タグ:インドネシア ( 5 ) タグの人気記事
植物的生活819 sanpo
新しいプロジェクトの打ち合わせと視察を兼ねて、以前から行ってみたかった滋賀・近江八幡の たねや・ラコリーナ近江八幡さんへ。
b0160123_23172000.jpg
b0160123_23172529.jpg
特にこの庭が見たかったのです。

田んぼの真ん中に据えられている巨石は、昔スラウェシで見た、巨石が真ん中に転がった棚田※ を想い出させます。


巨石の上に植えられた木は、岩の上に筒状の植栽枠を設け、その回りに芝やコケを張ったものだそう。

いつも通り(苦笑)、手入れしている人をつかまえて質問すると、岩の足元に水道栓があって、そこからホースで水をやっているとの事でした。



しかし、ビックリさせられたのは田んぼの管理。

質問した方の手には鎌が握られていたのです。

聞いてみると、草刈りは刈払機などの機械を使わず、全て昔ながらの方法で鎌などを使って作業を行っているとのこと。
数人の草刈り専門スタッフがいるそうです。(鎌で刈ると、残す草を撰別できますし、カエルやイモリなどを間違って切断してしまう事故も防ぐことが出来ます。)

確かに、畦に生える植物の感じが、普段見かける感じと違う。。。(新しく造成したものなので、樹種は外来種が多いですが。古くから続く畦ほど在来種の多様性が維持されていると言われています。)


そして田んぼのイネは、これまた手植えだそうで、社員の方が行っているとの事でした。

収穫したお米は敷地内のレストランなどで使用するそうです。視察中も数人の方が田んぼに入って手で草取りをしていました。

ムムム。。。力の入れ方が凄い。
b0160123_23235105.jpg
緑化屋根の芝生も、命綱を付けて鎌やハサミで刈り込んでいるとの事でした。




敷地内には、既存の考え方とは違った植物の使用例が沢山あって面白い。


前庭は藤森さんのいつものパターンで、オカメザサ(Shibataea kumasaca) の植え潰しのため、目新しさが無いですが、
b0160123_23271504.jpg

駐車場から庭への入口に設えられたのは、シラカシを刈り込んで作られた生垣ゲート。
b0160123_23282440.jpg


芝生屋根の棟には、ルーフ・アイリス (イチハツ・Iris tectorum) ならぬ、
b0160123_23303280.jpg
ルーフ・キキョウ (Platycodon grandiflorus)
b0160123_23310986.jpg
(芝生屋根は自動潅水で水をやっているっぽい感じ)



芝生屋根の生垣は若松。
b0160123_23321919.jpg
栗林公園に箱松・屏風松と呼ばれる老松の生垣がありますが、こういった柵と一緒に使用した若松は見た事がありません。

以下2枚は栗林公園の箱松・屏風松の様子。
b0160123_23333946.jpg
b0160123_23332727.jpg




たねやさんの敷地は道路沿いに盛土とオフィス棟を建てて壁を作り、近隣の山との間に園地を設け、一つの世界を創り出しています。(写真右手がオフィス棟、その向こうに県道が走っています。)
b0160123_23353330.jpg
周囲を見えないように囲むのはテーマパークなどで良く使われる手法ですが、このお陰で車の騒音が遮断される上、刈払機などの不快な音もないので屋根から滴る水の音などもよく聴こえます。



そしてあちらこちらに、ウェルカムフラワーとして寄せ植えが飾られているのですが、
b0160123_23493535.jpg
b0160123_23493408.jpg
b0160123_23493545.jpg
ちょうど入れ替え作業している方を見つけたので質問してみると、これまた外注しているのではなく、社員の方が敷地内で育てた花を、一週間ごとに入れ替えているとのこと!

凄い!!!

この心意気が、多くの人を引き寄せる力になっているのだと感じ入りました。

やっぱり庭は作るだけでなく、愛情を持った維持管理が必須だなぁ・・・


勉強になりました!












[PR]
by coca-z | 2017-06-24 17:00 | 811-820
植物的生活542
秋も本番と言うのに、スイレン ‘オールモストブラック’ (Nymphaea'AlmostBlack') が花を咲かせました。

低い気温のせいか、夜も花を閉じません。
b0160123_1823752.jpg
(2014.11.02. 0:13撮影)

夜が明けて、大雨の前までに何とか現場をひとつこなして帰ってきた時の花。
b0160123_1841288.jpg
(2014.11.02. 13:00撮影)

オシベが見えているので、花は閉じなくてもちゃんと咲き進むようです。


こちらはインドネシア・バリ島で見た夜咲きの熱帯スイレン。
b0160123_1851466.jpg
(2010.09.22. 23:11撮影)
一緒に旅した友人たちに 「セクシーな写真だ」 と評されましたが、夜に咲くスイレンは少し妖しくて、とても魅力的な雰囲気です。





[PR]
by coca-z | 2014-11-03 00:00 | 541-550
植物的生活288
b0160123_2205380.gif
インドネシアはジャワ島から取り寄せた石材。

石を束ねているヒモが手作りで、キュートです!

昔、会社勤めの頃、ジャワ島に留学中だった友人と、東京の友人と3人で現地で落ち合い、ジャワ島横断の旅に出掛けたことがありますが、行く先々でみる工芸品や建築のセンスの素晴らしさは、タイと並ぶレベルの高いものでした。

またそんな旅に出たいものです。


しかし、仕事が忙しい。。。汗



[PR]
by coca-z | 2012-06-01 00:00 | 281-290
植物的生活237
自転車で数分の場所で知人が家具の個展をしていたので、仕事の合間に見てきました。

途中、暗闇の中にとてもいい香りが漂ってきます。

周りを見渡すと、エンジェルトランペット(キダチチョウセンアサガオ、ダチュラ)の香りでした。
b0160123_0184626.gif
(写真奥に見えるのはピンクリボンのライティングがされた空中庭園)

20年ほど前は冬の寒さで戸外越冬できなかったエンジェルトランペットも、最近はあちらこちらで大きな木を見かけます。
温暖化、ヒートアイランド化の影響でしょう。

エンジェルズトランペットは夜に強い香りを放ちます。
初めてその香りをかいだのは昔、ジャワ島の火山、ブロモ山を訪ねた時でしたが、月明かりに「ぼおっ」と浮かび上がる花から漂う濃厚な香りに驚いたことを思い出しました。




現在中津のクレフテさんで開催されている 「中津中央公園第二」 西良顕行(さいりょうあきゆき)座るモノ展  はいい意味で期待を裏切られる、とても良い展覧会です。

ご興味のある方は是非御高覧ください。




「中津中央公園第二」  座るモノ展  西良顕行


会期 2011年10月17日(月)~10月29日(土) 
   10月23日(日)は定休日
時間 19:00~24:00 

場所 クレフテ 1F gallery
Address <〒531-0071 大阪府大阪市北区中津3-18-1>
TEL/FAX <06-6375-8368>



[PR]
by coca-z | 2011-10-26 00:00 | 231-240
植物的生活172
出張目的地のひとつバリ島。最近、中国などのリゾート計画のお手伝いをすることもあるので、その参考視察を兼ねての訪問です。前回訪れたのは12年も前ですが、ここでも雨に悩まされることになります。
普段ならば乾期のはずが、今年は異常気象でずっと雨が降り続いているとのこと。

サウンドスケープ(音の風景)に興味を持っている植物事務所COCA-Zはバリ島のケチャ(大勢の男性が車座になって声のみで奏でる音楽舞台)を見学する予定でいたのですが、当日は大雨。
野外で行われるはずだったケチャは中止となってしましました。普段、植物事務所COCA-Zは晴男なはずなのですが、台湾で嵐を呼んでしまって以降まったくツキがありません。(泣)

バリで落ち合った友人の提案で、「道(MICHI)」というレストランへ、夕食をとりに出掛けることになりました。
「道(MICHI)」は出張前に友人からウェブサイトを教えてもらい、とても気になっていた所です。

美味しい食事をいただいているとオーナーのプロフェッサーDavid Kung(デイビッド クン)氏が偶然現れ、お話をすることに。
噂どおり、とても興味をひく風貌の方です。(プロフェッサーは日本をはじめ世界各地でお仕事をされていたため、日本語も流暢な方なのです)

食後、ホテル棟の見学をさせてもらえることになりました。「道(MICHI)」はレストランだけではなく宿泊施設としても営業されています。各部屋は世界各国の文化をテーマに装飾がなされていました。
b0160123_21155890.gif
(写真はとある部屋のベッドの装飾。ハスと白鷺とオウムのレリーフです。)

友人たちと室内見学をたっぷりと堪能した後、今度はプロフェッサーの私的な書斎に招かれました。
暗い入口から螺旋階段を上ると、その先は本でできた迷路。
床から天井まで本で埋め尽くされています。

本の通路を進むと天井の高い書斎があり、本で囲まれた窓の無いその部屋には、居心地の良い空気が流れていました。
b0160123_21223599.gif

スタッフの方が美味しいコーヒーリキュールを持ってきてくださり、プロフェッサーとのお話が始まります。
御自身が経験された太平洋戦争の話から日本の政治、食文化の話まで、話題はつきることがありません。まるで大学の研究室の講義のようです。(実際プロフェッサーは京都の大学で教鞭をとってらっしゃったこともあり、相手の話を掬いあげるのが大変上手いのです)

コーヒーと月餅(げっぺい・中秋の名月のお菓子)をいただきながら、気がつくと深夜の一時。
ホテルに戻らなくてはなりません。
名残を惜しみながらも不思議な書斎をあとにしました。

外に出ると雨がやみ、空を見上げると満月に虹がかかったmoonbow(ムーンボウ)。
b0160123_2134553.jpg
とても不思議な一夜でした。


「道(MICHI)」のホームページはこちら
[PR]
by coca-z | 2010-10-12 00:00 | 171-180



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
未分類
以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(530)
(330)
(141)
(139)
(131)
(81)
(65)
(46)
(34)
(34)
(33)
(32)
(24)
(22)
(15)
(15)
(13)
(10)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧