植物的生活880
あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。


昨年末にアップしようと思っていた2017年BEST TREEを今頃掲載。

昨年のベストツリーは4月に「驚愕のサクラ」としてご紹介した、このサクラです。
b0160123_12152669.jpg
サクラのトピアリー(刈り込み樹形)。

反対側から。
b0160123_17094193.jpg
(いずれも2017年4月11日 京田辺市にて撮影)
素晴らしい卵型。


b0160123_17094069.jpg
見つけた時からソメイヨシノではないかと思っていたのですが、その後、管理されている方にお話を伺うと、やはりソメイヨシノだそうです。


ソメイヨシノをこんな卵型に刈り込んで仕立てることが出来るなんてビックリ。


庭園デザインに新しい可能性が広がるように思えます。





こちらはその前日、現場に向かう途中で車の中から見かけた刈り込み樹形のサクラ。
b0160123_17130529.jpg
(2017年4月10日 奈良市にて撮影)


左下に囲った部分に写るソメイヨシノが満開ですから、このサクラはまた別の品種のようです。

やっぱり比べてみても京田辺のソメイヨシノの方が美しい。

管理されている方にお話しを伺うと、約40年ほどかけて苗木から育てたそう。

ネットで検索してみると、ソメイヨシノの横に広がる性質を活かした横長の刈り込み樹形のサクラはあるようですが、縦型に刈り込んだものは見つかりません。
おそらくこちらの横長樹形は当初の自然樹形を改良して生まれたものなのでしょう。
(上記のブログは2008年の記事で、こちらのブログ※には2016年の同じ木と思われる写真があるので、その後もずっとこの状態を維持されているようです)



花の後も継続して観察を続けていました。
b0160123_17130428.jpg
左手前のカキの新緑との対比が美しい。

反対側から。
b0160123_17130415.jpg
(2017年5月3日 撮影)
完全にシンメトリーな卵型。


秋。
b0160123_17221625.jpg
サクラは花だけでなく、紅葉も美しい樹木です。(種類によっては幹肌を観賞するサクラ※もあります。)


葉が落ちると枝の様子がよく見えます。
b0160123_17221636.jpg
(2017年11月9日 撮影)

このソメイヨシノは故人のメモリアルツリーだそうで、御近所の迷惑にならないよう小さい時から剪定を繰り返していたそうです。

その愛情がこの木を育て上げたのでしょう。素晴らしい。




「どの時期に剪定されているのですか?」

と質問したところ、季節を決めている訳ではなく

「伸びてきたら切っている。」

と仰られていました。11月9日にお話しを伺ったのですが、その時 「そろそろ伸びてきた所を切ろうと思っていたところ。」 とのこと。

想像するに新緑の頃の剪定と、秋の徒長枝切りで樹形を維持されているのではないかと思います。



一昨年出版された『桜の樹木学』 近田文弘氏著 技術評論社 2016年4月25日発行 には
b0160123_17341058.jpg
樹齢134年(発行当時)の日本一古いソメイヨシノ (Prunus yedoensis 'Yeodonensis') が取り上げられています。


ソメイヨシノは樹齢が短いとよく言われますが、日本最古のソメイヨシノを管理する弘前公園では、偶然発見された 「弘前式」 というリンゴ栽培を活かした管理方法でサクラのを手入れしているそう。(管理方法は本に記されています)

本の写真を見る限り、最古のソメイヨシノの樹勢は旺盛です。

その様子を踏まえて、本には
「(ソメイヨシノは)300年の寿命はあると思う」
と出てきますから、管理方法次第で一般に言われている寿命よりも長く生きるのでしょう。(註: ソメイヨシノは江戸時代後期に生まれたと言われていて、まだ300年も経っていないため、どれだけの寿命があるのか実証されていない)




昔、フィンランドでレクチャーをした時に、桜の花筏の写真を見せると聴衆から感嘆の吐息が漏れましたが、世界に冠たる桜の国として、また新たな桜の見せ方を創り出せるのではないかと思わせるソメイヨシノのトピアリーが、2017年・第一位の木です。















第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by coca-z | 2018-01-03 17:00 | 871-880
<< 植物的生活881 植物的生活879 >>



植物事務所COCA-Z(コカジ) 植物的生活               註)本ブログに記載されている広告は自動的に挿入されているもので、植物事務所コカジに一切関係はありません。
by coca-z
カテゴリ

全体
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
171-180
181-190
191-200
201-210
211-220
221-230
231-240
241-250
251-260
261-270
271-280
281-290
291-300
301-310
311-320
321-330
331-340
341-350
351-360
361-370
371-380
381-390
391-400
401-410
411-420
421-430
431-440
441-450
451-460
461-470
471-480
481-490
491-500
501-510
511-520
521-530
531-540
541-550
551-560
561-570
571-580
581-590
591-600
601-610
611-620
621-630
631-640
641-650
651-660
661-670
671-680
681-690
691-700
701-710
711-720
721-730
731-740
741-750
751-760
761-770
771-780
781-790
791-800
801-810
811-820
821-830
831-840
841-850
851-860
861-870
871-880
881-890
881-890
891-900
901-910
911-920
921-930
未分類
以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
タグ

(574)
(367)
(169)
(150)
(136)
(82)
(71)
(46)
(39)
(36)
(34)
(33)
(26)
(25)
(22)
(16)
(15)
(13)
(10)
(5)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン

画像一覧