しないのが不思議。



こちらは今週お手入れにいったお客様のお庭のアカシア・フロリバンダ ‘リセッテ’。
b0160123_1203067.jpg
苗木を植えたのですが、爆発的に育って今では見上げるような大きな木に。
花が咲く春先まで黄色い蕾を楽しむことが出来ます。




仕事の用事があって京都市西京区に出掛けたので、松尾園芸さんに立ち寄るとまだバラが咲いてました。
b0160123_1245133.jpg
イングリッシュローズの‘モーヴァン・ヒルズ’ (Malvern Hills)。
キモッコウバラを想わせる小輪で、赤い花茎がシャンデリアのように枝垂れて魅力的な風情。

日本の温暖地域では12月でもバラが咲いているのを見かけますが、この気候を活かすことが出来れば、もっと日本ならではのバラの楽しみ方が生まれるような気がします。


松尾園芸さんではお店の方に色々話を伺って、とても勉強になりました。
やはり実際に植物を触っている人のお話しは金言です。

とても良い苗が入荷されていたので、前から入手を検討していたものの他に、こんな花を入手してしまいました。
b0160123_1292521.jpg
勉強不足で知らなかったのですが、この 「Rosa Orientis (ロサ・オリエンティス)」 というシリーズは、日本の高温多湿の環境や嗜好に合うよう育種をして創り出された品種群だそうで、松尾園芸さんも夏に咲き続ける性質の強さに驚いたとか。

この ‘ニューサ’ (Neusa) という品種は今年発表されたばかりで松尾園芸さんもまだ育てたことが無いとのことでしたが、ロサ・オリエンティス・シリーズなので、期待大。

このシリーズで、もうひとつ気になる品種があって、どうしたもんだか悩むところです・苦笑




[PR]
by coca-z | 2014-12-28 00:00 | 551-560
植物的生活557
朔旦冬至 (さくたんとうじ) 午後の光。
b0160123_15553132.jpg
梅田にて。イタヤカエデとイロハモミジ。




明日まで。
b0160123_1614711.jpg
b0160123_1615894.jpg




第11回現代日本画の試み展「初春」

〈大阪会場〉
期間:2014年12月16日(火)〜12月23日(火)

時間:12:00〜18:00 (最終日16:00)

会場:壽光寺
大阪府大阪市西成区玉出東2丁目9−29




[PR]
by coca-z | 2014-12-22 16:00 | 551-560
植物的生活556
寒いので、暖かい国へ旅したい。。。
b0160123_1539201.jpg
長距離バスから見るメキシコ・グアダラハラ郊外の車窓風景。
b0160123_1540273.jpg
青白い場所は、テキーラの材料となるアガベ畑。
牧草やトウモロコシ畑の緑に浮かび上がって、不思議な色彩を見せます。(バスの窓ガラスに、紫外線カットの色が付いているので余計に不思議な色。)
b0160123_10595844.jpg




長距離バスの車内はこんな感じ。
b0160123_15415019.jpg
遠景にはテーブルマウンテン。
一等の長距離バスは広くて、エコノミーの飛行機より快適な乗り心地です。

グアダラハラでは空港の前にも農作物としてではなく、観賞用としてアガベが沢山植栽されていました。
b0160123_1543048.jpg
この地域を特徴づける植物(作物)なのです。

屋台の装飾にも使われているのを発見。(テキーラを採るアガベとは違う品種のようです)
b0160123_15434019.jpg





こちらはグアダラハラ郊外の街、トラケパケ。
b0160123_15444926.jpg
街の色彩からして暖かそう。
この通りは歩行者天国になっていて、地面に植えられた街路樹と、店舗の前に置かれた大鉢植栽が組み合わさって、魅力的な景観を創り出していました。
(この辺りは高級なレストランやお土産物屋が並ぶ場所です。)
b0160123_15451245.jpg



街路樹と大鉢に植えられたつる草でゲートを作った事例。
b0160123_15454650.jpg
大阪や東京などでは、道路法を改正して歩道にカフェなどが出来ているので、日本でも可能だと思います。

こんな植込みはまさにメキシコ! という雰囲気。
b0160123_15502798.jpg
(実際には植わっているアロエもシュロガヤツリもアフリカ原産ですけれど・苦笑)
植木鉢の種類も色々凝っていて個性的。


メキシコ人が得意な刈り込み樹形。
b0160123_15483575.jpg
日本でも刈り込みの庭をよく見かけますが、こんなゲートや噴水と組み合わせると、また違った雰囲気になって魅力的です。
b0160123_15493413.jpg

b0160123_11301455.jpg

植えてある植物からして暖かそうだなぁ。。。




[PR]
by coca-z | 2014-12-20 00:00 | 551-560
植物生活555
朝起きると、中国山地は墨絵のようなモノクロの世界。
b0160123_14443397.jpg




車で瀬戸内海へ近づくと、季節が逆回転して色彩が戻ってきます。
b0160123_14452421.jpg
b0160123_14453699.jpg
b0160123_14454611.jpg


川合玉堂の絵を想わせる色彩が美しい。




[PR]
by coca-z | 2014-12-18 00:00 | 551-560
植物的生活554
朝の3時半起きで花市場に向かって、その後いけこみ。

花をいけさせていただくのは、吉岡佐知さんと渡谷圭子さんの作品。

今回の展覧会のテーマは 「初春」 とのことで、それに合った花をいけさせていただきました。
前回はこちら※  前々回はこちら※
b0160123_063483.jpg
花材は大王松・雲竜梅・南天・赤芽柳。
チーク材を彫り出した器に入れてみました。

ただ、色々あって終了したのが夜だったので、暗くて写真が綺麗に撮れない。。。

下の写真は先だって行われた京都展会場で、いけこみの資料として撮影させていただいた同じ吉岡佐知さんの絵。
b0160123_0121337.jpg
実物は写真で見るより大振りで美しい、金箔で描かれた仏手柑です。

渡谷圭子さんの絵も、本物は優しい色合いの絵なのですが。。。
b0160123_0133523.jpg
「剣山無し」 の方法で早春の花、ロウバイとニホンズイセンをいけたのですが、微かな蛍光灯の光では綺麗に撮影できません。

同じくこちらは京都会場で撮影した作品。
b0160123_0153976.jpg
実物のロウバイとスイセンは良い香りを漂わせているので、お時間の御都合が合えば、是非会場にてご高覧下さい。




第11回現代日本画の試み展「初春」

〈大阪会場〉
期間:2014年12月16日(火)〜12月23日(火)

時間:12:00〜18:00 (最終日16:00)

会場:壽光寺
大阪府大阪市西成区玉出東2丁目9−29





寝不足ながら、明日は早朝から広島へ出張。。。師走も相変わらず走りまくってます・・・汗



[PR]
by coca-z | 2014-12-16 00:00 | 551-560
植物的生活553
車を眺めるための庭を施工中。
b0160123_11581965.jpg
b0160123_115827100.jpg
建築の設計はL.D.HOMES®(株式会社 ラブデザインホームズさんです。




[PR]
by coca-z | 2014-12-11 00:00 | 551-560
植物的生活552
晩秋遅くに咲くテネシーコーンフラワーは、花色が濃いなぁ。(2014年12月5日撮影)
b0160123_230165.jpg
しかもいつまでも咲いてるし。(すでに開花し始めて3週間くらい経ってます)


こちらは11月21日撮影。(上の写真と同じ花です)
b0160123_2383898.jpg
現場に行く前の朝に撮影したので、暗く写っていますが・・・。


こちらは7月に咲いたテネシーコーンフラワー。(2014年7月19日撮影)
b0160123_23121852.jpg
花色がくすんで、乾いた良い雰囲気。(背景はモッコクの黄金葉品種)

真冬も咲き続けるエキナセア ’サンダウン’はこの原種の血が色濃く入っているのかもしれません。





こちらは普段よく通る雑木林の林縁に咲くモチツツジ。
b0160123_2305491.jpg
毎年秋にも花を咲かせる個体。
来年は枝を少しもらって挿木してみようかな。木陰で咲く、というのも使いやすい性質です。

こんな季節になってもまだ蕾が沢山あります。(オレンジの輪の部分)

寒い時期に咲く白い花も、キリっとして素敵ですが、暖色系の花は暖かい雰囲気がして和みますね。笑




[PR]
by coca-z | 2014-12-09 00:00 | 551-560
植物的生活551
ほとんど真っ白に咲いたツバキ ’絞り初嵐’ に、蜜を吸いに来たメジロの爪痕がついて、吹っかけ絞り模様風・苦笑
b0160123_2223179.jpg
それでもドレープのような白い花弁が美しい。

左下に見えるのはアイビー ’ゼブラ’。葉の形も斑の入り方も特徴的な品種です。
もう我が家に来て10年近く経ちますが、その間に気に入っていたアイビーの ’ペパーミント’ や ’ミダスタッチ’ が枯れてしまったのが悔やまれる。。。

それでも、未だに特徴的なアイビーがいくつも庭に育っています。




[PR]
by coca-z | 2014-12-08 00:00 | 551-560



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
未分類
以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(530)
(330)
(141)
(139)
(131)
(81)
(65)
(46)
(34)
(34)
(33)
(32)
(24)
(22)
(15)
(15)
(13)
(10)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧