植物的生活844
庭の手入れの昼休み、お昼ごはんを買いに行く途中で、何やら重く甘い香りが。

見上げると廃校になった小学校で茂ったクズ (Pueraria lobata) の花でした。秋の七草。


現在では世界侵略的外来種ワースト100に選ばれているクズですが、昔の国内の園芸書を見ると藤棚に利用されている事例も見られます。


高知の牧野植物園の中庭には、クズの変種・シロバナクズ (Pueraria lobata f. leucostachya) が植栽されていて、タイワンマダケ(Phyllostachys makinoi) の葉との組み合わせが綺麗でした。

二階デッキから見た風景。
b0160123_23564048.jpg
手摺に絡ませてあるのがシロバナクズです。


見学時に丁度咲いていたシロバナクズの花。
b0160123_23571278.jpg
(2017年7月12日撮影)


シロバナクズもタイワンマダケも大きくなる植物なので、いずれも一階に地植えして、二階まで伸ばしてあります。
b0160123_00013014.jpg


クズを描いた絵と言えば、酒井抱一の 「夏秋草図屏風」 が有名ですが、大きく平面的な葉っぱはナカナカ絵になるので、いけばなの素材としても面白い。
b0160123_00154276.jpg
車を運転していると、フェンスや壁面に巻き付いて登ったクズをよく見かけますが、

「壁面緑化、あれでいいやん。。。」

と思うような事例も時々見かけます。
(マルカメムシが集まるのはちょっと・・・って感じですが。苦笑)





先日訪れた宇治植物公園では、まだ苗でしたが、斑入りのクズが植栽されていました。
b0160123_00030593.jpg
(2017年9月5日撮影)

斑入りなら、若干成長の勢いが弱く、コントロールしやすいかも。




雑草と言えども、使い方次第で結構カッコイイ。
b0160123_00240271.jpg
中央はヨモギ (Artemisia indica var. maximowiczii) 、左はセイタカアワダチソウ (Solidago altissima)。
(2009年9月5日撮影)


こちらは、タネから勝手に生えたと思われるナツヅタ。
b0160123_00304284.jpg
車から降りられない場所だったので、ちゃんと確認出来なかったのですが、おそらくこの隙間から生えているのでしょう。
b0160123_00304220.jpg
(2017年5月13日撮影)

壁面緑化の可能性を感じます。

でも、このように育てるにはタネとか小さな苗から育てないといけないので、成果をすぐに出さないといけないプロジェクトでは待ってもらえないだろうな。。。



以前、批判を浴びたマルビルの壁面緑化も、オーナーや世間が植物の生長する時間を待てない=成果を急ぎ過ぎる から造花を使用する事になったんだと思います。

植栽から3年ほど経った時の様子。
b0160123_00394193.jpg
(2017年1月17日撮影)

風化したのか、批判の影響で撤去したのか、造花はだいぶ減って、かなり実際のツタの割合が増えていました。

最初に造花を使って隙間を埋め、その後に実物のツタを茂らせる方法、マルビルの事例を遡ること数年前、梅田の何ヶ所かで同じ方法で施工されていました。
継続して観察していると、3年くらいでツタの成長が造花を凌駕して造花を覆い尽くし、実際のツタに入れ替わっていました。

安藤さんが住んでいるという噂のタワーマンションのエントランスにも、当時同じ方法でアイビーが植栽されていたので、きっとそれを見て採用したんだろうな。。。とういのが植物事務所COCA-Zの想像です。








[PR]
by coca-z | 2017-09-14 17:00 | 841-850
<< 植物的生活845 植物的生活843 >>



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
881-890
881-890
891-900
901-910
911-920
921-930
未分類
以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(574)
(367)
(169)
(150)
(136)
(82)
(71)
(46)
(39)
(36)
(34)
(33)
(26)
(25)
(22)
(16)
(15)
(13)
(10)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧