<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
植物的生活271
b0160123_22451325.gif
今日は天候が悪く、現場には日曜日に入ることになったため、急遽尼崎市で行われている「春の椿展」に行ってきました。

いつもツバキのことを色々教えていただいているコーベ・カメリアソサエティ会長の岸川氏が、年齢を考えて膨大なツバキのコレクションを人に譲ることになり、御本人が出品するのは今年最後とする、との御連絡をいただいたからです。

植物事務所COCA-Zは昨年シンガポールでの作品制作のため日本におらず、ツバキの季節を逃してしまったので二年ぶりの展覧会。
b0160123_2247509.gif


やはり久しぶりに沢山のツバキを見ると魅了されます。
b0160123_22504568.gif


写真では大きさが判りづらいのですが、街中で見るようなツバキと全然大きさが違います。


b0160123_22514015.gif
写真としては美しくないですが、手を入れて大きさが判るよう撮影してみました。
(写真映えしない手で恐縮です・恥)

大きさを御想像いただけるでしょうか?
左の白い花はモクレンのようにも見えます。

大輪のアメリカフヨウのように、花もただ大きいだけでは下品な感じがするだけですが、ツバキはその花びらの質感のせいでしょうか、とてもふくよかで上品な華々しさがあります。

b0160123_22545773.gif
こちらの花などは大きさも花型も、まるでシャクヤクのよう。

地上に咲く宿根草のシャクヤクとは違い、このような花が高い位置で立体的に咲いている空間を想像すると、なんだか不思議な気さえしてきます。

b0160123_22562965.gif

会場には岸川氏と西村氏の育てた多種のツバキをはじめ、会員の方が丹精こめて咲かせた花や、ツバキの実などを使った工芸品などが並べられています。(上の写真は ‘ヌチオズジェム’ )
植物事務所COCA-Zが拝見していた時には、わざわざ島根の出雲から、見事な洋種ツバキを持って来られた方もいらっしゃいました。



b0160123_2325536.gif
シックな赤の ‘ロイヤルベルベッド’
b0160123_2324524.gif
黒が印象的な ‘ナイトライダー’
b0160123_2331262.gif
ほんのりと黄色がかった ‘レモンドロップ’ など、様々な色と形のツバキを楽しむことが出来ます。

展覧会は明日まで。

お時間のある方は是非ご高覧ください。



月 日: 3月31日~4月1日(土・日)
      午前10時~午後4時

会 場: 尼崎市中央公園パークセンター緑の相談所
      (阪神尼崎駅前) 
     住所 尼崎市神田中通1-4
     TEL  06-6411-8714
    
交 通 :  尼崎市中央公園パークセンター緑の相談所は阪神電車尼崎 駅を北側に出て、道を隔てたすぐのところです。



[PR]
by coca-z | 2012-03-31 23:13 | 271-280
植物的生活270
現場や打ち合わせであっちへ行ったり、こっちへ行ったり。

その合間に生産農家さんの畑を見学してきました。

b0160123_0234936.gif
植物事務所COCA-Zにとってはパラダイス!

今まで本やネットでしか見たことなかった植物や、存在も知らなかった植物たちが満載で、「この木はこんな庭づくりに使ったらいいだろうなぁ。」 とか 「ここの木は、こういった仕立て方をして、こんなテーマの庭に。。。」 と妄想は膨らむばかり。
b0160123_0501834.gif

「でもレア植物だけに、嫁入り先をちゃんと考えないと、珍しい物が好きなだけの人では、飽きられた時に木が不幸になるな」 と考え事も先走り気味。苦笑

いくつか撮影したものの、その植物の良さを伝えられる写真がないのが無念。
(と言うか、実物を前に興奮しすぎ + 質問しすぎ で写真撮るのを忘れてました・苦笑)


中には一般的に見る植物でも、こんな使い方をすれば新しい風景を創ることができるな、という事例も。
b0160123_029495.gif


写真はフィリフェラオーレア。

一般的に低木として群植されるか、背を高く仕立てたものがシンボルツリーとして使われる樹種ですが、ここで見かけたのは背丈ほどのものを集め、マス(塊)とした植栽。
b0160123_0313226.gif

遠目にみると、まるでミモザの花か、メラレウカの黄金葉の品種 ‘レボリューションゴールド’ のように見えます。
隣の杉や、背景の暗いカシの木の色も、この色彩を引き立てる要因でしょう。

枝垂れ品種なので、風が吹くと柔らかな枝がそよいで、春らしい風景です。


次から次へと質問を浴びせ(苦笑)、大変勉強になった一日でした。



[PR]
by coca-z | 2012-03-31 00:00 | 261-270
植物的生活269
b0160123_16114263.gif
屋上にも春のたより。




[PR]
by coca-z | 2012-03-28 00:00 | 261-270
植物的生活268
夕方、用事があって久しぶりに通りがかった、うつぼ公園。

バタバタしてお昼を食べていなかったので、久しぶりにタケウチでパンを買い、公園のベンチに座って美味しいパンを味わっていたら、こんなものが目に入りました。
b0160123_22575573.gif

シュラブ系バラの花壇ですが、植物事務所COCA-Zが注目したのは支柱。
焼き丸太が使われています。
綺麗に手入れされた植物でも、緑色の目立つ工業製品の支柱が使われているとガッカリですが、これは周囲の枕木とマッチしていい雰囲気。


うつぼ公園は、大阪の街中で中之島公園と並ぶバラスポットですが、食事をしながら、数年前、大阪で見かけた小さなバラ園を思い出しました。

b0160123_23324.gif

b0160123_2341868.gif


今は閉館してしまったサントリーミュージアム・天保山に行く途中に見つけたもの。
どうも目の前の会社が独自に設置したもののようです。

さまざまな色のコンテナの中には青空模様や
b0160123_23695.gif

クライミングローズ(つるばら)用のもの
b0160123_2363349.gif
などがあって、なんだか楽しい雰囲気。ひとつひとつに、ちゃんとバラの品種名が印刷され、表示されています。

咲き始めたバラを見ていると、花色に合わせて色を塗っているよう。(日曜日で会社が閉まっていたためヒアリングできませんでした)
b0160123_2381154.gif
これは‘レミーマルタン’というオレンジ系のバラ。水色のコンテナが花色を引き立てます。


この小さなバラ園の近くには、こんな場所も。
b0160123_239136.gif
不要になったハシゴを利用して作られたブドウ棚。
これも別の会社が管理しているようです。

近づくとこんな感じ。
b0160123_2310979.gif
なかなか絵になります。

会社や個人の家が、こんな風に植物を育てれば、緑の少ない大阪の街も散歩が楽しくなるのになぁ、と思う植物事務所COCA-Zなのでした。



[PR]
by coca-z | 2012-03-15 00:00 | 261-270
植物的生活267
先日、スタンダードブックストア心斎橋店さんに伺ったとき、たまたま見つけた写真集。
b0160123_16324789.gif
ホンマタカシさんの 『その森の子供』 です。

福島の森と、その場所で生えたキノコを写した写真集ですが、放射性物質の汚染を思い起こすと、美しい写真からは寒気さえ感じます。

子供のころから草花を育てている植物事務所COCA-Zは土づくりがどんなに大変か身をもって知っているので、土地を汚染されてしまった農家の方々の無念さは想像して余りあります。

昨年京都で行われた 「味覚の一週間」 の対談で、東京 「オテル・ドゥ・ミクニ」 の三國清三さんが 「世界一安全と言われていた日本の食べ物が、今では世界一危険な食べ物に変わってしまった」 と発言されていましたが、食べ物だけでなく、セシウムが強固に結び付くという土そのものを運ぶ造園や園芸業界も、今後汚染とどのように向き合っていくか、継続して考えていかなければならないでしょう。

今回の事件を元に、美しさと強いメッセージ性を備えた作品を世に送り出したホンマさんをはじめとするこの本の関係者に、強い尊敬の念を抱かずにはいられません。



[PR]
by coca-z | 2012-03-11 00:00 | 261-270
植物的生活266
今週は施工のため、初の沖縄本島へ出張に行き、本日戻りました。
植栽工事を行う家に泊めていただき、お施主様たちと共に施工を行うという業務内容です。

現場に着くと、美しい音色でさえずるシロガラがお出迎え。
b0160123_0552072.gif


現場の家には雨水を利用した小さな池がふたつあり、夜になると、池に住むリュウキュウカジカガエルが小鳥のような気持ちの良い歌声を聞かせてくれます。

カジカガエルの声を聴きながら眠るのは素敵な体験で、周囲の静かな環境の中、とても魅力的なサウンドスケープが広がる場所でした。

植栽工事は(有)野国農園さんの多大な協力もあり、無事終了したのですが、現場の写真はいずれ掲載される雑誌に譲ることとします。


最終日、写真家の市川かおりさんの案内で沖縄のランドスケープの視察に出かけました。
b0160123_103247.gif
夕日を受けて輝く首里城。

琉球国王は太陽と同一視されていたため、朝日を背景に西向きに宮殿が建てられた、との説があるそうで、夕日の時間に訪れると、赤と金色に塗られた正面の壁が眩い光を放ちます。

この日は雨が降ったり止んだりの天気で、宮殿前広場が濡れていたため、床が鏡のようになって一層美しい景色でした。

やはり違う文化圏だけあって、城壁の石積も九州以北で見るものとは、まるで違います。
b0160123_151098.gif
b0160123_15233.gif
b0160123_154019.gif


王城には10か所の神聖な拝所があり、壁で囲まれた空間には木が茂っていました。
b0160123_1102711.gif
日本を含む世界中で見られる、樹木信仰の形態のひとつとも言えるかもしれません。

撮影禁止だった王宮庭園はソテツと石灰岩の自然石を使った他には見られないもの。
背景となる石塀の部材を小さくして、手前の自然石を大きく見せるなどの工夫が見られます。





学生の頃から一度訪れてみたかった名護市庁舎も、今回初めて訪問することが出来ました。
b0160123_1143334.gif

1981年に竣工した建物ですが、すでに遺跡のような風格があります。

できるだけ自然の風を屋内に通したり、テラスを週末にも市民に開放するなど、環境やコミュニティにも配慮した素晴らしい建築で、植物事務所COCA-Zは大変な感銘を受けました。
b0160123_1174654.gif

b0160123_118253.gif

b0160123_1181190.gif

b0160123_1182384.gif

b0160123_1183370.gif





他にも感銘を受けたのはカフェ 「浜辺の茶屋」 と 「山の茶屋・楽水」 。
b0160123_126048.gif

b0160123_1261620.gif

同じオーナーのカフェだそうですが、山の茶屋周辺は新しい庭園工事が進んでいて、この5月にオープンする予定とのこと。

周辺の地名から 「サチバルの庭」 と名付けられていますが、きっと沖縄を代表するガーデンとなることでしょう。
b0160123_223778.jpg

b0160123_127126.gif

b0160123_1272283.gif

b0160123_1273385.gif

b0160123_1274931.gif





そして、首里城とならぶ世界遺産の斎場御嶽(せーふぁーうたき)。
b0160123_130360.gif

かつては王族のみが入ることを許された聖域です。

ここでは信仰の対象となる場所が世界遺産に指定されることによる功罪と、信仰の場所にも容赦なく降りかかる戦争について考えさせられました。
b0160123_1315656.gif

斎場御嶽(せーふぁーうたき)内にある小さな池。
ヤモリやオタマジャクシが泳いでいて、のどかな風景に見えましたが、説明を読み、第二次世界大戦中に落とされた爆弾によって出来た穴の跡だと知ると、見えてくる景色が違ってきます。




[PR]
by coca-z | 2012-03-10 00:00 | 261-270
植物的生活265
モクレンの写真を探していたら、こんな写真が出てきました。
b0160123_1301247.gif
こちらも一般の住宅の庭先。
六月の朝、打ち合わせに行く途中、見つけた景色です。

緑のスモークツリー(Cotinus coggygria)の質感と、青いコンボルブルス・サバティウス(Convolvulus sabatius)の取り合わせが見事。

角を曲がると、こんな景色が見える街に住みたいものです。



[PR]
by coca-z | 2012-03-03 00:00 | 261-270
植物的生活264
菜種梅雨、ひと雨ごとに春の訪れを感じさせます。

梅の便りもあちらこちらから聞こえますが、植物事務所COCA-Zにとって、ロウバイ、ウメに続く春の花と言えばモクレンの仲間。
b0160123_22484583.gif
写真は春雨に煙る赤松の林に咲くハクモクレン。

コブシやモクレンの仲間は花が大きく、なんとなく長閑(のどか)で大らかな雰囲気がします。寒さの緩む季節のせいか、見る人の心を和ませる、植物事務所COCA-Zもお気に入りの花。

それでも 「いけばな」 とするにはバランスが難しく、なかなか手ごわい花です。苦笑


b0160123_2249897.gif
こちらはもう少し後に咲く紅色のモクレン。植物事務所COCA-Zが毎年見るのを楽しみにしている一般の方の庭先の木です。

交通量の多い道路に面しているのですが、高さは5mほどでしょうか。
それぞれの家に、こんなのびのびと育ったシンボルツリーがあれば、散歩も楽しい町になりそうです。



[PR]
by coca-z | 2012-03-02 00:00 | 261-270



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
未分類
以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(499)
(309)
(135)
(125)
(123)
(79)
(59)
(44)
(33)
(33)
(33)
(32)
(24)
(22)
(13)
(12)
(12)
(9)
(8)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧