植物的生活853
安藤忠雄氏設計の 「日本橋の家」 にて閑谷学校の写真展があると聞き訪れたところ、偶然オーナーの方がいらっしゃって一階のギャラリーだけでなく、上階まで建物全てを見学させていただきました。

ほぼ人のいない空間でじっくりと佇むことが出来る時間。 

至福の時です。(住宅は基本的に少人数のための空間として設計されるので、大勢で見学すると空間の質が変わってしまう)


階段室に踏みこんだとたんに感じる、詩的で上質な空間。

限られた敷地内ながら、4階まで見通せる階段室のパースペクティヴと、2階から4階へ縦に繋がる吹き抜けの空間をとることで、雑踏の日本橋とは思えない豊かな空間を産み出されています。



「皆さんに、この空間を味わっていただければ、それで私は嬉しいんです。」

と仰られていたオーナーの心意気に、大変感じ入りました。







閑谷学校は植物事務所COCA-Zも数年前に訪れたことがあります。
b0160123_22215280.jpg
(有名なカイノキの新緑 2011年5月8日撮影)


藩主の意向で、未来の宝となる子供の教育に力を入れるために創られた施設群。

施設を将来に渡って受け継ぐことが出来るように、建物の火除けとなるべく作られた土手のランドスケープや、
b0160123_22342670.jpg
焼成が難しいけれど耐久性のある備前焼の瓦の採用など、随所に未来を見据えた設えがあり感銘を受けるのですが、植物事務所COCA-Zが最も心を動かされたのは 「椿山」 と呼ばれる藩主・池田光政の供養塚です。


残念ながらカメラのバッテリーが切れて、当時すでにボロボロだったガラ携 (10年目の現在も使用中) で撮った写真しか残っていないのですが、
b0160123_22342729.jpg
スミレの花がチラチラと咲く芝生の塚の前には、掃き清められた砂地の中にツバキが沢山植えられていて、その赤い花が白い砂地の上にポツリ、ポツリと散華のように散り敷いています。

サッと光が挿すと木漏れ日が煌めいて、世界が変わります。
b0160123_22342733.jpg
ツバキをこれほど植えた塚は見た事がないので、何故だろうと調べてみると、藩主を慕った家臣が藩主の意向を後世に伝えるため、供える灯明の火が消えない様、椿油の取れるツバキをたくさん塚の前に植えたとのこと。
藩主と教育に対する愛情に溢れる空間です。


植物事務所COCA-Zが訪れた時は丁度、小学生が課外学習で自ら箒を持って、この参道を掃き清めていました。

ツバキの落花が散華のように美しく見えたのは、枯葉が掃き清められていたからだったのです。



17世紀に創られた学問所が、こうして21世紀にも学童によって美しく維持されているとは。。。
b0160123_22342650.jpg
数百年受け継がれる志を、まざまざと感じる事が出来る空間で、強く心を動かされました。
















[PR]
# by coca-z | 2017-10-01 17:00 | 851-860
植物的生活852
お手伝いしているプロジェクトの視察で、日帰りの浜松出張。新名神中央分離帯のススキが美しい。
b0160123_14371364.jpg
視察先では 「アイスクリーム蜂蜜がけ」 が美味しかった!(註・仕事です)



運転してもらっていたので、いつも通る度に気になっていた鈴鹿の畑の写真を、初めて撮ることが出来ました。
b0160123_14033713.jpg
今度は間近で見てみたい。




[PR]
# by coca-z | 2017-09-30 17:01 | 851-860
植物的生活851
植物事務所COCA-Zがお手伝いした 島田陽建築事務所/タトアーキテクツ(Tato Architects)さん設計の「防府の住居と事務所」 
b0160123_23164648.jpg
が現在発売中の雑誌 『住宅特集10月号』 に、




島田陽建築事務所/タトアーキテクツ(Tato Architects)さん設計の The BLEND INN と、dot architects/ドットアーキテクツさん設計の The BLEND STUDIO
b0160123_23164625.jpg
が現在発売中の雑誌 『商店建築10月号』 に掲載されています。

ご興味のある方は是非、御高覧下さい。









[PR]
# by coca-z | 2017-09-29 17:00 | 851-860
植物的生活850
磯崎さんと藤森さんの 「にわ」 談義を読んでいたら、伝世する仏舎利 (ブッダの遺骨) は、世界で唯一スリランカのものだけが本物と言われている、という事を知りました。

仏歯がおさめられている佛歯寺の独特の雰囲気はそこから来るものだったんだ。
b0160123_01543580.jpg
仏歯の前に供えられる花。


b0160123_01543645.jpg
b0160123_01543511.jpg

供花はお寺の周辺で売られています。
b0160123_01545060.jpg
b0160123_01562678.jpg

木製の柱を複雑な継手で継ぐのは、日本に限ったことではない様です。
b0160123_01562673.jpg
b0160123_01562634.jpg
b0160123_01562500.jpg
本堂脇にある王の集会場。屋根瓦が鱗模様になっていたりしますが華美にならず、素朴で品のある美しい木造建築でした。

日本の古寺に通じる美しさがあります。

(いずれも2015年5月20日 スリランカ・キャンディにて撮影)



















[PR]
# by coca-z | 2017-09-28 17:00 | 841-850
植物的生活849
何だこれは!!!
b0160123_22535275.jpg
どこに驚いたかお判りでしょうか?





















ここです。
b0160123_22535183.jpg


マツの幹から大量に胴吹きの芽が出てる!
b0160123_22553214.jpg
(2017年9月23日京都府立植物園にて撮影)


マツは胴吹きしないから、剪定が特殊で難しいとされているのですが、こんな性質のマツなら仕立直しが簡単に出来そう!
b0160123_22553142.jpg
この木には樹名札が無かったので、樹種名不明。近くにはテーダマツの札がかかっていましたが、この木はどうも違う感じ。

胴吹きしている木は2本ありました。





植物園には他にも色々な魅力的なマツが。

こんなテクスチャーのマツを使えれば、面白い景色を創り出せそう。
b0160123_00295979.jpg
b0160123_00295913.jpg
ダイオウショウより柔らかい雰囲気。

こんな樹名札がついていましたが、
b0160123_00402019.jpg
Pinus pseudostrobus var. oaxacana オークサカーナマツ
スペイン語読みでオアハカマツのほうが通りがいいような。。。


名前からしてオアハカのマツだろうな、と昔に訪れたオアハカの写真を見てみたら、それらしきものが写っていました。

でも、オアハカ植物園内で撮影した写真はネット公開しないで、と言われていたので、隣接する教会からの写真を。(オアハカマツはこの写真に写っていません)
b0160123_00445970.jpg
b0160123_01223302.jpg
b0160123_01223399.jpg
b0160123_01230442.jpg
b0160123_01230444.jpg
b0160123_01233403.jpg
(2012年7月25日メキシコ・オアハカにて撮影)


先日の地震でオアハカはかなり揺れたそうですが、植物園は大丈夫かな。。。

(余談: あっちでも、こっちでも多肉植物が植えられる昨今、Casa BRUTUS とかこの植物園の取材に行ったらいいのに。)





京都府立植物園には、他にもこんな魅力的なマツが。
b0160123_00490905.jpg
b0160123_00490917.jpg
葉が柔らかく、葉裏の銀色が美しい。

ブータンマツ(別名ヒマラヤゴヨウ Pinus wallichiana )

樹高から察するに、近年植栽されたもののようです。


こういったマツを使えると、表現の幅が広がりそう。流通してたらいいのになぁ。



京都府立植物園は何度も訪れていますが、色々コレクションが追加されたりするので、何回行っても発見があり面白いです。






[PR]
# by coca-z | 2017-09-25 17:00 | 841-850
植物的生活848
b0160123_22104788.jpg
姫路の現場へ向かう途中、加古川バイパスで大渋滞。

こういうコンテナって、何故カッコ良く見えるんだろうな。水色のマークがグレーの色彩と似合ってCOOL。くすんだ赤の挿し色もいい感じ。


以前、工事させてもらった植栽。
b0160123_22104715.jpg
(2015年11月26日撮影)


当初から心配していたのですが、軒下の植物の生育が芳しくなく、改変することに。
b0160123_22142866.jpg
(2017年5月17日撮影)

軒下は雨も夜露も当たらないので病害虫の被害にあったりしやすく、露天と軒下の植栽地が繋がっていると、水分量の違いが生まれてしまうので管理が難しくなりがち。

建築雑誌などを見ていると、よく軒下植栽が出てきます。雑誌も植えたばかりの写真じゃなく、数年経った状態を見せてくれればいいのに。。。かなりの割合で弱ったり枯れたりしていると思うので、建築関係の方の認識も変わりそう。



改良工事はこんな感じで考えてみました。
b0160123_22215882.jpg
出来るだけ既存植栽を再利用。こんな感じで進めて行きます。
b0160123_22215800.jpg




出来上がり。
b0160123_22234294.jpg
法肩の植栽は昔ながらのヒイラギナンテン (Mahonia japonica)。
最近はマホニア・コンフーサ (Mahonia confusa) に押されて生産量が減っていますが、このザクザクしたテクスチャーは捨てがたい。

コンフーサと違って、花の香りも強いし、日あたりの良い場所で肥料を切らし気味に管理すると複雑な色彩の紅葉も楽しめます。
b0160123_22304965.jpg
(2006年4月1日 神戸市東灘区にて撮影)

今後も継続生産を希望したい樹種です。










[PR]
# by coca-z | 2017-09-24 17:00 | 841-850
植物的生活847

本屋で見つけた時、
「えっ!」
と声が出てしまいました。
b0160123_22282860.jpg
ツワブキのモノグラフとは。。。

『LEOPARD PLANT ツワブキ』 奥野哉氏著 誠文堂新光社 2017年9月15日発行


植物事務所COCA-Zもツワブキには興味があって、いくつかの品種を集めているのですが、この本は凄い!

星斑とウィルスの関係とか、芸を綺麗に観賞する方法、品種改良の進め方など、様々な角度から体験を基に書かれた文章が綴られていて、とても面白い!

どこかから引っ張ってきたネット上の情報などとは大違いです。



でも、この本にも以前京都で見かけた遅咲きのツワブキ※は出てこないな。。。

この時以来、このツワブキを観察していないので、また冬になったら同じ時期に咲いているか確認してこよう。


本によると、やはり地植えにして、ちゃんと芸を楽しめる品種は限られているようです。


植物事務所COCA-Zが最初にツワブキを庭園素材としていいな、と思うようになったのはこの本のお陰。
b0160123_22282810.jpg
『日陰の庭のシェードガーデニング』 奥峰子氏著 文化出版局 1997年7月7日発行

本で紹介されていた ‘金環’ と ‘浮雲錦’ いう品種がとても魅力的だったのです。

この本からはツワブキだけでなく、クマザサ、エビネ、ヒマラヤユキノシタ、アオキ、キノミセンリョウ、ボタン、ジンチョウゲといった古臭いイメージだった植物が、使い方次第で新鮮に見えることを教えてもらいました。
サクラのグランドカバーにヒースを使った写真なども眼から鱗。

冬でも青い西洋芝を背景に咲くマンサクが美しすぎて、写真が撮影されたベルギーのカルムタウト樹木園まで視察に出掛けたこともあります。

購入してからもう20年も経ちますが、今でもよく読み直す大事な本です。








[PR]
# by coca-z | 2017-09-19 17:00 | 841-850
植物的生活846
台風直前、用事があって雨の淡路島へ。

帰路、高速バスから車窓風景を見ていたら、中央分離帯のキョウチクトウが奇妙な枯れ方をしていました。(事故渋滞中でスピードはゆっくりでしたが、窓が濡れていたので画像が不鮮明です・汗)
b0160123_21154768.jpg
(2017年9月16日淡路島にて撮影)

葉がヘンな具合に萎れているし、根腐れかな?とも思ったのですが、今年の夏、関西エリアは東京のように雨が多かったわけではありません。
b0160123_21164785.jpg
(2017年9月16日淡路島にて撮影)

葉は下からとか上から順番にではなく、一気に萎れていて、中には枯れてしまっている株も多数。。。

観察していると、確かではありませんが除草剤の影響のような気がしてきました。もしそうなら高さが3mもあるキョウチクトウが何本も枯れるって、どれだけの濃度の薬を撒いたんだろう・・・。

生き残っている株も一度全ての葉を落し、その後出てきている芽が変な感じ。
小さな葉がビッシリと着いていて、あまり見かけない気持ちの悪い芽の出かたです。

周囲に植わっているモウソウチクも何本か枯れているのを見ましたが、高速道路のすぐ近くには田んぼも沢山あるのに影響は無いんでしょうか・・・


2年前の夏に通った時は、こんなに綺麗だったのに・・・
b0160123_04174383.jpg
(2015年8月10日淡路島にて撮影)








[PR]
# by coca-z | 2017-09-18 17:00 | 841-850
植物的生活845
仕入れ先で育て方の情報を色々教えてもらい、植え方や場所を工夫した カッレクス・エラータ ‘オーレア’ (Carex elata 'Aurea')。
b0160123_22161647.jpg
(2017年9月12日 大阪市大正区 The Blend Innにて撮影)


管理されている方の愛情もあって、大阪市内の暑い夏を乗り切りました。綺麗な色だなぁ。


これで予定通り来春にはアジュガ・レプタンス (Ajuga reptans) の紫色の花と、黄金葉の組み合わせが楽しめそうです。







[PR]
# by coca-z | 2017-09-16 17:00 | 841-850
植物的生活844
庭の手入れの昼休み、お昼ごはんを買いに行く途中で、何やら重く甘い香りが。

見上げると廃校になった小学校で茂ったクズ (Pueraria lobata) の花でした。秋の七草。


現在では世界侵略的外来種ワースト100に選ばれているクズですが、昔の国内の園芸書を見ると藤棚に利用されている事例も見られます。


高知の牧野植物園の中庭には、クズの変種・シロバナクズ (Pueraria lobata f. leucostachya) が植栽されていて、タイワンマダケ(Phyllostachys makinoi) の葉との組み合わせが綺麗でした。

二階デッキから見た風景。
b0160123_23564048.jpg
手摺に絡ませてあるのがシロバナクズです。


見学時に丁度咲いていたシロバナクズの花。
b0160123_23571278.jpg
(2017年7月12日撮影)


シロバナクズもタイワンマダケも大きくなる植物なので、いずれも一階に地植えして、二階まで伸ばしてあります。
b0160123_00013014.jpg


クズを描いた絵と言えば、酒井抱一の 「夏秋草図屏風」 が有名ですが、大きく平面的な葉っぱはナカナカ絵になるので、いけばなの素材としても面白い。
b0160123_00154276.jpg
車を運転していると、フェンスや壁面に巻き付いて登ったクズをよく見かけますが、

「壁面緑化、あれでいいやん。。。」

と思うような事例も時々見かけます。
(マルカメムシが集まるのはちょっと・・・って感じですが。苦笑)





先日訪れた宇治植物公園では、まだ苗でしたが、斑入りのクズが植栽されていました。
b0160123_00030593.jpg
(2017年9月5日撮影)

斑入りなら、若干成長の勢いが弱く、コントロールしやすいかも。




雑草と言えども、使い方次第で結構カッコイイ。
b0160123_00240271.jpg
中央はヨモギ (Artemisia indica var. maximowiczii) 、左はセイタカアワダチソウ (Solidago altissima)。
(2009年9月5日撮影)


こちらは、タネから勝手に生えたと思われるナツヅタ。
b0160123_00304284.jpg
車から降りられない場所だったので、ちゃんと確認出来なかったのですが、おそらくこの隙間から生えているのでしょう。
b0160123_00304220.jpg
(2017年5月13日撮影)

壁面緑化の可能性を感じます。

でも、このように育てるにはタネとか小さな苗から育てないといけないので、成果をすぐに出さないといけないプロジェクトでは待ってもらえないだろうな。。。



以前、批判を浴びたマルビルの壁面緑化も、オーナーや世間が植物の生長する時間を待てない=成果を急ぎ過ぎる から造花を使用する事になったんだと思います。

植栽から3年ほど経った時の様子。
b0160123_00394193.jpg
(2017年1月17日撮影)

風化したのか、批判の影響で撤去したのか、造花はだいぶ減って、かなり実際のツタの割合が増えていました。

最初に造花を使って隙間を埋め、その後に実物のツタを茂らせる方法、マルビルの事例を遡ること数年前、梅田の何ヶ所かで同じ方法で施工されていました。
継続して観察していると、3年くらいでツタの成長が造花を凌駕して造花を覆い尽くし、実際のツタに入れ替わっていました。

安藤さんが住んでいるという噂のタワーマンションのエントランスにも、当時同じ方法でアイビーが植栽されていたので、きっとそれを見て採用したんだろうな。。。とういのが植物事務所COCA-Zの想像です。








[PR]
# by coca-z | 2017-09-14 17:00 | 841-850



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
未分類
以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(541)
(338)
(145)
(140)
(131)
(81)
(66)
(46)
(35)
(34)
(34)
(32)
(24)
(22)
(17)
(15)
(13)
(11)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧