植物的生活266
今週は施工のため、初の沖縄本島へ出張に行き、本日戻りました。
植栽工事を行う家に泊めていただき、お施主様たちと共に施工を行うという業務内容です。

現場に着くと、美しい音色でさえずるシロガラがお出迎え。
b0160123_0552072.gif


現場の家には雨水を利用した小さな池がふたつあり、夜になると、池に住むリュウキュウカジカガエルが小鳥のような気持ちの良い歌声を聞かせてくれます。

カジカガエルの声を聴きながら眠るのは素敵な体験で、周囲の静かな環境の中、とても魅力的なサウンドスケープが広がる場所でした。

植栽工事は(有)野国農園さんの多大な協力もあり、無事終了したのですが、現場の写真はいずれ掲載される雑誌に譲ることとします。


最終日、写真家の市川かおりさんの案内で沖縄のランドスケープの視察に出かけました。
b0160123_103247.gif
夕日を受けて輝く首里城。

琉球国王は太陽と同一視されていたため、朝日を背景に西向きに宮殿が建てられた、との説があるそうで、夕日の時間に訪れると、赤と金色に塗られた正面の壁が眩い光を放ちます。

この日は雨が降ったり止んだりの天気で、宮殿前広場が濡れていたため、床が鏡のようになって一層美しい景色でした。

やはり違う文化圏だけあって、城壁の石積も九州以北で見るものとは、まるで違います。
b0160123_151098.gif
b0160123_15233.gif
b0160123_154019.gif


王城には10か所の神聖な拝所があり、壁で囲まれた空間には木が茂っていました。
b0160123_1102711.gif
日本を含む世界中で見られる、樹木信仰の形態のひとつとも言えるかもしれません。

撮影禁止だった王宮庭園はソテツと石灰岩の自然石を使った他には見られないもの。
背景となる石塀の部材を小さくして、手前の自然石を大きく見せるなどの工夫が見られます。





学生の頃から一度訪れてみたかった名護市庁舎も、今回初めて訪問することが出来ました。
b0160123_1143334.gif

1981年に竣工した建物ですが、すでに遺跡のような風格があります。

できるだけ自然の風を屋内に通したり、テラスを週末にも市民に開放するなど、環境やコミュニティにも配慮した素晴らしい建築で、植物事務所COCA-Zは大変な感銘を受けました。
b0160123_1174654.gif

b0160123_118253.gif

b0160123_1181190.gif

b0160123_1182384.gif

b0160123_1183370.gif





他にも感銘を受けたのはカフェ 「浜辺の茶屋」 と 「山の茶屋・楽水」 。
b0160123_126048.gif

b0160123_1261620.gif

同じオーナーのカフェだそうですが、山の茶屋周辺は新しい庭園工事が進んでいて、この5月にオープンする予定とのこと。

周辺の地名から 「サチバルの庭」 と名付けられていますが、きっと沖縄を代表するガーデンとなることでしょう。
b0160123_223778.jpg

b0160123_127126.gif

b0160123_1272283.gif

b0160123_1273385.gif

b0160123_1274931.gif





そして、首里城とならぶ世界遺産の斎場御嶽(せーふぁーうたき)。
b0160123_130360.gif

かつては王族のみが入ることを許された聖域です。

ここでは信仰の対象となる場所が世界遺産に指定されることによる功罪と、信仰の場所にも容赦なく降りかかる戦争について考えさせられました。
b0160123_1315656.gif

斎場御嶽(せーふぁーうたき)内にある小さな池。
ヤモリやオタマジャクシが泳いでいて、のどかな風景に見えましたが、説明を読み、第二次世界大戦中に落とされた爆弾によって出来た穴の跡だと知ると、見えてくる景色が違ってきます。




[PR]
by coca-z | 2012-03-10 00:00 | 261-270
<< 植物的生活267 植物的生活265 >>



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
881-890
881-890
891-900
901-910
911-920
921-930
未分類
以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(574)
(367)
(169)
(150)
(136)
(82)
(71)
(46)
(39)
(36)
(34)
(33)
(26)
(25)
(22)
(16)
(15)
(13)
(10)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧