<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
植物的生活237
自転車で数分の場所で知人が家具の個展をしていたので、仕事の合間に見てきました。

途中、暗闇の中にとてもいい香りが漂ってきます。

周りを見渡すと、エンジェルトランペット(キダチチョウセンアサガオ、ダチュラ)の香りでした。
b0160123_0184626.gif
(写真奥に見えるのはピンクリボンのライティングがされた空中庭園)

20年ほど前は冬の寒さで戸外越冬できなかったエンジェルトランペットも、最近はあちらこちらで大きな木を見かけます。
温暖化、ヒートアイランド化の影響でしょう。

エンジェルズトランペットは夜に強い香りを放ちます。
初めてその香りをかいだのは昔、ジャワ島の火山、ブロモ山を訪ねた時でしたが、月明かりに「ぼおっ」と浮かび上がる花から漂う濃厚な香りに驚いたことを思い出しました。




現在中津のクレフテさんで開催されている 「中津中央公園第二」 西良顕行(さいりょうあきゆき)座るモノ展  はいい意味で期待を裏切られる、とても良い展覧会です。

ご興味のある方は是非御高覧ください。




「中津中央公園第二」  座るモノ展  西良顕行


会期 2011年10月17日(月)~10月29日(土) 
   10月23日(日)は定休日
時間 19:00~24:00 

場所 クレフテ 1F gallery
Address <〒531-0071 大阪府大阪市北区中津3-18-1>
TEL/FAX <06-6375-8368>



[PR]
by coca-z | 2011-10-26 00:00 | 231-240
植物的生活236
毎日打ち合わせのために、あっちへ行ったりこっちへ行ったりする日々ですが、先日和歌山の打ち合わせに出かけました。

和歌山は紀州青石と呼ばれる緑泥片岩の産地。現在は採集が禁止されていますが、その石で造られた様々な景観が印象的でした。
b0160123_1136258.gif
お寺の石積みですが、まるでお城のよう。人力だけで造り上げたものだと思いますが、どのようにして造ったのでしょうか。
とてつもない迫力がありました。

b0160123_11385073.gif
漢字の看板や幟(のぼり)がなければイギリスの湖水地方のようにも見えます。



石碑も青石。
b0160123_11513550.gif
流麗な文字と青石の美しい積層模様がマッチして、西本願寺本三十六人家集(にしほんがんじぼん さんじゅうろくにんかしゅう)を見るようです。


b0160123_1137812.gif
街ではこんな塀も数か所で見かけました。土塀ならぬ青石塀。

神社も青い岩の岩戸を利用して作られています。

b0160123_11393494.gif
こちらは天然の岩盤をくり抜いて造られた手水鉢。


b0160123_1140719.gif
祠も岩の中です。
左に見える松の樹皮は岩と一体化して、とても見ごたえのあるものでした。



松の樹皮と岩の質感と言えば、学生時代に訪れた南仏のマーグ財団美術館を思い出します。
b0160123_11421498.gif
現代美術のコレクションで有名な美術館ですが、建物は現地の石が貼られていて、庭には多くのヨーロッパアカマツが植えられています。

その岩と樹皮の色やテクスチャーがそっくりなのです。
美しく管理された芝生と不思議な現代彫刻が相まって、面白い景観を創り上げていました。



打ち合わせ場所へ行く途中には他にも
b0160123_11443265.gif
おしゃれな色彩のパッチワークのようなトタン壁や、

b0160123_11485850.gif
テープが剥がれて、ちょっと今風のフォントになった社名、

b0160123_11494194.gif
お手入れ中の庭などが気になりました。
裏山と庭が繋がっているのですが、手前の庭木を刈り込むことで領域が浮かび上がってくるのが興味深いところです。



[PR]
by coca-z | 2011-10-19 00:00 | 231-240
植物的生活235
今年はキンモクセイの当たり年のような気がします。

先週、打ち合わせで芦屋に出掛けた時、空気がキンモクセイの香りで満たされていました。

キンモクセイは花が二回に分けて咲くのですが、普段一回目は少し控え目に咲き、その後一週間ほどして二回目の花が盛大に咲きます。

先週、キンモクセイの香りをかいだ時、あまりに素晴らしい香りだったので、「今年はバタバタしているうちに一回目の開花を気づかず過ごしてしまったのか。」 と思っていました。

今まで一度目の開花のキンモクセイを見逃すことはなかったので、心に余裕がなかったのかとショックを受けていたのですが、今日、仕入先近くに植えられているキンモクセイを見て少し安心しました。

先週の開花は一回目だったのです。
b0160123_2340646.gif

こちらが今日見たキンモクセイの写真。

一回目の花が散りかけていて、次の蕾が沢山ついているのがわかります。

今年はツイッターなどでもキンモクセイのことをつぶやいている人を沢山見かけましたが、それも当たり年だったせいなのかもしれません。

中国の桂林はキンモクセイが沢山植わっていて、花の季節には町中キンモクセイの香りに包まれると子供のころ本で聞きかじり、いつか行ってみたい街のひとつなのですが (中国語で桂はカツラではなくキンモクセイをさします)、今年のキンモクセイの香りはそれを彷彿とさせるものでした。

香りの風景と言えば香水の産地、地中海グラース周辺のラベンダーも子供のころから憧れだったのですが、学生時代に訪ねることができたので、現在桂林と並んで行ってみたい香りの風景と言えば鹿児島県の甑島(こしきじま)。
以前紹介したカノコユリの原産地で、花の季節には島がユリの香りで包まれるとのこと。

いつか訪れてみたいものです。



[PR]
by coca-z | 2011-10-09 00:00 | 231-240
植物的生活234
車の運転が好きではない植物事務所COCA-Zは打ち合わせ時も、出来るかぎり電車利用しています。

お施主様にも 「駅から歩いてきたんですか!?」 と驚かれることがしばしばなのですが、今日も電車で出掛けた打ち合わせ終了後、来た道とは違うコースで植物観察をしながら駅へ向かっていたら、とても気になるエントランスの家を見つけました。
b0160123_1938739.gif

階段に置いてある小さな看板をよくよく見ると、中でイベントをやっているとのこと。

建物も気になる雰囲気だったので、これはしたりと中を見学させていただき、お話を伺うことに。

庭は御自身で手入れなさっていると聞いてびっくり。アプローチも、玄関正面にあるシロヤマブキの坪庭も、室内の観葉植物や活けられた花も、みんな素晴らしいセンスです。

建築のディテールも隅々までこだわりがあって、感心してしまいました。

イベントでは花を活けるのにぴったりな竹かごをゲット。

徒歩移動には、こんな素敵な発見や出会いがあるのでやめられません。笑




偶然巡り合った素敵な場所 「at home (山芦屋のレンタルスペース)」 さんのブログはこちら



[PR]
by coca-z | 2011-10-03 00:00 | 231-240



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
未分類
以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(541)
(338)
(145)
(140)
(131)
(81)
(66)
(46)
(35)
(34)
(34)
(32)
(24)
(22)
(17)
(15)
(13)
(11)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧