人気ブログランキング |


植物的生活310
いつもブログを拝見し、勉強させてもらっている mosquitogarden(モスキートガーデン)さんが拙ブログを御紹介くださったので、予定を変更して植栽メインでハイラインのレポートを続けたいと思います。

ハイラインは既存の廃線陸橋を利用して造られているのですが、
b0160123_9521293.gif
植栽は木立のエリアや草原風のエリアなどが繰り返すように配置されていて、景色の変化を楽しめるよう工夫されています。

ハイラインは全部で3つの区画に分かれていて、南側から順次供用がはじまり、現在南側2区画が完成しオープン中。

南端はシラカバの木立で始まります。
b0160123_9561662.gif
(写真は地面とハイラインを繋ぐ階段。別の場所にはエレベーターもあってバリアフリーに配慮されています。いずれの入り口も夜間は扉を閉じるようです。)
b0160123_9593229.gif
植桝はコールテン鋼で出来ていて、シラカバの幹肌や緑の葉を引き立てます。

ハイラインはかつてあった鉄道の歴史を感じさせるように、全体にわたってレールがデザイン要素に取り入れられていて、植栽の中にもレールが組み込まれています。(既に植栽が茂りすぎて、あまり見えませんが・苦笑)
b0160123_10183411.gif




b0160123_10203914.gif
シラカバの林。屋上庭園を造る時、もっとも問題になるのは土や木自身の重量ですが、元鉄道だけあって、かなりの耐荷重があるようです。(日本では地震があるため、NYよりさらに軽くしなくてはなりません。)舗装は擬石PCコンクリートの特注品と思われる仕様。

奥に見える建物はハイラインを跨ぐ様に造られているホテル。この最上階のバーからの眺める、夕暮れのハイラインが素晴らしいと、NY在住の友人から聞き一緒に出掛けたのですが、残念ながらこの日は貸し切りで入れませんでした。
NY訪問される方は是非。

b0160123_1027312.gif
メドウ(草原)風植栽。この辺りからは遠くにエンパイアステートビルを見ることができます)

b0160123_1025589.gif
Piet Oudolf氏の真骨頂。宿根草花壇。

b0160123_10291698.gif
やはりレールや砕石がこれくらい見えているほうが素敵です。

b0160123_10332991.gif
舗装にもレールが。

b0160123_10352982.gif
芝生は人が多くて傷むようで、立ち入り禁止になっていました。

b0160123_10373384.gif
コールテン鋼の植桝。

b0160123_1039461.gif
一部、ドライフラワー状になった果実がいい感じ。
昨今の流行りは花ガラを摘まずに、果実やサヤを景色の一要素として扱う宿根草の組み合わせ。
昔(19世紀末~20世紀初め位)からある伝統的なイングリッシュガーデン植栽に比べ、ローメンテナンスでもあります。(とは言っても、もちろん手入れが不要という訳ではありません。)

b0160123_10411148.gif

b0160123_1043249.gif

b0160123_1837406.gif

b0160123_18375390.gif

b0160123_1838365.gif

b0160123_18381463.gif

b0160123_18382692.gif

b0160123_18384080.gif

b0160123_18385847.gif
b0160123_18385046.gif

b0160123_1839630.gif


このように様々な植栽が見られますが、植栽以外にも散歩する人を惹き付ける要素が、そこかしこに見られます。
それらについてはまたの機会に。。。





by coca-z | 2012-08-24 00:00 | 301-310
<< 植物的生活311 植物的生活309 >>



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
881-890
881-890
891-900
901-910
911-920
921-930
未分類
以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(573)
(366)
(169)
(150)
(136)
(82)
(71)
(46)
(39)
(36)
(34)
(33)
(26)
(25)
(22)
(16)
(15)
(13)
(10)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧