タグ:食べ物 ( 32 ) タグの人気記事
植物的生活799
以前、植栽させていただいた庭。
b0160123_23133725.jpg
(2017年5月12日撮影)

新緑のシーズン、黄金葉が綺麗です。アメリカテマリシモツケ ‘ルテウス’ ( Physocarpus opulifolius 'Luteus' ) も花盛り。
愛情を持って手入れして下さっているのが良く判ります。



西日の当る場所ですが、キングサリ・金鎖 (ゴールデンチェーン / Laburnum anagyroides ) の花付きもまずまず。
b0160123_23133675.jpg






こちらは手入れで伺った別の物件。
b0160123_23170837.jpg
(2017年5月12日撮影)

白い花はヒラドツツジ (Rhododendron × pulchrum ) ですが、ありふれた花もシルバーリーフ (クロハトベラ Pittosporum tenuifolium 'Variegatum' ) や、黄金葉の植物 (シモツケ ‘ライムマウンド’ Spiraea japonica 'Lime Mound' ) と組み合わせると、見え方が違ってきます。

鉢植えは御施主様が植えたチューリップ。花の終わったチューリップの葉も、シルバーリーフっぽくていい感じ。

お施主様の御希望でシイモチ ( Ilex buergeri ) に絡めた クレマティス ‘
コンテス・ド・ブショウ’ (Clematis 'Comtesse de Bouchaud' ) も蕾が大きく膨らんでいました。






途中、中断があったブレンド・イン (The Blend INN) の植栽も、やっと昨日終えることが出来ました。
b0160123_23324654.jpg
b0160123_23330859.jpg
手前の建築 (ドット・アーキテクツさん設計施工) は最後の仕上げ中。




植え始めたのは2月26日の、まだ寒い時期でしたから、こんな状態だったのが、
b0160123_23382277.jpg
三か月近く経って、パニカム ‘ヘビーメタル’ (Panicum virgatum 'Heavy Metal') もすっかり新緑に入れ替わりました。
b0160123_23382135.jpg
(2016年5月13日撮影)

スモークツリー ‘ゴールデンスピリット’ (Cotinus coggygria 'Golden Spirit' ) の新緑も輝くよう。

これから、仕込んである宿根草類が色々育ってくる予定。




初日はオープンハウス当日に工事をしたのですが、来客の複数の方々から、

「このススキみたいなのは何ですか?」

と質問されました。


見学に来られる方は建築家とかデザイナーとか、最新の文化状況に明るい方達なのですが、そのような方でもグラス類に対する認識は低いようです。(欧米でグラス類が流行り出して、もう二十年以上経つのですが・・・)

オープンハウスの日に工事をすると、そういった方達に啓蒙活動が出来ていいかも!w





この物件では、プロデュースを担当された詩人の辺口芳典さんが、設計に先だって計画地の近所を御案内くださり、点在する露地裏花壇を街の遺産として捉えたいとの趣旨を伺いました。

その趣旨に従って、露地裏花壇で育てられているような 「昭和の雰囲気」 を感じさせる植物を取り入れています。
b0160123_23463825.jpg
ムクゲやツバキ、昔ながらのアジサイ、在来種のアヤメ、ルドベキアの古い品種、リアトリス、コンギク、ヒメヒオウギスイセン(クロコスミア)などを、グラス類 (本館建築設計の島田陽さんの御希望) と組み合わせてみました。

昭和テイストといっても、それらの植物だけでは新しい美意識に繋がらないので、カラーリーフ等と合わせて、露地裏園芸とは違った景観を産み出すよう試みています。

レンガ敷きの通路は自由に通り抜けられるので、宿泊客だけでなく近所の人にも今後、四季折々の表情を楽しんでいただけると思います。



The Blend Inn に宿泊した外国人のレビューには、申し合わせたように朝食のサンドイッチの話が出てきますが、一階で販売しているサンドイッチはとても美味しいので是非!

植物事務所COCA-Zもこの日はランチとして、ミント風味のヨーグルトソースを使った肉のサンドイッチをいただきました。美味しかった!
b0160123_00422744.jpg













[PR]
by coca-z | 2017-05-14 17:00 | 791-800
植物的生活682
姫路で庭のお手入れ。
b0160123_23461104.jpg
サルココッカ (Sarcococca confusa) がいい匂い!
道路の四つ角部分に植えているのですが、角を曲がるとフワッと良い香りに包まれます。



手入れ終了後、昨日一昨日の現場の影響もあって、駅に向かう途中で歩き疲れ、休憩しようと店探し。(スマホを持っていないので勘がたより・苦笑)

店舗を創るのに、このタイル張りの建物を選ぶセンスと、
b0160123_23504671.jpg
入口にナニワイバラ (Rosa laevigata) を植えるセンス
b0160123_23505249.jpg
を信じて、二階にある入りにくい雰囲気の店へ突入。




b0160123_23515820.jpg
当たりです。モンステラの葉が夕陽の逆光でいい感じ。

b0160123_23525202.jpg
ありふれたプラスチックのスリット鉢も、こんな風に置くと好い物に見えてきます。


このお店、「ブエナ・ヴィスタ(Buena Vista)」さんは、こんなビルに入っているのですが、
b0160123_23561454.jpg
姫路の繁華街は昭和の雰囲気を感じる古いタイル貼りのビルが沢山残っていて面白い。
b0160123_23570447.jpg
b0160123_23570455.jpg
電柱を無くして、看板等を整理したらカナリ洒落た街並になりそうだけどなぁ。。。


姫路の駅前は最近リニューアルして、凄くいい感じになったのですが、
b0160123_23581623.jpg
2015年のグッドデザイン賞を受賞したと書いてあったので、誰がデザインしたのか調べてみると、小野寺康さんが関わっているとありました。

流石。
一昨年、 『広場のデザイン 「にぎわい」の都市設計5原則』 (彰国社 2014年10月10日発行) 
b0160123_12213017.jpg
で出雲大社参道のリニューアルプロジェクトを読んでから、彼の仕事には興味津々です。











[PR]
by coca-z | 2016-02-27 00:00 | 681-690
植物的生活678
ここ1~2年、読む本によく登場する 「菌」 の話。
b0160123_01564457.jpg
『多種共存の森』 千年続く森と林業のいとなみ
清和研二氏著 築地書館 
には 「種の多様性は病原菌によって創られる話」や、「菌根菌 (きんこんきん) の菌糸ネットワークを通じて、複数の木が栄養分をやりとりする話」 などが出てきますし、
b0160123_01564930.jpg
『大地の五億年』 せめぎあう土と生き物たち
藤井一至(ふじいかずみち)氏著 ヤマケイ新書
には 「ミミズの腸内細菌の話」や、「白色腐朽菌(キノコの1グループ)が2.5億年前に増えて石炭紀を終わらせる話」 などが出てきます。


「これ、ホントに子ども向けの絵本か?」 と思ってしまうような、この絵本
そだててあそぼう104 『肥料と土つくりの絵本④』 発酵肥料を生かそう 
藤原俊六郎氏・監修 / 農文協・編 / 高岡洋介氏・絵 農文協
b0160123_02084634.jpg

には、「納豆菌体液肥」 とか、「ドライイーストやヨーグルトなどから作る発酵パワー菌液」 の作り方が出てきます。

この絵本は 「味噌も肥料も、微生物の発酵マジック」 という章で始まるのですが、文章を読んでいるだけでは何だかしっくりこない。

普段から 「天然酵母のパン」 などをよく買って食べているのに、イマイチ発酵とか酵母とか微生物というものが、体験的に理解出来ないな。。。と思っていたら、友人から 「天然酵母のパン作り教室」 のお誘いが。

グッドタイミングと、パン教室に参加してみました。
b0160123_02171015.jpg
b0160123_02171094.jpg
干しブドウを水に漬けこんで酵母を培養し、その液を使ってパンを焼くのですが、確かに実際に扱ってみると、文章で読むのとは全然違って、身体で理解できる!

そして出来あがったパンはすごく美味しい!

植物事務所COCA-Zが子どものころ、母親がよくドライイーストを使ったパンを焼いていたので、焼き立てのパンは 「おふくろの味」 のひとつなのですが、天然酵母のパンは焼き立てでもイーストの匂いがしない事にビックリ。

菌や発酵の世界って奥深いなぁ。発酵食品作りに、はまってしまう人が多いのも納得です。

教室から帰ってからも、自宅でパンを焼き続けていたら、本屋でこんなの見つけました。
b0160123_02211804.jpg
雑誌 『SPECTATOR スペクテイター』 の最新号 「発酵のひみつ」 特集!

パンだけでなく、その他色々な発酵の話が載っていて、興味津々!

この特集を読んで、ずっと日本で自由だった 「個人でのお酒づくり」 が禁止されたのは、日露戦争にかかる費用を税金で集めるためだったと、初めて知りました。

お酒の飲めない植物事務所COCA-Zですが、ミード(蜂蜜から作るお酒) や、フルーツビールの醸造にはかなり興味があるので、悪しき税制と呼ばれるらしい日本の酒税法を変更して、個人でお酒を作れるようにしてほしい!


記事には 「個人でお酒を作ってはいけないのは、世界で日本だけ」 って出てくるのですが、ホントかな?
イスラム教徒の多いの国とかは、どうなんだろう?







[PR]
by coca-z | 2016-02-12 00:00 | 671-680
植物的生活590
週末は出張で広島の神石高原町へ。

初の広島軽トラ出張。京都から5時間弱かかりました。。。遠い。。。新記録達成です。


現場では4月の仮オープンに向けて、工事が急ピッチ。

子どもの遊び場、ツリーハウスも形が見えてきました。
b0160123_14040592.jpg
b0160123_14040587.jpg


柵が出来て、牧場らしくなってきた!
b0160123_14040517.jpg
ここでは牛が放牧される予定。


すぐそばでは、しぼり立てのミルクを使った、黄金比率レシピのソフトクリームが販売されます。
b0160123_14040566.jpg
ソフトクリーム売り場。


入口付近の設えも、だいぶ出来あがってきました。
b0160123_14040502.jpg
この辺りの年間気温を調べると、広島県なのに一年を通して長野市や秋田市に近い気温。

なので、植栽も普段あまり使わないシラカバやライラックといった北国の植物を使用して、高原の雰囲気を強調するようなプランにしています。


b0160123_14040593.jpg
こちらの入り口ゲートには、ツルバラのポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラーを絡める予定です。

数年後にはサクラのような花が、溢れるように咲く風情を楽しむことが出来るでしょう。







[PR]
by coca-z | 2015-03-23 00:00 | 581-590
植物的生活543
現在かかわっている薬草園のプロジェクトのため、武田薬品工業株式会社さんが所有する京都薬用植物園へ視察に行ってきました。
b0160123_20315754.jpg
漢方薬の材料ごとにグルーピングされている花壇。

色々解説もしてもらえて面白い!

ニッケイの葉柄を齧らせてもらったら、すごく 八橋(京都のお菓子)の風味!
(ヤブニッケイは葉っぱがそっくりでも、この香りは無いそう。)
b0160123_20341283.jpg


カンゾウ(甘草)の根っこ。
b0160123_20434784.jpg
名前のとおり、メチャクチャ甘い!
数分後も口の中に甘さの余韻が残ります。

植物を味見したり、匂いを嗅いだりするのは、とても楽しい体験で、かなり鮮明な記憶に残るものだと実感しました。




[PR]
by coca-z | 2014-11-11 00:00 | 541-550
植物的生活529
インドの写真は久しぶりに引っ張り出してきたので、懐かしく眺めていたら、カーンチープラム (Kanchipuram) のエーカンバレシュワラ (Ekambareshwara) 寺院のマンゴー の古木の写真が出てきました。
b0160123_1153086.jpg
解説には樹齢が3500年とあり、当時から 「本当かな?」 と思っていたので今回インターネットで検索したら、2005年に枯れてしまったそうです・・・ショック。。。
(枯れた年についてはこちらのサイト参照。しかし、遺跡に乗るのはどうかと思います・・・。20年前も同じ場所でインド人数人が上に乗って記念写真を撮っているのを見ましたが。。。)


ネットで検索しても枯れる前の小さく弱っている写真しか見つからないので、20年前の大きく枝を広げたこのマンゴーの巨木写真は貴重なのかもしれません。
プリントされたものなら、探せば世界中にパラパラとあると思うのですが・・・。

しかし、マンゴーって本当にこれほど長寿な木なんでしょうか?





[PR]
by coca-z | 2014-09-08 00:00 | 521-530
植物的生活493
先日、友人からタンポポコーヒーを出してもらい、飲んでみてビックリ。

すごく美味しい!

どこで買ったかを教えてもらい、近所の店だったので早速購入してきました。
b0160123_2225985.jpg

原料が100%タンポポで、混じり気が無いのも嬉しい。
(やっぱり震災以降、放射性物質とともに日本や中国の農薬・食品添加物なども気になります。コンビニのおにぎりや、スーパーのソーセージとかハムの原材料表記を見たら、げんなりして食欲が無くなること多々・・・)
b0160123_2253929.jpg

鳥取の ゼンヤクノーさん という会社の製品です。
(もうちょっとパッケージがオシャレでもよいような気もしますが・・・)

昭和47年 「国産薬草の栽培から健康茶の製造までの一貫システム」 が特長の、健康茶製造メーカーとして始まった会社だそう。


小学生のころから通販でハーブの種子を取り寄せたり (当時は一般的な園芸店でハーブの種子はほとんど扱ってなかったのです) 、広田靚子さんや熊井明子さんの本でハーブのことを研究したりして、仙人や魔女の使う薬草にも憧れていた植物事務所COCA-Zは、薬草関係に興味津々です。笑
(今は日本の伝統医療・漢方にも興味があります。現在日本の漢方は危機にひんしてるのだとか。)

b0160123_22164087.jpg
これは小学生の時、クリスマスプレゼントとして買ってもらった 『広田靚子のハーブブック』 山と渓谷社。

タンポポがハーブとして取り上げられていて、タンポポコーヒーの作り方も写真入りで解説されているのですが、タンポポの根を掘るのは一度挑戦して難しい事を知っていたので、実際にタンポポコーヒーを作ったことはありませんでした。


それでもハーブオイルや、ハーブでの草木染めなどは、この本を見て初めて挑戦しましたし、当時気に入って何度も読み直した本なので、今も大事に手元に置いてあります。

この本には広田靚子さんが海外で買い集めた種子袋の素晴らしいコレクションが載っているのですが、その影響で植物事務所COCA-Zは未だに、蒔き終わった種子袋を捨てられません。。。苦笑
b0160123_11444478.gif


ちなみにこちらは植物事務所COCA-Zがニューヨークで見つけた種子袋。検疫を通しているので、すべて開封されていますし、トマトはウィルスの関係で没収されてしまいましたが、絵袋はボタニカルアートで描かれていて美しく見惚れてしまいます。
b0160123_128921.jpg
 流石は昆虫に抵抗がないニューヨーカー だけあってチョウやガの絵が入っているのが楽し気です。
ちゃんと夜咲きの植物には夜行性のスズメガが描かれてありますし、ディルはキアゲハの仲間の食草だというのも判ります。

ルコウソウの絵袋にハチドリが飛んでいるのも、アメリカ大陸ならでは。




[PR]
by coca-z | 2014-04-24 00:00 | 491-500
植物的生活487
ソメイヨシノも桜吹雪の季節。
b0160123_21303373.gif
今日は朝から神戸の学園都市、明石、苦楽園で4つの打ち合わせ。
行く先々で八重桜が咲き始めていました。
b0160123_21305372.gif

b0160123_21311095.gif
‘御衣黄(ギョイコウ)’ か ‘鬱金(ウコン)’ だと思われるサクラ。

緑のしぼり模様が綺麗です。


最後の打ち合わせを終えて駅に向かう途中、道に迷い 「疲れたのでどこかで休憩したい。。。」
と思っていたら、こんな店を発見しました。

 ジャムと珈琲、あるいはその他

とても良い雰囲気だったので、ご興味のある方は是非。
勝手に写真を載せるのはどうかと思ったので、撮影はしませんでした。

植物事務所COCA-Z的には出てきたコーヒーに使われている器が意外で、しかも雰囲気が店にとても合っていて面白かったです。

帰り際には店主がイチゴのジャムを炊いていて、いい匂い。癒される時間でした。




[PR]
by coca-z | 2014-04-10 00:00 | 181-190
植物的生活471
色々、切羽詰まってるのでブログに現実逃避。
受験生がやたら難しい本を読みたくなるようなものでしょうか。苦笑


気分転換に料理をしていたら、初めて買ったリーキ (西洋ねぎ・ポロネギ) の断面が綺麗でビックリ。
b0160123_2352339.jpg


岡山県産のものでしたが、袋に印刷されていた 「リーキのバター焼き」 を試す途中の写真。(輪切りにしたリーキをバターで炒めた後、醤油とミリンを半々にしたソースをかけて味を絡める、といったレシピ)

残り半分は味噌煮込みにしてみました。


やはり西洋で品種改良された野菜だからでしょうか、食べ比べてみると、バター焼きの方が断然美味しかったです。

しかし、バター焼きでは、焼き色がつくまで断面を焼くので、残念ながらこの断面の美しさは維持できません。

さっと茹でて、マリネにしたら色も美しい食べ物になるでしょうか?茹でるより蒸すほうが甘みが引き出せそうな気も。
また時間がある時に挑戦したいと思います。




[PR]
by coca-z | 2014-02-26 00:00 | 471-480
植物的生活424
先日ご紹介した 『ひとの居場所をつくる ランドスケープ・デザイナー 田瀬理夫さんの話をつうじて』 の出版記念トークイベントで、心斎橋のスタンダードブックストアさんに行った時、面白い雑誌を発見しました。
b0160123_245982.gif
「野良仕事」の野良から採った名前だそうで、扉にはこんなアート作品も。
b0160123_261963.gif


記事の内容や編集方針もさることながら、色々な紙を織り交ぜた紙面は紙フェチの植物事務所COCA-Zにとって、とても魅力的。
b0160123_284758.gif


ピンクの紙に印刷した雑誌といえば、尖がった編集で有名なベルギーの雑誌 『BUTT』 などを想い出しますが、この 『NORAH』 はフェイスブックに記載されている文章を引用すると

「おそらく日本初となる本文7種類、表紙6種類の紙を使い、1つの雑誌が12パターンもある (中略) 今までどの印刷会社もしなかった」

ものらしく、一般的には雑誌に使用しない裏表のある紙なども混ざっていて、興味深い効果を出しています。
b0160123_2142763.gif



本が売れないと嘆かれる昨今、ウェブマガジンと紙面の特性を活かした編集方針はとても面白いものだと思いました。



NORAHさんのウェブサイトはこちら 
 



農業に関連してもうひとつ。

こちらも先日、『家族野菜を未来につなぐ』三浦雅之氏著 の出版記念イベントが京都で行われると、坂ノ途中 のオノクニヒコさんがフェイスブックでつぶやいているのを見て、京都での用事をすべてその日にまとめて参加してきました。

先述の田瀬理夫さんは馬との生活を実践してらっしゃいますが、三浦雅之氏は趣味で日本在来のヤギを飼い、普及させる活動を行っているそう。

大和の伝統野菜を育てながらレストランを経営されているそうで (しかもミシュランの星を取っている)、とても面白い活動をされている人だなぁ、と思っていたら、今週末のMBS情熱大陸に出演されると、先ほど知りました。

きっと面白い内容だと思うので、ご興味のある方は是非。
2013年11月24日23時からの放映です。




三浦雅之氏が関わっているプロジェクト 「プロジェクト粟」 のホームページはこちら




余談:しかし、坂ノ途中のオノクニヒコさんといい、三浦雅之さんといい、野菜に関わられていいる男前というのは、みんなああいう雰囲気なんでしょうか。お二人に凄く似た良いオーラを感じました・笑





[PR]
by coca-z | 2013-11-21 00:00 | 421-430



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
未分類
以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(512)
(318)
(136)
(132)
(127)
(79)
(59)
(45)
(33)
(33)
(33)
(32)
(24)
(22)
(14)
(14)
(12)
(9)
(9)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧